スポンサーリンク




  

 スマホ・タブレットの方へお勧めアプリを紹介!
 (全て無料!)
 ↓ランキング画面へ(iOS・Android対応)

 「非ゲームアプリ10選」

 「 ゲームアプリ10選」

 「女性向けアプリ10選」

※この画面のずっと下へスクロールすると新着アプリ等もアリ!

ブラック企業とは何なのかをまとめてみた!行き着くところは・・・ここだと思う!

こちら参照:「ゲーム発売日なんで有休取ります」 モンスター新人、許せる?




ちょっと興味深い記事を見つけました!

上の記事ではモンスター新人について書かれた内容ですがその中で気になった部分を挙げます。

ブラック新人の例

・「ゲームの発売日だから」と新入社員が有給休暇を取得していた


これには当然の事ながら賛否両論があると思いますが私としての意見は「何がダメなの?」と言いたいです。
最初に言っておきますが私は有給休暇をバンバン消化してたタイプではありません。どちらかと言うと社畜タイプです。

そもそも有給休暇って労働者に与えられた権利ですよね?その権利を主張して何が悪いかと思います。それなら逆にどういう理由なら許されるのか聞きたいぐらいです。そもそも有給休暇を消化するにあたって理由を聞く必要はないと思います。

まず休みに対して考えると会社にとって1番迷惑がかかる休み方は当日になって突然休む事だと思います。これは休まないという前提でシフトなどが組まれているので当然だと思います。休む理由としては体調不良や家族関係など様々ですが「仕方がない」と許されるケースが割とある様に思えます。

では「ゲームの発売日だから有給休暇をとる」という行為に対してはどうでしょうか?事前に休む事を伝えていれば何も問題がないと思います。前者が許されて後者が許さないという理由が分かりません。むしろ前者の方が理由はどうであれ会社に迷惑をかけていると思います。

サービス業以外のほとんどの会社は定休日があってプライベートで行いたい事を定休日に合わせる事がほとんどだと思います。例えば買い物だとか旅行だとか。ただ自分が行いたい事が必ずしも定休日と重ならないケースもあります。そこに権利とされている有給休暇を充てて何が悪いのでしょうか?それなら最初から有給休暇という制度そのものを廃止してしまえばいいと思います。無いものには誰も求めませんし、休むにあたって「あーだ、こーだ」と言われたくありませんから。

話は変わりますが会社の定時に関してももの申したい部分があります。「遅刻にはうるさいけど定時後のサービス残業にはうるさくない、むしろ定時後に速攻で帰るとうるさい」これも筋が通ってないと思います。時間を守るという事を重視するなら両方とも厳しくするべきです。

こうやって見ると有給休暇にしろ定時にしろ「会社にとって都合が良い事ばかり」が善とされている風習が根強く残っている気がします。有給休暇を消化するにあたって善悪がある事がそもそもおかしいと思います。善悪を言うなら「その前に筋を通せ!」と言いたいところです。

企業と労働者が揉める原因は制度があるからだと思います。求人情報などでも有給休暇、昇給制度有り等と書かれているところはたくさんありますが実際にこれがしっかりと行われてれているところはあまりありません。これはある意味「釣り」だと思います。そろそろ「建前的な制度」を謳うのをヤメにしたらどうかと思います。トラブルの原因になってる様にしか思えません。また国もここには厳しくメスを入れるべきだと思います。この甘さがブラック企業を生み出している様に思います。


ブラック企業とは何なのかを簡単にまとめると


・会社にとって都合が良い事ばかりを押し付ける

・個人の主張を認めない

・筋を通さない


行く着くところはここだと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中8日目

※当サイトはリンクフリーです!

「パワハラ」や「セクハラ」は人事のやり方を変えたら減るかも?今までの人事はもう古いのでは?

人間関係は仕事をする上でとても重要です。実際に会社を辞める理由は人間関係が1番占めています。その人間関係の中でも上司との関係は最も重要だと思います。上司が自分と合うか合わないかで仕事対してのモチベーションからスキルまで大きく変わってくると思います。

私としては上司と合わなければ会社は変えた方が手っ取り早いと思っています。詳しくはこちらの記事「いまいる会社で無能呼ばわりされているのなら「売り手市場」のいまが転職のチャンス!」を参照して下さい。

私が今まで働いた会社では人間的に尊敬出来ない上司の方が多かったですね。これに関しては全体的にどこの会社でもそうだと思います。「パワハラ」「セクハラ」なんていうものはなかなか減りません。持論ですがモンスター上司を生み出しているのは人事のあり方に問題があると思います。

一般的な会社では役職が上の者がその下の役職者を決めています。これではダメなんです。


ダメな理由

・上の人間ばかり機嫌とり下の人間に威張る

・部下の手柄をとる

・下の人間からは自分の降格を出来ない為やりたい放題になる(パワハラ、セクハラ等)

つまりこのやり方では部下に対しての人間関係がおろそかになりがちなんです。私が今まで見た限りでは全てではありませんが上に立つ人間は仕事が出来るというより要領がいい(正確に言うと人間的に汚い)人の方が多かった様に思えます。

また仕事の考え方にもギャップがあります。上に立つ人間はすでに現場から離れているケースが少なくありません。時代が動いている中で昔の成功体験を語られても説得力がありません。

こう考えると今まで人事そのものが問題を生み出している様にしか思えません。私としては上に立つ人間は「下から持ち上げられる人間」でなければいけないと思います。分かりやすく言うと「人気投票」です。これが定期的に行わればいいと思います。人気が低下したら実質降格という事で。





人気投票のメリット

・パワハラ、セクハラが減る

・部下が自分達で選んでいるから人間関係が良好になりやすい

・上司が部下に対して気配りが出来る様になる

補足すると現役の現場の人間が望ましいですね。



人気投票のデメリット

・ご機嫌とりが勝ちやすくなる


人気投票にするともちろんいい事ばかりだけでなないと思いますが少なくとも今までの「人事」のやり方よりはずっとマシだと思います。仕事の生産性を最も下げるのは人間関係にあると思います。


人の出入りが激しい会社は「人事」のやり方を変えてみては?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中8日目

※当サイトはリンクフリーです!

いまいる会社で無能呼ばわりされているのなら「売り手市場」のいまが転職のチャンス!

こちら参照:「無能と思われたら職場を変えたらいい」5回の転職語るブログが話題 「無能洗脳される前に切り替えるの大事」




とても共感の持てる記事を見つけました!

上の記事を簡単にまとめると

・ひとつの職場で無能といわれても、それを鵜呑みにして「自分はダメなやつ」などと思わない方がいい。

・会社を変えれば有能と評価される場合もある

とこんな感じです。


私は過去に以下の記事を書きました。

理不尽な命令は要注意!上が口を出しすぎる会社にはいるべきではない!

実を言うとこの記事に挙げた会社からは散々無能呼ばわりされました。結局部署まで異動させられ手取りがガクッと下がり生活に支障が出てきたので辞めました。その数カ月後に入った会社では営業ですが支店内では何度かトップをとれた事がありました。詳しくはこちらの記事参照。「給料(給与)をすぐ上げてくれる会社はどれだけあるのか?成果がすぐに反映されないとモチベーションが下がる!


私自身が変わった訳ではありません。私を取り巻く環境が変わっただけです。

自分の為にならない環境とは?

①無能呼ばわりされる

こうなるとまずモチベーションが湧いてきません。また本当に自分は無能なのか?と考えてしまいます。


②自分が思った様に動かせてもらえない

無能扱いされてしまっている為まず自由に動かせてもらえず、命令ばかりされてしまいます。自分が納得いかない事でも強制的にやらされてしまいます。また自分の考えを提案してもすぐに否定されあげくの果てに今度は自分で考える気にすらならなくなってしまいます。

もうこうなってしまったら修復は不可能ではないとは思いますが相当時間がかかると思います。何よりもその様な環境で我慢する事は精神的に毒だと思います。世の中には一つの会社、あるいは一つの仕事しかない訳ではありません。今いる環境が「自分の為になってない」と思うのなら環境を変える(転職)事も選択肢の一つとしてアリかと思います。

持論ですが仕事で最も自分の力を発揮出来る環境は「気分良く仕事が出来ているとき」だと思います。普段気分良く仕事が出来ていないと感じるのなら考え時かもしれません。

特に今は「売り手市場」で人手不足と感じている会社が多いので転職先がなかなか見つからなくて困るという事はそれ程ないと思います。我慢して自分が精神的な病に陥ってしまえばそれで終わってしまいます。


いまの会社にいて「無能呼ばわりされている方」は「売り手市場」のいまがチャンスかもしれません!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中8日目

※当サイトはリンクフリーです!

ネットワークビジネス(MLM)のイメージを悪くしてるのはネットワーカー自身じゃない?

今日ネットワークビジネスの話を聞いてきて思った事を述べます。

まず最初に言っておきますが私はネットワークビジネスそのものを否定するつもりはありません。ネットワークビジネスの魅力などは十分知っています。





ネットワークビジネスの代表的な会社と言えば『Amway(日本アムウェイ)』ですね。この名前を聞いただけですぐに「ねずみ講?」と思う方は多いと思います(^^)

ただこの様な会社は問題は多いですが違法ではありません(違法として処分される会社もありますが)。ネットワークビジネスについて詳しくはこちらの記事「ネットワークビジネスとは?」を参照して下さい!

なぜネットワークビジネスに悪いイメージがあるかと言うとネットワークビジネスもどきの悪徳業者が摘発される事があり本物とニセモノの区別が分かりづらいというのがあるかとは思いますが、今日の話を聞いてつくづく思った事があります。「ネットワーカー」そのものが業界を潰していると感じました。

今日以外にもネットワークビジネスの話は過去に7件程聞いた事があります。ほとんどのネットワーカーにはある共通点があります。

・一方的に話しすぎる

・こちらの話を聞かない、聞いたとしてもすぐにまた自分が話す

・弱点を指摘するとすぐキレる

・強引

・しつこい

・基本的なビジネスマナーがなってない(時間に遅れるなど)


まだまだありますがこの辺にしておきます。


読者さんの中でもネットワークビジネスの話を聞いた事がある方はいるかとは思いますが、この様な人達が多かったのではないでしょうか?
もちろん全員という訳ではありませんが少なくとも私が今まで話を聞いたネットワーカーはこんな人達ばかりでした。

私は営業経験がありますがハッキリ言ってこの様な人達は「モンスター営業マン」そのものです。「モンスターネットワーカー」とでも言うべきでしょうか(^_^;

モンスター営業マンなら会社に苦情を入れたり消費者センターに相談する事は出来ますが、モンスターネットワーカーなら知人の知人である為なかなかそれが出来ないと思います。またネットワーカーと紹介された側が口論になり、結果として紹介された側と紹介した側つまり知人同士の仲がこじれたという例も多いと思います。こんな感じで過去にネットワークビジネスの話を聞いて嫌な思いをし知人から誘いがくるのを毛嫌いしている人は多いと思います。

ネットワークビジネスはやり方を間違えると人間関係を壊す可能性が高いので最大限に注意を払わないといけません。もしこれが出来ないのであればやるべきではないと思います。


ネットワークビジネスに住む魔物「モンスターネットワーカー」がネットワークビジネスのイメージをさらに悪くしているのではないでしょうか?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中8日目

※当サイトはリンクフリーです!

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

いい物あるかな?

FX初心者必見!

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR