スポンサーリンク


 

元業界人がジュエリー(jewelry)の販売価格について暴露します!

今回はジュエリー(jewelry)の販売価格についてお話させて頂きます。前にも話した事がありますが私は宝飾業界にいた事があります。もう少し詳しく話すとメーカーの営業マンでした作る側の会社ですね。


ジュエリー関連の記事は今回で3部目となりますのでよかったら以下の記事も読んで下さい!

元業界人が貴金属(金、プラチナ)について説明します!

元業界人がダイアモンド(Diamond)について説明します!


まずジュエリーとアクセサリーの区別は分かりづらい部分があると思いますがここでは以下の様に定義させて頂きます。


ジュエリー :貴金属(金、プラチナ)を使用して加工した装飾品

アクセサリー:貴金属以外の金属で加工した装飾品


こうやって分けるとシルバー(銀)製品はとてもグレーなポジションです。ジュエリーブランドが取り扱うシルバー製品は結構高い値段で売りますのでブランドが扱うシルバー製品はジュエリー、その他はアクセサリーとしておきます。

一般的にそれなりにボリュームがあって5,000円以下で買える様な物はほぼアクセサリーと思って間違いないと思います。
(ピアスは例外ですが)


ジュエリーとして製品化される装飾品の種類はかなりたくさんあります。

リング、ネックレス、ブレスレット、アンクレット、ピアス、イヤリング、ブローチ、ネクタイピン、カフスボタン等。

ただ一般的に出回っているジュエリーと言えばリング、ネックレス、ブレスレット、ピアス、イヤリングですね。


この場でジュエリーとして定義された物の販売価格に対してお話させて頂きます。



ジェエリーが販売されている店舗の形態は大きく分けると直営店かテナントのどちらかです。

ただしこのテナントにも大きく分けて3種類あります。

A:通常の賃貸(貸しビル等)

B:ショッピングセンター系(○オン、○ピタ等)

C:百貨店系(西○、高○屋等)

ここでまた分かれます。Aはテナントの中に入っていても直営店扱いにします。どういう事かと言うとAを借りる場合は毎月同じ料金で借りれますが、BとCの中に店舗を入れる場合は売上の何割かが母体店舗にもっていかれるからです。毎月定額で借りている訳ではないのです。


まずBのショッピングセンター系を見てきましょう。こういったショッピングセンター系に入っている店舗は○ステール、○コロポーロ等大体似た様な店舗が入っていませんか?

またCの百貨店系は○タージュエリー、○℃、ヴァン○ーム等大体似た様な店舗が入っていませんか?


これはジュエリーを取り扱う店舗だけに限った話だけではありませんが母体店舗に入る場合はほとんどBならBだけ、CならCだけという様に統一しています。何故かと言うとBとCとでは売上のもっていかれる割合がかなり違うからです。こちらについては後で詳しく話します。


ジュエリーの小売市場は大きく分けると


百貨店系に入る店舗         :百貨店ブランド

ショッピングセンター系に入る店舗  :チェーン店

直営店(路面店、通販、貸しビル店舗):ノンブランド(例外もある)


大きく分けてこの様に分類されます。ただしやっぱり例外もあります。例えば百貨店ブランドの○タージュエリーなんかは路面店も持っています。ただ値段の設定は百貨店に入るという前提で設定されています。


これらをふまえてメーカーが小売店に製品を10,000円で売った場合に小売店の店舗形態によってどの様に小売価格が変わっていくのか見ていきましょう。

直営店の場合     : 10,000×2=20,000(円)

チェーン店の場合   :10,000×2.5=25,000(円)

百貨店ブランドの場合 :10,000×3.5=35,000(円)

※もちろん店舗(会社)によってかなりバラつきがあります

メーカーが小売店に対して10,000円で売った場合にこの様な開きが出てきます。こうして見ると百貨店ブランドはボロ儲けしている様に見えますよね?これがそうでもありません。先に述べた様にショッピングセンター系や百貨店系に店舗を構えると売上から何割かもっていかれます。

一般的には

ショッピングセンター系:売上から15%もっていかれる

百貨店系       :売上から30%もっていかれる


と言われています。ではここでもう1度整理します。


母体店舗から売上をもっていかれた場合を考えると実際の粗利は?


直営店の場合     : 10,000×2=20,000(円)
粗利率  50%

チェーン店の場合   :10,000×2.5×0.85=21,250(円)
粗利率 約53%

百貨店ブランドの場合 : 10,000×3.5×0.7=24,500(円)
粗利率 約59%


若干百貨店ブランドの粗利率が高い傾向がありますがそれ程差が無いのが分かると思います。
基本は粗利率が50%程度といったところです。ジュエリーそのものが高い物でありバンバン売れる物ではないのでこれ位の粗利率がないとやっていけません。

こうやって見ると仮にメーカーが同じ物を同じ値段で売った場合には店舗によって開きが出てきますが百貨店ブランドに限ってはそれはまずあり得ません。

百貨店ブランドは基本的に専属デザイナーを抱えてメーカーとOEM取引をするのです。

OEMとは:難しい話は抜きにしてメーカーは取引先から依頼された型(デザイン)はそこにしか売らないという事です。


つまり百貨店ブランドはオリジナル商品を生み出し高い値段でも売れる様にブランドイメージを育ててファンを獲得しながら戦っているのです。

ただチェーン店と直営店の場合は全く同じ物が値段に開きがある状態で売られている事はあり得ます(^_^;
チェーン店もそれを恐れて仕様を変えながら注文する場合もあり、またメーカーもコントロールしながら提案もしますが。


最後に

今回はジュエリーの店舗形態によって値段に差があるというお話をしましたがあくまでも豆知識程度に捉えて下さい。
「欲しい物は欲しいときに買う」
これでいいと思います。同じ商品が違う値段で売られている事なんてジュエリーに限った話ではありませんしジュエリーそのものが同じ型がそれ程量産されている訳ではないのでまず気付きません。

またジュエリーはファッションものなので原価がどうのとか考えて買う物でもないと思います。
(それならこんな記事を書くなと思われていそう・・・)


ジュエリーを買う心得:欲しいと思ったら値段を気にせず買う!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

元業界人がダイアモンド(Diamond)について説明します!

前回記事「元業界人が貴金属(金、プラチナ)について説明します!」では貴金属のお話をしましたが今回はダイアモンド(Diamond)のお話をします。まずダイアモンドは硬いという事で知られていますが割れる事もあります。この硬さはキズの付きづらさという意味でモース硬度といいます。ダイアモンドがモース硬度10で他の宝石は全て9以下です。


ダイアモンドは宝石の中では値段が高い部類である事は間違いありませんが本当にピンキリです。ダイアモンドの価格の目安として4Cというものがあります。


4Cとは?


カラー(Color)      色:例外(ピンクダイア等)はありますが基本的には無色透明程高い

カット(Cut)      形状:理想のカット(最も輝くと言われているバランス)に近い程高い

クラリティー(Clarity)透明度:不純物、キズが少ない程高い

キャラット(Carat)   重さ:重ければ重い程(大きければ大きい程)高い




これらの要素の頭文字Cをとってダイアモンドの4Cと言います。4Cが良ければ良い程希少性があり美しく輝く、つまり値段も高くなる訳です。

もう少し補足します。

カットついて(下画像参照)



ダイアモンドの形と言えばこの形のイメージがあると思います。これをラウンド・ブリリアント・カットと言います。この形で理想とされるバランスに近づけば近づく程上から見たときに最も美しく輝くカットとされています。なので多くの製品ではこのカットが使われています。

※カットについては話すと長くなるので一般的な範囲にしています。

上から見た画像



製品として付いている(留められている)ダイアモンドは円形で横側が隠れている場合多いですが円形の物はほとんどラウンド・ブリリアント・カットだと思って下さい。


キャラットについて

テレビ通販やショップ店員等は重さの事をカラットと言う人が多く一般的にはカラットいう言い方が浸透していると思いますが、業界人はほとんどキャラットと言います。むしろカラットと言うと恥ずかしいレベルです。キャラットをキャラと略して1キャラ等と言ったりします。

キャラットを以下ctと表記します。1ctの重さは?

1ct=約0.2g(グラム)

先に述べた通りカットの形状が決まっている為重さが決まれば上から見たときの円の直径はほぼ決まります。

1ctの直径=約6.5ミリ

6.5ミリと言うと小さいイメージだと思いますが製品にするとかなり存在感があります。むしろデカ過ぎるくらいです。ちなみに0.1ct=約3ミリでも割と存在感があります。

またダイアモンドは小さい物を多数留めてキラキラ輝かせる場合もあります。(下画像参照)



このように小さなダイアモンドの総称をメレー(メレ)と言います。

よく使われるサイズの例として

0.01ctの直径=約1.3ミリ

この直径でも数が揃えば存在感があります。通常メーカーがメレーを仕入れる場合は1ct当たりの値段にグレードがあり(1ct当たり30,000円等)重さでまとめて買います。当然高ければ高い程キレイな物となりますが個人的な見方で値段とその印象を述べます。

0.01ctの場合

1個100円 1ct当たり10,000円の場合:かなり汚い

1個200円 1ct当たり20,000円の場合:まあまあ

1個300円 1ct当たり30,000円の場合:キレイ

大体こんな感じです。ダイアモンドが数百円で買えるの?と思うかもしれませんがメレーの値段はそんな物です。小さすぎてクシャミでもすればぶっ飛んで行方不明になるレベルです。わずか数個ぶっ飛んだだけで1,000円以上と考えればやっぱ高いですよね?これがたくさん留められて加工代やら地金代(貴金属)やら店の利益分が乗っかって数万円から数十万円になる訳です。

0.01ctのメレーだと1ct当たりの単価が30,000円でもキレイと言いましたがこれが0.5ctのダイアモンドの場合つまり0.5ctが15,000円の物だと全然ダメです。大きくなればなる程1ct当たり単価を上げていかないとキレイになっていきません。大体0.3ct以上になってくると先に述べた4Cが重要になって値段もかなりバラついてきます。

また通販なんかで個数限定でダイアモンドピアス0.2ct(片方0.1ct)がわずか10,000円とかありますが「どんだけ悪い石を使っているの?」というレベルです。氷砂糖の様に白く濁っているか黒っぽいかのどちらかです。

製品に付いている宝石が無色透明でダイアモンドかどうか区別が分からない場合、見分け方として刻印があるかどうかでほとんどチェック出来ます。例えば0.3ctの場合0.3もしくは0を省略して単に.3と打っています。ピアスやイヤリングの場合は片側だけに合計ctの刻印を打っている場合もあります。もし刻印が無ければキュービック(人工石)かホワイトトパーズかホワイトサファイアのどれかの可能性が高いです。


最後に家に眠っているダイアモンドが付いたジュエリーがありませんか?

それなり高い値段で売れます。壊れていても構いません。
まずダイアモンド付いているという時点でその地金は貴金属(金かプラチナ)だと思っていいと思います。地金だけでも評価されますし、ダイアモンドも1個(合計ctではありません)だけで0.3ct以上ある物ならよっぽど汚い物でない限りそれだけでも10,000円以上になる場合があります!また鑑定書(4Cのグレードを示した書類)があればなおヨシです!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

元業界人が貴金属(金、プラチナ)について説明します!



私は宝飾業界にいた事があります。一般の人にはあまり知られていない貴金属に関するお話をします。

貴金属とは読んで字のごとく貴重(希少)な金属の事でリング(指輪)などの装飾品に使われる貴金属は金かプラチナを使用しています。なので値段はそれなりにします。リングの場合1万円を超えないものは貴金属を使用していない物と思っていいと思います。

まず金のお話をします。

よく純金や18金という言葉を耳にするかとは思いますが純金は100%(ほぼ)が金で24金とも言います。また純金を業界用語ではヤキと呼びます。
18金とは何かと言うとまず純金が24金ですよね?これを分母にし18が分子。

18/24=0.75 

つまり純度が75%の金を18金と呼びます。K18とよく表記されます。ここまではググればすぐに出ると思いますのでこの先にいきます。

まず市場を出回っている金を使用した製品は18金がほとんどです。何で純金にしないの?と思うかと思いますが純金だと柔らかすぎるからです。製品としての強度が弱いのはもちろんの事、加工も難しいのです。その点18金だと純度もそれなりに有り加工もしやすいという事から多く使われています。ちなみに金の相場が上がってから10金(約41.7%)も増えてきましたが。

では18金の残りの25%は何の地金が入っているのかと言うと銀と銅がよく使われます。この銀と銅の割合を調整する事によって色も調整出来ます。

銀の割合を多くする→黄色っぽくなる

銅の割合を多くする→赤っぽくなる

ピンクゴールドと呼ばれる物は地金メーカーにもよりますが銅をメインとしてその他諸々の金属を使用している様です。


またホワイトゴールドというのもよく耳にすると思います。

市場に出回っているホワイトゴールドのほとんどはメッキがかかっています。金は当然金色をしているので白くするのには無理があります。白っぽくはなるもののあまりにも汚い色なのでメッキをかけます。白くするのにはニッケルかパラジウムという金属をよく使われますがニッケルは金属アレルギーになりやすいと言われいる為最近はあまり使われなくなっています。逆にニッケルを使っている製品は要注意です。

そういう訳なのでホワイトゴールドの製品の色が汚くなった場合はメッキが剥がれた可能性があります。


続いてプラチナです。

基本的には金よりも高いです。プラチナも金と同じ様に純プラチナの製品はあまりありません。

金と表記の仕方が変わります。100%を1000としています。

純プラチナの場合   :Pt1000

純度90%のプラチナ場合 :Pt900

Pt1000はよく婚約指輪や結婚指輪で使用されますがそれ以外はほとんどPt900が使われています。

金と同じ様に純プラチナも柔らかい為Pt900がよく使われます。残りの地金はパラジウムを使用しているところが多いですね。またホワイトゴールドと違ってプラチナ製品の場合は逆にメッキをほとんどかけていません。プラチナはそのままでも十分ツヤがあり奇麗な色をしています。


最後に

家に使わなくなったジュエリー(貴金属を使った製品)が眠っていませんか?
壊れていても売る事が出来ます。
例えば変形したリング、片方だけのピアスなど。

貴金属かどうかの簡単な見分け方

①磁石にくっつかない


②刻印がある 

刻印の例(○は数字)

金の場合   :K〇、〇KT、〇(数字のみ)

プラチナの場合:Pt〇、○(数字のみ)



まず刻印は探しづらいので磁石で確認した方が簡単です。くっついたらまず貴金属ではありません。つかなければ刻印があるかどうか確認してみましょう。刻印の種類は上の例に挙げた以外にもあります。

ただ刻印は素人では探しづらいので磁石にくっつかない時点で地金買取ショップで査定してもらう価値があります。基本的に査定だけならほとんどの店は無料です。

ちなみにシルバー(銀)製品はほとんどお金になりません。


家に眠っていたジュエリーが意外にお金になるかも?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

ブログを書く上で重要なのは「分かりやすさ」と「適度な長さ」かな?

こちら参照:あなたの説明が劇的にわかりやすくなる3つのポイントvol.1 “中学生でもわかるように”話さなければならない3つの理由





自分が発した言葉はなるべく相手に伝わってもらいたいですよね?説明を分かりやすく伝えるには中学生でもわかる様に伝えるとの事です。


上の記事を簡単にまとめると

「わかりやすい話」=「中学生でもわかる話」

・専門用語はなるべく使わない

・中学生までは義務教育なので「中学生でも分かる話」=「誰もが分かる話」となる

との事です。


話が分かりづらいと聞く側も嫌になりますよね?特に専門用語ばかり言われるともう訳分からなくなります。分からない単語がいくつか出てくると理解出来なくなってしまいます。話が分からなくなった時点で一方通行になってしまいます。

これってブログを書く上でもとても重要な事だと思います。やっぱり文章も相手に伝わらなければ意味が無いと思います。私はよくブログのネタを探すのにいろいろなニュース等の記事を読みますが読んでて面白い(分かりやすい)記事、読んでる途中で嫌になり読むのをやめてしまう記事があります。

読むのをやめてしまう記事の特徴を挙げると

・専門用語が多い、難しい言葉や漢字が多い

・文章が長すぎる

これらに尽きると思います。

やっぱり自分が理解出来ないと読んでいて面白くありません。ただ単に私の理解力が無いだけかもしれませんが(^^;)
途中で理解出来なくなるとその後読み進めてもだんだんモヤモヤしていきます。記事の内容そのものに興味があると何度か読み返したり、調べたりしますがほとんどはこうなりません。

また長すぎるとよっぽど興味がある内容でないと最後まで読まずに途中でやめしまうケースもよくあります。

そう考えるとブログを読む人はニュース等の記事を読む人以上にこれらの傾向が強いと思います。



なので良いブログとは内容ももちろん大事だと思いますがそれ以前に

・中学生でも理解出来る

・適度な長さ

まずはここからだと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR