黒猫

黒猫

超古代文明の存在を信じる立場からすると南極大陸の氷の下がどうなっているのかとても気になります。南極大陸の氷がどれだけ分厚いのかご存じですか?

南極は氷の大陸と呼ばれています。南極の氷の下には南極大陸という陸地があります。陸地の上にある厚い氷を氷床(ひょうしょう)といいますが、その氷の厚さはいちばん厚いところでは4,000mもあります。富士山の高さが3,776mですから、富士山よりも厚い氷が南極にあるというわけです。

南極大陸の断面図

引用元:環境省_南極キッズ − 氷の世界

大陸と認識されたのも割と最近(1,820年)ですし、これだけ分厚い氷に覆われているので南極大陸と言っても実際の大陸部分はほとんどの事が分かっていないのです。

氷の下に眠る超古代文明の可能性を考える!

 

超古代文明と言ったら多くの人は真っ先にアトランティス大陸がイメージされると思います。アトランティスがどこに眠っているのか色々な説がありますが中には南極大陸という説を唱えている人もいます。

アトランティス(古代ギリシア語: Ατλαντίς)は、古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』及び『クリティアス』の中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。

南極説

オカルト雑誌ライターの南山宏が提唱する説で、ポールシフト(地球の自転軸移動)以前の南極大陸こそがアトランティスであるという説。この説の特徴は「アトランティスは沈んでいない」ので構造地質学的な問題が全く発生しないとされている点であるが、そもそも大陸の気候帯が急激に変動するような自転軸移動自体が地質学的にありえないとされているので大陸沈没同様荒唐無稽な説である。

なお、南極大陸から恐竜などの温暖な気候帯の生物の化石が発見されているのは事実であるが、プレートテクトニクスでは何万年もかけて大陸が移動した証拠とされている。

引用元:アトランティス - Wikipedia

アトランティスが南極大陸かどうかというよりも興味深いのは「南極大陸から恐竜などの温暖な気候帯の生物の化石が発見されているのは事実」という部分です。

ちなみに私は創造論派なので特に古代の地球の歴史に関する年代や学校で教わった進化論の定説はほとんど疑っています。過去に書いた記事に遡りますが私の考えはこうです。

・地球は46億年よりずっと若い

・創造主は存在した(宇宙人?)

・昔の地球はいまよりずっと重力が軽かった。この時代に恐竜がいて人類(巨人)と共存してた。またその他生物も植物もいまよりずっと大きかった。超古代文明があった。この時代に巨石遺跡を作った。

・大洪水などにより地球上の生物がほぼ死んだ→化石。重力がいまの状態になり生物が小型化した。

・大洪水の生き残りが四大文明を築いた。

過去記事:超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?

これからこの考えを前提としてお話をします。

つまり昔の南極大陸は温暖で氷に覆われていなかったのでそこには多くの生物(恐竜等)が存在したという時点で人間(巨人)もいて高度な文明を築いていたと考えています。

南極大陸に超古代文明の指紋?

 

南極大陸は本当に謎だらけです。少しオカルト的ではありますが興味深い物が発見されたという報告がいくつかあります。

これは結構有名な話ですが南極にはピラミッドと思われる物が確認されています。
(下画像参照)

南極のピラミッド1基

南極のピラミッド2基

引用元:Three Ancient Pyramids Found on Antarctica

この画像を見て「こんなんただのピラミッドに似た形をした山じゃん?」と思った方はちょっと目を通してもらいたい物があります。チチェン・イッツアが発掘される前を見てみます。

[ 世界遺産チチェン・イッツァ遺跡つづき ]

チチェン・イッツア

「エル・カステージョ」のピラミッド

発掘当時の画像。

発掘前のチチェン・イッツア1

現在の「エル・カステージョ」の周りは、綺麗になっていますが、マヤ遺跡の大半は ジャングルに覆われていて、発掘・修復されるまでは、その面影が残る程度の悲惨な状態でした。

発掘前のチチェン・イッツア2

1892年当時の画像

引用元:メキシコ:マヤ文明に触れる

画像ではピラミッドの上部が露出しているのでそれと分かりますが上部も全て植物に覆われいる姿を想像してみて下さい。想像する事が難しければ露出部分を指で隠して見て下さい。どれだけの人がこの中にピラミッドがあると思うでしょうか?少し話が逸れますが世界中には中国や日本やボスニア等にも、もしかしたらピラミッドかもしれないという山が多数存在しています。真相は発掘しない限りは分からないという事です。

南極のピラミッドと思われる画像の物の中にもしピラミッドがあるとしたらロマンを感じると思いませんか?

黄金の鈎十時?

まだまだ興味深い物があります。
南極の氷を掘削したら人工物と思われる鈎十時が確認されたという内容です。

以下参照

「南極の氷の下に鉤十字が眠っていた!!」―2012年の冬、衝撃の情報がロシア国防省が作成した報告書によってもたらされた――。
 同年2月8日、巨大な氷底湖として知られる南極のボストーク湖の調査を行う「ロシア北極南極科学調査研究所」は、同国調査団が1989年に掘削を開始して以来、3800メートルを掘り進み、初めて同湖に到達したことを報じた。
 しかし、そこには明らかにされていない事実もあった。掘削作業を行っていた調査チームが、3768メートルまで掘り進んだところ“ありえないモノ”を発見していたというのだ。“それ”は、水中カメラによって捉えられた「黄金のような金属で作られた鉤十字」だった。明らかに人工構造物である。その鉤十字の大きさは高さ、幅ともに100メートルに達すると推定されている。

南極大陸で鈎十時が発見された場所

引用元:南極大陸で超古代遺跡が発見された

※鈎十時(かぎじゅうじ)とは?:卍の形

エイリアンの基地?

南極には人工物と思われる様な巨大な穴がGoogle earthから確認されています。
(下画像参照)

南極大陸にあるエイリアンの基地

この画像はオカルト界でおなじみの「はやし浩司」さんの動画から引用しました。はやしさんはエイリアンの基地と唱えています。真相はともかく独自の分析や考え方は割と好きなので(中には割と説得力がある場合もあるので)はやしさんの動画はよく観ます。

興味がある方は動画を貼って置きますのでご覧下さい!

 

個人的にはエイリアンの基地かというよりもこの巨大な穴の中から超古代文明の指紋が発見されれば面白いと思っています。

氷の下に文明があったら今までの定説が覆る!

 

世界中にはまだまだ発見されていない遺跡はたくさん存在しています。例えばマヤ文明なんかはジャングルの中にある為発掘されているのはごく一部だと言われています。結局文明の年代やルーツなどほとんど分かっていないのです。歴史学的に人類最古とされるシュメール文明(最近はギョベクリテペが最古とされつつありますが)でさえ、既にかなりの完成度が高いものが突如として現れた事で謎とされています。この鍵を握るのが超古代文明の存在です。

もし南極大陸の氷の下に文明があったらどうなるでしょうか?何も荒らされていないので建造物も文字もそのまま残されていたら凄い事になります。大発見というレベルを超えて歴史学、地質学、生物学の定説とされている年代が全て覆ってしまいます。

例えばオーパーツとされている恐竜土偶(以下参照)なんかもオーパーツではなくなってきます。

恐竜土偶(きょうりゅうどぐう)とは一般にメキシコのアカンバロ(en:Acámbaro)で発見された土偶である。

一般にオーパーツと見なされている。

恐竜土偶

引用元:恐竜土偶 - Wikipedia

恐竜土偶だけに限らず今まで発見されたオーパーツは解釈を1度白紙に戻して年代から目的や用途まで全て考え直さなければいけなくなります。またハイテク文明があった事を思わせる様な記述のある「マハーバーラタ(以下参照)」等の神話は宗教的な解釈を捨てて歴史書として捉えていくべきです。

『マハーバーラタ』(サンスクリット語: महाभारतम् Mahābhārata)は、古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩。

『マハーバーラタ』に記された「インドラの雷」の描写は、現代の核兵器を想起させる。このため『ラーマーヤナ』とともに、超古代文明による古代核戦争説の証拠とみなす者もいる。しかし、創作の場合でも登場するのが神であることから、核兵器に匹敵する能力が描写されていたとしても不思議は無いというのが一般的な考え方である。

引用元:マハーバーラタ - Wikipedia

まとめ

 

南極大陸は最もベールに包まれている大陸です。面積もオーストラリアよりも広くもしこの中に超古代文明が残っているのなら今まで発見されてきた遺跡と比べると保存状態も良くまたスケールも全然違うのでロマンを感じずにはいられません。

南極大陸の氷を例えると・・・

・歴史学、地質学、生物学の定説を覆すパンドラの箱

真実は氷の下にあります!

想像して下さい!

「天空の城ラピュタ」では空に超ハイテク文明がありました。この様なハイテク文明がもしかしたら南極大陸の氷の下に眠っているかもしれません!

信じるか信じないかはあなた次第!
関連記事




Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
がちょー  
たいへんロマンがありますね !

黒猫さま、こんにちわ^^

大変にロマンがあります!
私はムー民であり、よくムーを本屋で立ち読みしてますよ。
なのでこういった話しは全部信じます
やはりこんなに深いと地底人もいるかも知れませんよね?

長文書くと、ずーーーっとコメント書くので これくらいにしておきますv-290

そうそう、徳川の埋蔵金は日光東照宮の裏の墓石の下に埋まってますよ
ただ、国の土地なので掘れません(笑)

更新もお疲れさまでーす(^o^)/〜♪


2017/10/29 (Sun) 13:47 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

徳川埋蔵金は一時ブームで毎週の様にテレビでやっていましたね。
こういうロマンを求める企画は大好きです(^^)

南極大陸も発掘してもらいたいのですがあまりにもスケールが大きいし国際的な問題もあるので難しいですよね(>_<)
でも超古代文明が眠っていると信じています(^^)

2017/10/29 (Sun) 13:57 | EDIT | REPLY |   
えいしん  
現在の人間の限界を超える物が、過去にある!ですね!

えいしんです。

ピラミッドにしても、イースター島の遺跡にしても、現在
の人間の能力だけでは、実現不可能なものなのですから、もう
、いい加減に「認める心」が必要だと感じます!
現在の人間が、それらを行おうとした時に、どれだけの
ハイテクノロジーが必要になるのか!
それこそ、古代文明が現代文明を超えていた証拠だと感じます!

それでは、お疲れさまでした。

2017/10/30 (Mon) 03:52 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
えいしんさんへ

全くその通りだと思います(^^)

普通に考えて現代重力で原始的な道具だけでは物理的に作れないと思います。
特にピラミッドなんて人力だけで20年ではまず不可能です。
本気でこの定説を唱えている人は何も疑いを感じないのか不思議に思います(^-^;

2017/10/30 (Mon) 14:34 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
歴史は嘘と本当があるようです。

度々こんばんわ~

歴史とか世界の事件のその裏には、じつはウソだったとか、
本当の事を書くと教科書がウソの紙きれになったりもしましたね;

それが本当の歴史かも知れません!

2017/10/30 (Mon) 22:33 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

実はこうだったという陰謀論は結構聞きますね(^-^;
最近の例だと東日本大震災とか・・・
歴史上にはもっと色々な説がありますよね(・_・;)

2017/10/30 (Mon) 22:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply