スポンサーリンク


 

目次(カテゴリ別)

目次



※このページは目次です!

新着記事はこのページの下からになります!

※この目次ページを利用するとサイト内の全て記事に2クリック(タップ)以内で飛べます!


カテゴリ一覧


1.ブログアクセスの増やし方やブログ豆知識

ブログアクセスアップに繋がる情報やブログの豆知識やアフィリエイト情報等を紹介しています。
現在進行形なので当サイトを初めての方は古い記事から読んで頂けるとより分かりやすくなります!
※一覧ページへ飛びます!

2.企業・ビジネス

個人的に気になった企業・ビジネスの情報などに対して思った事を述べています。

3.政治・経済

政治・経済が「もっとこう変わればよいのに」などと思った事を述べています。

4.IT・テクノロジー

個人的に興味深いと思ったIT(インターネット)をやテクノロジー(技術)の情報を挙げ感想などを述べています。

5.生活

生活という幅広いくくりですが個人的に気になった情報を挙げて感想などを述べています。

6.エンタメ

エンタメ系のユルめの内容です。

7.その他

カテゴリ分けに困った記事の一覧です。

8.営業のやり方

体験談から得た営業のノウハウを書いてます。

9.超古代文明関連

超古代文明に関する事を書いてます。

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

検索流入が多い記事とは?データを集めて分析したい!ご協力お願いします!

検索流入に強い記事とは?



アクセスアップ関連の記事を読むと決まって検索流入を増やす為には「良い記事を書く」と書いてあります。これは間違いではないと思いますがこれ程抽象的な表現はないと思います。正しくは「検索エンジンが好む記事」あるいは「競争率がそれ程高くない記事」だと思います。なぜこの様な事を思ったのかというと当ブログで最も検索流入がある記事は決して良い記事(悪い記事ではないが)の部類ではなく「競争率がそれ程高くない記事」だからです。

今回は実際に検索流入のある記事はどんな記事なのか分析していきたいと思います(^_^;その為には是非とも読者さんのご協力が必要なのでよろしくお願いします(^^)

読者さんのブログの中で最も検索流入が多い記事と他に数点のデータを知りたいと思っています!


データの出し方



当ブログを例にしながら説明していきます。


最も検索流入がある記事の特定とクリック数


Google search console」を開く
  ↓
サイトをクリック
  ↓
「検索トラフィック」をクリック
  ↓
「検索アナリティクス」をクリック



すると下画像の画面になりますのでその後の作業は画像を参照して下さい。

20170718191356556.jpg

画像の様に作業を行うと下画像の画面になります。

20170718191341804.jpg

この作業により過去90日間に自分のブログで最も検索流入が多い記事のURLが表示される為記事を特定出来るのとクリック数を知る事が出来ます。

記事を特定出来たらURLは「 http://」もしくは「 https://」からの記入をお願いします。

【当ブログの場合】

①記事タイトル:「CuteStat.com」というサイトを知ってますか?アクセス数やAdSense収益が分かるらしい・・・
     
     URL: http://blog-kuroneko.com/blog-entry-195.html


②過去90日間のクリック数:89

※データが90日間に満たない場合はデータの日数を教えて下さい!




記事タイトルと記事の文字数



【文字数カウント】というサイトを利用して文字数を調べます。

③記事タイトルの文字数
(下画像参照)

20170718200021893.jpg


④記事の文字数
(下画像参照)

20170718195955303.jpg


【当ブログの場合】

③記事タイトルの文字数:53


④記事の文字数    :1308



文字数に関しては記号等もカウントされますが細かい事は気にせずそのままでお願いします。またどこからどこまでを記事としてカウントするのか迷うかもしれませんが各ブログの記事の入力画面に入れている文字までとして下さい。

④については注意して頂きたい点があります。引用符で囲んである文章(<blockquote>~</blockquote>)がある場合は引用部分を引いた文字数でお願いします。つまり上のサイトを利用して(全体の文字数)ー(引用部分の文字数)でお願いします。


集めた記事をどの様にまとめるのか?



まず検索順位で1番重要な要素は文字数だと思っています。これはデータを集めてみないと何とも言えませんが頂いたデータに関しては全て公開します。またリンクとしても貼らさせて頂きますのであらかじめご了承下さい。

具体的にどの様にまとめるのかはまだはっきりとは決めていません。ただ検索流入が期待出来るジャンル等が分かれば面白いと思っています。また集まった記事の中から上位の物は私があらゆるサイトを利用して分析していきたいと思っています。

もし読者さんの中で「こういうサイトで分析するといいよ」とかまた何か良い案があればデータの送信と共にコメントして頂けると幸いです。


最後に



では集めたいデータをもう一度整理します。

【そのブログの中で最も検索流入が多い記事のデータ】

①記事タイトルとURL

②過去90日間のクリック数

③記事タイトルの文字数

④記事の文字数




【記入例】

①「CuteStat.com」というサイトを知ってますか?アクセス数やAdSense収益が分かるらしい・・・

 http://blog-kuroneko.com/blog-entry-195.html

②89

③53

④1308

⑤ご意見、ご要望:分析してもらいたい内容、利用してもらいたい分析サイト等

※⑤は任意です!



こんな感じでお願いします。


送信方法はこの記事の下にあるコメント欄か「ブログサークル」のコメントか「Google+」のコメント等やりやすい方法で何でも構いません。


データ収集期間:7月19~22日まで


是非ご協力をお願いしますm(_ _)m

結果報告の記事は23日以降になります!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

熱中症になったら最悪、体験談を語ります!発汗・ダルさ・吐き気は危険信号!

熱中症について



熱中症はこの時期になるとよく聞きますね。実を言うと私も今まで1度だけ「これが熱中症なんだな」というのを経験した事があります。今回はその時の話をします。

熱中症とはどんなものなのか?

熱中症(ねっちゅうしょう、heat stroke, sun strokeということが多い)とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である。本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全で、表面的な症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。

引用元:熱中症 - Wikipedia



これといった定義が無いようです。とにかく暑くて体調が崩れれば熱中症と言っても問題は無さそうです。


私が経験した熱中症の症状とは?



過去にもお話した事がありますが私は屋根屋の仕事をしています。住宅に興味がある方は以下の記事もぜひ読んで下さい!

あなたの家の住宅営業マンは大丈夫?トラブルを避ける為の悪質リフォーム業者の見分け方は・・・

これから家を建てる方へ・・・屋根屋目線からの注意点とアドバイス出来る事!


屋根屋の仕事は特に屋根を剥ぐ場合には結構体力を使います。風があまり吹いていなくてジメジメとした日の事でした。屋根を剥いでいたらドカッと汗をかいて息苦しさを感じました。体に力が入らなくなり少し動くだけで気持ち悪くなり休み休みやりながらもずっとつらい状態でした。


20170714184434403.jpg


水分を取っても少し動くだけですぐに汗をかいて体中が熱くなりだんだん吐き気がしてきて耐えられなくなり屋根から降りて嘔吐してしまいました。(さすがに屋根の上では吐けません)

もうこうなったら最悪です。この後水分を取ろうが後は戻すだけです。この日は10回以上吐きました。

何とか仕事が終わり車から降りたときは歩いた途端、体全体がつってバタンと倒れ込み今度は立ち上がろうとすると力を入れようとする部分がつり立ち上がる事すらまともに出来ませんでした。

体内の水分が減ってくると体を少し動かすだけで普段ならつらない部分までつる様になります。自分でも驚いたのが指すらまともに動かす事が出来ません。例えばグーの状態にすると開こうとしてもつって思う様に動かせません。もう片方の手で開いたりもしました。

この日は体中がつりまくって体を動かすのも嫌でした。また耳鳴りがしてずっとキンキンとなったり、声もよく出なくなったりもしていました。翌日も気持ち悪い状態で少し体を動かしただけでまた吐いてしまいました。この日吐いたのはこの1回だけでしたが仕事が比較的軽めだったので何とかしのぎました。体の調子が元に戻ったのは症状が出てから3~4日経ってからでした。


熱中症は気分が悪くなったらすぐ休むべき



熱中症の何が厄介かと言うと1度体調を崩すとすぐに回復しない事です。


私が経験した熱中症を振り返ると

①汗をかく
 ↓
出る量がハンパではなかったです。


②水分を取る
 ↓
飲んだ量よりももっと汗をかいてました。


③嘔吐する
 ↓
飲んでも戻す為体の水分は減る一方です。




もう③の段階までくればどうにもなりません。②の段階でヤバいと思ったら涼しいところでしばらく休むべきです。とは言ってもこれは職場の雰囲気によりますね(^-^;

最近の話ですが1度ヤバい状態になりました。その日は手伝いの職人を2人頼んでいましたが午後になってしばらく仕事をすると日が照っていてだんだん体を動かすのがキツくなり手伝いの人の1人がヤバそうだったので屋根から降りて日陰でみんなで休み、この時は3時休みまでの間に2度休憩を入れました。

20170714184418045.jpg


もしこの状態で無理をしていたら手伝いの人も含めて私もまた熱中症になっていたかもしれません。


まとめ



熱中症の苦しみはなってみないと分からないと思います。また私の場合もそうだったのですが自分には無縁だと思っていても突然なる場合もあります。

人によって様々な症状が出ると思いますが私が経験した「水分を取る→嘔吐する」となってしまえば負のスパイラルとなりこうなってしまえば悪くなる一方です。

1度体調を崩すと回復するまでかなり日数がかかってしまうので体の危険信号を感じたら休むべきです。


・異常な発汗

・ダルさ

・吐き気




この症状が出たら黄色信号です。

勇気を出して休みましょう!

また職場等の場合は言いやすい環境を整えてやりましょう!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

ギザの三大ピラミッドは完成度が高すぎる!本当にエジプト文明に建てられたの?

ピラミッドの謎について



世界中にはオーパーツはたくさんありますがその中でも巨石建造物は最も歴史学者達の頭を悩ませている物だと思います。詳しくはこちらの記事「オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?」を参照して下さい。

例えばオーパーツとされる物の中でも以下の様な物であった場合はオーパーツだと捉えない人も多いと思います。

20170709090222579.jpg


土偶(どぐう)は、人間(特に女性)を模して、あるいは精霊を表現して作られたと考えられる土製品で、日本では、縄文時代に沖縄県を除く地域で製作された。古墳時代に製作された埴輪とは区別される(これは古墳に埋葬されるなどするものである)。また、故意に破壊されたと見られる状態で出土することが多い。

引用元:土偶 - Wikipedia




20170709085347292.jpg


古代エジプトのグライダー (こだいエジプトのグライダー、Saqqara Bird)とは、BC200年前後のプトレマイオス朝時代(したがって、時代区分から言えば「古代エジプト」ではない)の墳墓から発掘された、15センチほどの木製品のことである。

カリル・メシハ(Khalil Messiha)という医学博士がこれを飛行機だと主張し、同様の模型を作成して飛ばしたところ、かなりの距離を滑空することが判明したと言う。軽量のいちじくの木で作られていることから、模型を小型飛行機の大きさに拡大しても十分に飛行が可能であるとも言われている。このためオーパーツであると主張する者もいる。

だが、この模型を自由飛行型模型飛行機(フリーフライト、操縦機構を持たない)として見た場合、主翼と垂直尾翼は備えているといえるが、水平尾翼に相当する部分がないため、ピッチ安定が極めて不充分であり、また主翼には上反角が付いていないため、ロール安定性にも乏しい。したがってこの模型が滑空するとは考えられず、「同様の模型がかなりの距離を滑空した」という証言には疑問がある。

引用元:古代エジプトのグライダー - Wikipedia




実際のところはよく分からないですし、土偶の様な抽象的な物の場合は割と宗教的な説明をすれば納得してしまう部分があります。また作るにあたっても技術的には比較的簡単に作る事が可能です。

では巨石建造物の場合はどうでしょうか?建造された目的は仮に宗教的な説明で納得したとしても(個人的にはほとんどの場合は宗教的だと思っていません)その建造方法がずっと謎のままです。最も有名な巨石建造物のオーパーツはおそらくギザの三大ピラミッドでしょう。

今回はピラミッドの中でも1番有名なギザの三大ピラミッドについて疑問を投げかけます。


ギザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)って歴史学者が語る様な年代や製造方法で造られた物だと思いますか?

ギザの大ピラミッド(ギザのだいピラミッド、英語: Great Pyramid of Giza)は、エジプトのギザに建設された、世界の七不思議で唯一現存する建造物である。紀元前5世紀のギリシャの歴史家ヘロドトスの『歴史』において、「クフ王のピラミッド」として報告されているが、この時点で建設から2000年以上経過していた。

20170709083939515.jpg


「ケオプス(クフ)王は50年間統治したと言われている。ケオプス王が崩御した後、兄弟のケフラン(カフラー)が王となった。ケフランもピラミッドを造った。それはケオプスのピラミッドよりも12メートルほど低かった。だがそれ以外は同じような大きさのピラミッドだった。ケフラン王は56年間国を統治した。その後はケオプス王の息子ミケリノス(メンカウラー)が王位を継承した。ミケリノス王は父親よりも小さなピラミッドを残した。」

建築年代については諸説あり、一般的にエジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2560年頃に20年前後かけて建築されたと考えられている。

引用元:ギザの大ピラミッド - Wikipedia




【ピラミッドの定説として疑わしいと思う部分】

■20年前後で建築

建造目的をクフ王の墓としてる為こじつけているだけにしか思えません。


■建築に使用された道具が石、ソリ、コロ、ロープ

当時にあったとされる道具でしか考えていません。




仮に20年前後で建てられたとするならば原始的な方法で造るのは不可能だと思います。ピラミッドに関しては意外に知られていない事実がたくさんあります。

■約200万個の石から造られている

■ピラミッドはキレイに磨かれた石灰岩の化粧石で覆われていて眩い程輝いていた物だった

■底辺がほぼ正確に東西南北を向いている

■三大ピラミッドの配置がオリオン座の三つ星とほぼ同じ配置

■ピラミッド内部(王の間)には60トンを超える花崗岩(とても硬い岩)が隙間なく精巧に組み込まれている

■四角錐ではなく正確には八角錐




まだまだ挙げだしたらキリがありません。上記の部分も含めてピラミッドについて非常に興味深い動画を紹介します。

FC2動画なのでIDをお持ちでない方は↓から取得して下さい!





ピラミッドの真実(日本語吹き替え版)


この動画を観るとピラミッドに関しての考えが180度変わると思います。歴史学者からだけではなく建築の技術者からの視点や考え等が聞けてとても興味深いものです。技術者はピラミッドの建築技術の凄さを語っていて「現在の建築技術でも難しい」と言っています。超古代文明の存在を信じる方なら是非観ておきたい動画だと思います。


他のピラミッドと比べると



※画像はWikipediaより引用
20170709114547410.jpg


三大ピラミッドの手前にあるピラミッドを見てみると崩れている物もあり完成度が全然違います。


20170709114526076.jpg


これはどう考えても計算を誤って途中で勾配を変えたとしか思えません。


三大ピラミッドは他のピラミッドと比べると外観といい高さといい完成度が全然違うと思います。

「神々の指紋」の著者であるグラハム・ハンコック氏は「三大ピラミッドは失われた文明(超古代文明)のときに造られた物であり他のピラミッドはそれを真似て造った物ではないか?」という考えを述べていました。




私もこの本を読んで超古代文明の存在を信じる様になりました。
ただこの様な考えは歴史学者からは異端者扱いされる様です。


まとめ



ピラミッドだけに限った話ではないですが巨石建造物は本当に原始的な方法で造ったの?と疑問に思う物がたくさんあります。まず重さが人力だけではどうにもならない様な重さであったり、とても硬い岩を精巧に切りだしている物も数多くあります。

ただ義務教育で習う歴史はあまりこの様な部分に触れずに定説とされる事を覚えさせられるだけで多くの人は何の疑いもなく定説とされる事を信じる様になります。


【巨石建造物に対して腑に落ちない点】

巨石建造物は本当に定説とされる年代に造られた物でしょうか?

昔は本当に原始的な道具しかなかったのでしょうか?

原始的な道具だけで本当に製造が可能だったのでしょうか?




本当にそうだとしたら再現出来る筈です。でも誰も再現する事は出来ません。

巨石建造物では正確な年代を知ることが出来ないので歴史学者が文献等により年代を推定しているのです。


ちなみに私の考えでは過去記事でも語りましたが以下の通りです。

※定説とされる年代は信じていません

■重力が軽いときの時代の為、石はいま程重くなかった。人間も大きく(巨人)相対的に現代人よりもずっと力があった。体が大きかった為、建造物の大きさの感じ方は相対的に現代人よりも小さい。

■超古代文明の技術で建てた。

過去記事より:オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?



さすがにやり過ぎだと思う方も多いでしょうがこのくらい極端な発想でないとつじつまが合わない様な気がします。

1度歴史の定説を白紙にする事が出来るのなら真実が見えてくるかもしれません。


超古代文明は存在していたのか否か?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR