黒猫

黒猫

何だかんだ言っても人が集まらない業界には原因があると思います。私はいま建設業界(建築業界)にいますが深刻な「人手不足」を肌で感じています。今回は建設業界になぜ人が集まらないのか私が思った事を述べます。また改善案を考えます。

収入面

人が集まらない原因としてまずは収入が不安定になりやすいという事が考えられます。建設業は外で仕事する事が多いので非常に天候に左右されやすいのです。雇用形態にもよりますが「今日は雨だから休み」という事は決して少なくありません。しかも現場あるいは職場に行ってから突然休みと告げられる事も割とあります。余談ですが雨や雪の日に作業着を着た人がよくパチンコ屋にいるのはこの為です(^_^;

なので天候次第で収入が左右されやすい仕事でもあります。また雪が降る地域では冬になれば仕事量が激減します。

職場の年齢層は?

人手不足の原因としての大部分は若者が入ってこないからです。当然職場は年寄りばかりです。こうなれば仮に若者が入ったとしても場違い感が生じます。もちろん会話も合うはずがありません。また言葉が通じない事も決して少なくない為、仕事を覚えるのにもとても面倒くさい一面があります。

つまり若者が入ったとしてもそこには居づらい環境がある為すぐに辞めてしまい高齢化がどんどん進んでこの悪循環に陥っています

仕事の危険度は?

建設業はやはり危険度が高い仕事です。
(以下参照)

業種別の事故データ

引用元:職場のあんぜんサイト:労働災害統計 (平成28年)

私は過去にも話した事がありますが屋根屋をやっています。
(以下参照)

経験上おそらく建設業で仕事をしている人は小さなケガならしょっちゅうしていると思います。またヒヤリハットを経験した事も少なくないと思います。実際に私も屋根や足場から落ちそうになった事も何度かあります。

もちろんどんな仕事にもケガや事故のリスクはありますが特に建設業の場合は統計上でも明らかですが大ケガや死亡事故のリスクが他の業種よりも高い事は事実です。

建設業界は改善を行わないとダメだと思う!

ここまでを1度整理します。

建設業界の問題点

①収入が不安定

②若者が居づらい環境

③危険度が高い

こうやってまとめただけでも人が集まらない原因がよく揃っています。ただ私は建設業界は絶対になくてはならない業界だと思っています。人が生活するにあたってはまずは「衣食住」です。建設業は「住」に関わっているからです。

ただ現状では悪条件があまりにも揃っている為人がなかなか集まってきません。この悪条件を生み出している原因はおそらく業者が個々に分かれ過ぎているからだと思います。

建設業界はもっと組織化しないとダメだと思う!

例えばハウスメーカー等で家を1軒建てる場合、そこには10~20社位の業者(基礎、大工、外壁、電気、屋根等)が関わってきます。この業者のほとんどは従業員が2~5人位の小さな会社です。この小さな会社に先程まとめた①②③の問題が多く存在しています。

仕事が暇あるいは雨になれば休まされる、年寄りばかり、仕事がマニュアル化されてない、あるいは非効率なマニュアルが確立した状態のまま。小さな会社だと安全対策が確立されていないケース(安全対策に必要な道具、設備が整っていない等)が多い等。

つまり収入から仕事の効率から安全性のほとんどがその会社の社長の方針でほぼ決められてしまっています。これで人が集まればいいのですがもうこの様な小さな会社には人が集まらなくなってきてしまっています。現に後継者がいなくなっている会社は少なくありません。

実際に私も会合等に参加する場合がありますが、経営者は60代以上ばかりで後継者が決まっていないところがたくさんあるので頭の中で「あと20年経てばこの業界はどうなるんだろう?」と思う事がよくあります。

もう個々の会社だけでは生き残れないのでは?

建設に関わっている業者はほぼ専門以外の仕事は出来ません。例えば私の場合は屋根以外の事はあまり分かりません。当然屋根の仕事は冬になって雪が降ると仕事が無くなる訳です。ちなみに建設業では冬になると従業員を解雇させる会社は割とあります。また社会保険が付かない所も割とあります。

何が言いたいのかというと専門職だけでは年中仕事がある訳ではないので仕事が無い時期に他の仕事を充てる事が出来ないか?という事です。

ただこれは簡単に出来る事ではありません。他の仕事をするあたってはそれなりの設備が必要になりますしノウハウも必要です。これを可能にするのはそれなりに資金力がある会社でないと出来ません。つまり建設業は今後は小さな個々の会社をまとめていく必要があると思います。

大手企業はやはり効率的だった!

私がこの様に思ったのは理由があります。過去に大手の某Tホームの派遣で働いていた事があったからです。この会社は少し特殊な工法で家のほとんどを部屋ごとに分けて(ユニット)工場内で製造し運んで現場で組み立てるという作り方でした。

基本的には業務は決められたラインを担当(材料供給係、切断係、溶接係、組立係)しますが前後のラインを手伝って担当以外の業務も行う形にしていました。何が効率的かと言うと工場内で家を建てる工程のほとんどを1つの会社だけで行えてたという点です。

仮に業務内容が自分に合わないとしても色々な種類の仕事があったので異動も可能でした。個々の小さな会社だとこういう事は出来ませんからね。

また仕事に使う道具も全て会社から支給されていました。ちなみに小さな会社だと道具から作業着まで全て自腹です(>_<)

まとめ

建設業だけに限った話ではありませんが人が集まらないのには必ず原因があると思います。この原因を根本的に改善していかないとますます人が集まらなくなってしまいます。

建設業の場合、小さな会社だと専門的な仕事しか出来ない為、その仕事が少なくなった場合に1人の従業員ですらまともに雇用する事が難しくなっています。またその反面忙しい時に人が集まらない現状があります。

これを改善する為には1人が行える業務を広げて業務量に対して臨機応変に対応していく必要があります。例えば外で行う仕事と中で行う仕事を両方こなせる様にする等。

現状では仕事を請けた会社がそれぞれの業者に仕事を振って成り立っています。これはどんな業界でもある事ですが、特に建設業ではこのやり方に限界がきている様な気がします。既に小さな会社には人が集まらなくなってきているので今度困るのは元請側です。

つまり今後建設業界が生き残る為には元請側がもう少し業務内容を広げて責任の幅を広げていく必要があると思います。

今後の課題として

・従業員の収入を安定させる

・あらゆる仕事をこなせる様にマニュアル化させる

・安全に仕事を行える様に設備を整える

こんな事普通の業界では当たり前だと思いますがこれが普通ではないのが建設業の小さな会社です。もう個々の会社では限界があるのである程度の大きな会社が一連の業務の責任を負う事が建設業界の1番の課題だと思います。

小さな会社には後継者がいなくなっている場合が多いのでその代で会社が無くなります。そこに残った従業員は当然失業にもなりますしまた設備も残ってしまいます。

今後元請側はこういう業者に対して人材と設備を吸収していって自社で行える業務を広げて労働力を確保出来るところが生き残っていく様な気がします!

簡単にまとめると・・・

元請:仕事を自社で行える訳ではないので下請に仕事を振っている

下請:専門の仕事が少なくなると暇になり従業員を休ませたりする

  :収入が不安定になりやすいので人がなかなか集まらない

  :既に後継者がいない会社が多いのでそのうち下請業者そのものが減っていく

【このままでは下請業者が減って元請が困るので・・・】

・元請が下請を吸収し労働力や技術や設備を確保する

・下請から吸収した労働者に対しては専門以外の仕事も行える様にさせて収入を安定させる

・マニュアルにより仕事を効率化させたり、安全対策を徹底的に行い労働者の安全を最大限に確保する

元請がどこからどこまでの業務を吸収するのかは難しい部分があるとは思いますが今後はこれに近い事をしていかないと建設業界は崩壊していく気がします!

関連記事




Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
がちょー  
ブログ更新しましたね~

黒猫さまこんにちわ。
こちら新潟も建設業はどこでも人手不足と聞いておりました
求人もいつも、いっぱい出ておりましたよ。
おっしゃる通り、元請けと下請けの関係をもうちょっと優しく、リーズナブルといった方に持って行くと 少しは変わるような気がしました。

ちなみにこちら新潟の建設業の日当は、だいたい1万円が相場でありましたv-290

2017/11/26 (Sun) 13:44 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

末端の下請が無くなる前にどうにかしないと建設業界は崩壊すると思いますね(;゚д゚)
今は屋根屋は年寄りばかりで若者が全然入ってきません(^_^;

2017/11/26 (Sun) 13:50 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
こんばんわ。黒猫さま

>今は屋根屋は年寄りばかりで若者が全然入ってきません

そーでしたか。こちら新潟も運送屋は若いのいませんよ;
外仕事は、これから心配がいっぱいですねv-12

2017/11/29 (Wed) 21:07 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

人手不足と言っている割には収入が上がらないのも大問題ですね(・_・;)
何かとバランスがガタガタですよね(^_^;

2017/11/29 (Wed) 22:07 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
こんばんわ。

おっしゃる通り、人手不足と言っている割には収入が上がらないのも大問題ですね!
なんでしょう、建設業ってどんぶり勘定でもあり、小さいところは社長の一声ってまだ多々ある事業所がこちら新潟にはいっぱいありました;

これでは給料も上がりませんよねv-12
私も昔、土方で職長しましたが ただの怒られ役でもありましたよ
名ばかり上司で、もちろん辞めました^^
これからは建設業も衰退するでしょうね..

2017/11/30 (Thu) 22:47 | EDIT | REPLY |   
えいしん  
「現場」のお仕事が、とっても大変な時代!ですね。

えいしんです。

建設業も勿論ですが、「現場作業」の仕事が、今、とっても
大変な時代、かと感じます。
例えば、「建設業」、現場作業がメインですね。
「看護師」、もろに、「現場作業」ですね。
「教師」、これも、最近「重労働な、現場作業」のようです。
「清掃・ゴミ収集」なども、かなりの「現場作業+重労働」かもです。
それでも、上記の仕事、無ければ、私たちの生活は「成立しません!;笑」
という事が、国が「認識不足」のせいで、今後、これらの職員不足のため、
きっと「大変な世界」になるのかもしれませんね。
これらの職種に、何かの「配慮」が必要だと、感じます。

それでは、お疲れさまでした。


2017/12/01 (Fri) 02:32 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

危険な思いをして給料がそれ程高くないのであればわざわざその様な仕事をしませんからね(^_^;
建設業に限った話ではありませんが人が集まらない業界は全体的に改善しないとダメですね(>_<)

2017/12/01 (Fri) 06:35 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
えいしんさんへ

「きつい、汚い、危険」でよく「3K」と言われますよね。今はあらゆる業界で人手不足になっているので消去法的になおさらこの「3K」の仕事に人が集まってきません。
最低限として人が集まらない業界程賃金が高くないとなおさら集まらないと思います。
課題が山積みですね(>_<)

2017/12/01 (Fri) 06:48 | EDIT | REPLY |   
Ran Ran  

建設業界の生々しい状況がわかって面白かったです。
いえ、面白がってはいけないのですが。

しかし、他業界でも問題は山積ですよ。
日本社会の将来は暗い!?

2017/12/01 (Fri) 23:01 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
Ran Ranさんへ

結局日本全体の労働者の収入が上がらないと経済は良くなったと言えないですからね。
まさに貧乏暇無しの状態です。

引かれるものばかり増えて収入が上がらないから消費しよと思わないですからね。
本当に課題だらけです(^_^;

2017/12/02 (Sat) 06:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply