スポンサーリンク


 

Samsungから凄いガラホが出たと思ったけど値段が・・・これやり過ぎでしょ?

ガラケーが終了?そしてガラホ?


 NTTドコモは、iモード対応のフィーチャーフォン(iモードケータイ)を2016年11月~12月を目途に出荷を終了し、在庫限りで販売を終了する。

 ドコモ広報は出荷終了の理由について、「現在のiモード端末で利用している部材の一部で、メーカーが生産を終了しており、部材調達リスクを減らすため」と説明している。ドコモでは2015年夏モデルより、spモード対応のフィーチャーフォンを提供しており、今後はspモード対応機種への移行を進めていく方針。

 iモード対応のらくらくホンは、当面出荷を継続する。また、iモードサービスは、引き続き提供される。提供終了については、現段階では未定としている。

引用元:ドコモ、iモードケータイの出荷を終了



ついに来るときが来てしまいました。とは言ってもガラケーの形は残して「ガラホ」を今後やっていくみたいですけどね。私のガラケーはもう7年くらい使っています。結構ボロボロですけど一度も壊れてないしバッテリーもそのままです。コスパは最高ですよね?

ただ最近はiモードで開けないサイトも増えたしそろそろ限界は感じています。この前ガラケーをいじってたら仕事で知り合いの年配者に「まだガラケー使ってるの?」と言われてしまいました(笑)内心では「あなたよりスマホを使いこなせるよ」とは思いましたが普通に「はい」と答えました。

まわりからどう思われようが外に持ち歩くならあの折りたたみでプッシュ式がいいんですよね。仕事仲間ではスマホの人の方が多いですけどみんな車で保管したりポケットに入れない人も結構多いです。その点ガラケーならあまり神経を使わなくてもいいですからね。

最近「ガラホ」が気になっているんですけどまだ買い時ではない気がします。もし買うならWi-Fi接続は当たり前としてテザリングも出来てGPSも付いてアプリを最低5つは入れられる様になれば迷わず買います。ドコモは今後もガラホを増やしていくみたいですからそれまでいま使っているガラケーがもちこたえてくらたらいいんですけど(^_^;まあガラホにしてもおそらく4年はもたないでしょうね。


こう思っていたらしばらくすると・・・


追記


Samsungからガラホ?


Samsungが、折りたたみスタイルの最強スペックスマートフォン「SM-W2017」を発表しました。有機ELディスプレイを両面に備え、SoCにSnapdragon 820、4GBメモリを搭載し、4Kムービー撮影やワイヤレス充電、指紋認証にも対応するなど、スマートフォンとしてもハイエンドモデルに匹敵するSM-W2017は、20000元(約30万円)というぶっ飛び価格での販売が予想されています。



一見フィーチャーフォン風のスマートフォン「W2017」。内側には4.2インチ(1920×1080)の有機ELディスプレイを搭載し、SoCはQualcommのSnapdragon 820、メモリは4GB、ストレージは64GBです。


引用元:両面有機ELディスプレイ・4K撮影・Snapdragon820・4GBメモリなど最強スペックの超高級な折りたたみ式携帯電話をSamsungが発表



パッと見たとき思わず「キター!」と思いました。ところがよく見たらとんでもない物でした。価格はまだ未定ですが30万円位になるみたいです。ハッキリ言ってただのパフォーマンスですよね?

私がガラケーを支持する理由として頑丈、価格がそれ程高くない、押しボタンで誤動作が少ないという部分です。ガラホに対してこんなハイスペックを望まれているのか疑問です。あと両面ディスプレイにする意味もさっぱり分かりません。おまけにワイヤレス充電対応や4Kムービー撮影。これらは蛇足だと思います。

それなら普通のスマホでいいやってなります。完全に斜め上を行ってますね。おそらく本当にパフォーマンスのつもりでしょうけどこんな事に開発費をかけるなら発火問題のユーザーへの対応をもっとしっかりしてもらいたいですね。このタイミングでこんなパフォーマンスをしたら日本メーカーだったらネットで炎上していると思います。


頑張れ日本メーカー!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

アニメ、ゲーム、パチンコの中から隠れた名曲(神曲)集! 「You Tube」「ニコニコ動画」より

アニメやゲームはもうオタクのものではない!


アニメやゲームが"市民権"を獲得して数年か十数年が経った。

"市民権"と言うとお怒りになる人もいるかもしれない。年配の人からはまだまだ嫌悪されているし、"市民権"などと言う割には政治的な問題意識が遅れている、と批判する人もいるだろう。しかし、そういった指摘ができる程度にはアニメやゲームは世間に広まった。特に三十代より下の世代において、アニメやゲームが90年代のような嫌悪の視線を向けられることは少なくなっている。

なにより、アニメ的表現、ゲーム的表現が驚くほど世の中に溢れるようになった。

「いい年してアニメを観ていればオタク」「いい年してゲームをやっていればオタク」という時代はとっくに終わった。

引用元:アニメやゲームがポピュラーになった社会に、イエスと言う



私が子供の頃は確かに大人がゲームをしたりアニメを観るというイメージはあまり無かったですね。ゲームはともかくアニメはちょっとヤバいイメージがありました。なので大人になると自然にそういったものに興味が無くなるものだと思っていました。ところが自分がいざ大人になってみると全然そんな事はありませんでした(笑)普通にゲームもしますしアニメも観ます。それにレンタルでアニメを借りるのも全然恥ずかしくありません。

まあ最近はレンタルそのものをしなくなったんですけど。ゲームだってついこの間までは課金までしてました。まあゲームはブログを始めてからいろいろ忙しくなって最近はあまりやらなくなりましたけど。

いまは大人がアニメ、ゲームに興味があっても誰も「みっともない」とか言いませんからね。
むしろ相撲や歌舞伎や演歌などの伝統的なものの方が心配です。自分が20~30歳をとったとしてもこれらには興味がわいてくる気がしません。やっぱり興味が無いものは無いんです。おそらくこう思っているのは私だけではないと思います。

話は変わりますがアニメを観たりゲームをしていると「この曲いいな!」っていうのは結構ありますよね?
世間では決してメジャーではないけど自分の中では名曲というものはありますよね?

特にアニメ、ゲーム、パチンコなどからだとそれらに関わった事のある人でないと聴く事の出来なかった曲はたくさんあると思います。

本当に独断と偏見で申し訳ありませんが私の中では「この曲すごくいいのになんで世間では評価されていないんだろう?」という物を挙げていきます。(中には割とメジャーな曲もあります)


アニメ、ゲーム、パチンコの名曲を集めてみた!


本当は動画を直接貼りたいんですけどあまりにも露骨過ぎるのと、重くなる方や記事そのものが読みづらくなると思うので『タイトル』からそちらへ飛ぶようにさせていただきます。
曲を聴きたい方は『タイトル』をクリック(タップ)して下さい!
ご不便をかけて申し訳ございませんm(_ _)m



TVアニメ「ONE PIECE 」 オープニングテーマ

歌:Bon-Bon Blanco
『BON VOYAGE!』

この女性ボーカルの歌唱力はかなり高いと思います。自身たっぷりに気持ちよさそうに歌っているところがいいです。なぜそれ程メジャーにならなかったのか不思議です。



TVアニメ「ONE PIECE 」 オープニングテーマ

歌:5050(フィフティ・フィフティ)
『Jungle P』

楽しそうな冒険をイメージできてとてもワクワクします!


TVアニメ「けいおん!!」

歌:豊崎愛生 日笠陽子 佐藤聡美 寿美菜子
『天使にふれたよ!』

これは本当に泣ける曲です。イントロを聴いただけでヤバいです!


TVアニメ「爆裂天使」 エンディングテーマ

歌:cloudica
『Under the Sky』

この心に響く歌い方が大好きです!


ゲームPS2ソフト『 極上生徒会』エンディングテーマ

歌:田村ゆかり
『未来パラソル』

バラードではないけれどなんか泣ける感じの切ない曲です。


TVアニメ「聖闘士星矢」 エンディングテーマ

歌:MAKE-UP
『永遠ブルー』
(ライブ版)


子供の頃大好きだった曲です。いま聴いても全然色あせていません。


歌:平野綾 大原さやか 豊崎愛生 茅原実里

パチンコ CR南国育ち
『二人の南国 』

季節はずれですけど夏のワクワク感が伝わってきますね。




※ここからyou tubeではフルコーラスが見つからなかったのでニコニコ動画になります

パチンコ CR泉谷しげるの「座頭市物語」

歌:宮地真緒
『愛する他に・・・』

いまはパチンコやらなくなりましたけど当時はこの曲を聴きたくてよくこの台を打っていました。聴いててジーンときます。


TVアニメ「ソードアートオンライン」 エンディングテーマ

歌:戸松遥
『ユメセカイ』

この曲を聴くととても癒やされます!



いかがでしたか?今回選んだ曲は本当に自分が良いと思ったものです。好みは人それぞれですがこの中で少しでも共感者が増えてくれたら幸いです!



目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

モンスター営業マンとは上手い表現(笑)嘘つき、逆ギレ、居座りは当たり前!

モンスター営業マンには要注意!


ビジネスの基本は営業と言われることがある。新人時代、キャリアを営業からスタートした人も多いだろう。現場で売上に貢献する達成感がある一方で、厳しいノルマが課せられることもある仕事だ。だからなのか、時として「モンスター営業マン」が出現することがある。20~50代男女が「怖い」「ひどい」「関わりたくない」と困惑する、とんでもないとしか言いようがない、モンスター営業マンの事例を集めた。

・断ったらキレて怒り狂うカーディーラー

・連日勤務先に電話をかける投資マンション営業

・玄関に足差し込み睨つける新聞営業

・事故物件を売りつけ開き直る不動産営業

・ゴキブリの巣窟だった中古マンション

・高齢者へ強引に羽毛布団を売る悪質業者


毅然とした態度で対応しよう「面倒そうな客だ」と思われるが勝ち

 こちらが呼んでいなくても、向こうからやってくるのが営業マン。彼らの仕事はモノ・サービスを売ることだから、それは仕方がない。しかし、その営業マンが悪質だったらどうか。こちらには毅然とふるまい、彼らから距離を置く権利が当然ある。

 一度でもナメられてしまうと、モンスター営業マンはおかまいなしにズカズカと踏み込んでくる。そして、逆ギレしたり、脅かしたり、泣いて同情を誘ったり……ありとあらゆる手を使って、こちらの気を引こうとするから要注意だ。

 大事なのは毅然とした態度で向き合って断ること。「このお客は一筋縄ではいかない」「面倒くさそうな客だ」「関わっていても、落ちそうにない」と思われてしまえば、相手は次のカモを見つけるために、さっさと去っていくはずだから。

引用元:News&Analysis 「モンスター営業マン」暴走!キレる居座るは当たり前の事例集



営業の中には売上は良いがクレームが多い者が残念ながらいます。このタイプは恐喝まがいなどで売上をとっていくのです。実際にこのタイプの者の現場に立ち会った事がありますが話を聞いてるだけで不愉快になります。嘘は平気でつくし、相手が断るそぶりを見せるとキレて強引に買わせたりします。

売上が上がれば何でもよいと考えているのです。問題なのは会社がこの事を分かっていても黙認する傾向があるのです。よくメディアなんかで悪質商法とか取りあげる場合がありますよね?私も実際に取りあげられた会社にいた事がありました。やっぱり上の者が黙認してたんです。結局その会社は潰れました、本当はもっとその仕事を続けたかったんですけど。

悪質な営業は当事者だけでなくその会社全体はもちろん事、その業界全体にも悪影響を及ぼします。せっかく新しく面白いビジネスが生まれてもモンスター営業マン達が壊していくのです。

特に新しいビジネスは最初の頃は面白い様に稼げる場合があります。やり方さえ間違えなければ息長く続けられそうな商売もあります。最初の頃調子に乗ってやりたい放題にしていくとやがて衰退します。大事な事はモンスター営業マンを野放しにしない事です!

クレームの恐さはそれが積もりに積もっていくとメディアまで取りあげるから厄介です。メディアでの報道では悪い部分しか伝えず本当に悪のイメージが植えつけられていくのです。そうなると似たような業界、似たような商法がすべてやりづらくなってきます。事の発端はモンスター営業マンが生み出すクレームです。

管理する立場だと悩ましい部分はあるかもしれないですね。おそらくこうなるでしょう!売れるクレームが多い営業マン>売れないクレームが少ない営業マン。ただ売上ばかり褒めてクレームを叱らないとモンスターはどんどん巨大化します。これは間違いありません。

モンスター営業マンに関しては最悪の場合、会社にクレームをいれたり消費者センターに通報するとういう部分がありますが厄介なのは「ネットワークビジネス」です。

私の体験談を語ります。


モンスターネットワーカーが多くて嫌になる!


ネットワークビジネスの話を聞いて思った事を述べます。

言っておきますが私はネットワークビジネスそのものを否定するつもりはありません。ネットワークビジネスの魅力などは十分知っています。



ネットワークビジネスの代表的な会社と言えば『Amway(日本アムウェイ)』ですね。この名前を聞いただけですぐに「ねずみ講?」と思う方は多いと思います(^^)

ただこの様な会社は問題は多いですが違法ではありません(違法として処分される会社もありますが)。ネットワークビジネスについて詳しくはこちらの記事「ネットワークビジネスとは?」を参照して下さい!

なぜネットワークビジネスに悪いイメージがあるかと言うとネットワークビジネスもどきの悪徳業者が摘発される事があり本物とニセモノの区別が分かりづらいというのがあるかとは思いますが、話を聞いていく度につくづく思った事があります。「ネットワーカー」そのものが業界を潰していると感じました。

ネットワークビジネスの話は過去に7件程聞いた事があります。

ほとんどのネットワーカーにはある共通点があります。


・一方的に話しすぎる

・こちらの話を聞かない、聞いたとしてもすぐにまた自分が話す

・弱点を指摘するとすぐキレる

・強引

・しつこい

・基本的なビジネスマナーがなってない(時間に遅れるなど)



まだまだありますがこの辺にしておきます。


読者さんの中でもネットワークビジネスの話を聞いた事がある方はいるかとは思いますが、この様な人達が多かったのではないでしょうか?
もちろん全員という訳ではありませんが少なくとも私が今まで話を聞いたネットワーカーはこんな人達ばかりでした。ハッキリ言ってこの様な人達は「モンスター営業マン」そのものです。「モンスターネットワーカー」とでも言うべきでしょうか(^_^;

ネットワークビジネスはやり方を間違えると人間関係を壊す可能性が高いので最大限に注意を払わないといけません。もしこれが出来ないのであればやるべきではないと思います。

ネットワークビジネスに住む魔物「モンスターネットワーカー」がネットワークビジネスのイメージをさらに悪くしているのではないでしょうか?


まとめ



モンスター営業マンなら会社に苦情を入れたり消費者センターに相談する事は出来ますが、モンスターネットワーカーなら知人の知人である為なかなかそれが出来ないと思います。またネットワーカーと紹介された側が口論になり、結果として紹介された側と紹介した側つまり知人同士の仲がこじれたという例も多いと思います。こんな感じで過去にネットワークビジネスの話を聞いて嫌な思いをし知人から誘いがくるのを毛嫌いしている人は多いと思います。

面倒事を避けたい、嫌な思いをしたくないのであれば最初(アプローチの段階)から断る事をお勧めします。営業マンにしろネットワーカーにしろ話を聞くという時点で少しばかり期待してしまうのです。その期待を裏切る形になるからキレたりするのです。

最初から聞く耳を持たない人に対して脈がないと判断してその時点で諦めます。


モンスター営業マン、モンスターネットワーカーに化けさせない為には最初の段階で断るべし!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

交通違反取締りの方法はワナっぽい!反則金徴収のノルマの為?事故を減らす方が大事なのでは?

交通違反取締りについて


「交通事故を防ぐため」という表看板を掲げながら、本当に危険な場所ではなく、ただ違反をしやすい場所を見つけ、ワナを仕掛け、待ち伏せして、罰金を取り立てる。しかも何年間も同じ場所でそれをやる(ちなみに雨の日は取り締まりが少なくなる)。これが本当に警察のやるべき「仕事」なのか。

安全より「カネ」が重要

では、なぜ警察は卑怯なワナを仕掛けてまで、取り締まり件数を増やすことに躍起になるのか。理由は簡単。それは「ノルマ」があるからだ。

交通ジャーナリストの今井亮一氏が語る。

「警察は絶対にノルマがあることは認めませんが、それはあくまで建前。以前、違反キップを捏造し逮捕された警察官が、裁判で『(上司から)違反キップをとるまで帰って来るなと言われた』と証言していたように、ノルマは存在します。特に4月、9月の交通安全月間はノルマが厳しく設けられるため、ドライバーは注意が必要です」

中には、反則金のことを「稼ぎ」と呼び、「おいしく取り締まれる地点」を飲み会で情報交換している警察官までいる。

事実、総務省が公表している「交通安全対策特別交付金制度」では、予算として反則金収入を約700億円(平成26年度)と見積もっている。これを「ノルマ」と言わずになんと言うのか。これでは「警察はカネのために取り締まりをしている」と言われても致し方ない。

ちなみに徴収された反則金は一旦、国庫に納められたのち、交通安全対策費として各都道府県・市町村に交付される。これらのカネは主に、ガードレールや信号などの設置、管理に使われるのだが、それを請け負う業者が「警察OBの天下り先になっている」のは有名な話だ。

違反とも言えない違反で検挙されたドライバーの悔し涙がカネに変わり、警察OBの優雅な余生を支えているとすれば許しがたい。

引用元:「ワナ」を仕掛けて交通違反の反則金を稼ぐ警察~そのセコすぎる手口



私も何度か交通違反のキップを切られた事があります。その中には車を止められた瞬間「なんで?」と思うのが結構ありました。だいたいパターンは時間帯で交通ルールが変わるケースですね。例えば普段は夜によく通る道で普通に右折して入る道があるとします。もちろん他の車も右折でバンバン入ってます。それが当然だと思って昼間に右折します。そこで警察官の「止まれ」にかかる訳です。その瞬間「シートベルトはしてるしスピードも出してない、なんで?」となります。おそらくこの様な経験をしてる方は結構いると思います。説明を聞いて初めて気付くんですよね。

標識を見ると確かに書いてあります。でもハッキリ言って分かりづらいです。そこを狙って警察官は張っているのでしょう。もちろん違反は違反なのでこの事に対しては仕方のない事だと思っています。ただ事故を減らすのが目的なら標識などをもっと分かりやすくする方が大事だと思います!言い方は悪いですがこれはワナに近いと思います。

でも中には良心的な警察官もいるものですね。出張で都内を走ってたときに突然止められて「またこのパターンか?」と思ったときに警察官が「ここはこの時間帯だと違反になるから次は気をつけて」と言って見逃してくれたんです。車のナンバーを見て察してくれたんですね。


悪質ドライバーを減らす為には



個人的に交通取締りで1番やってもらいたい事が悪質ドライバーの撲滅です!よく街中でもどう考えても危なっかしい運転を故意にしてる人はいますよね?無理な追い越し、煽り、過度なスピード等。この様な悪質ドライバーは常習性があります。放っておくと事故を誘発させたり、人に恐怖感を与えたりしてよいことはありません。


これは私の案ですが取締りをこのように出来れば悪質ドライバーは減ると思います!


・市民すべてが取締りできて警察にブラックリストとして車のナンバーを通報できる

・警察はそのデータをもとに街中を覆面パトカーで巡回する

・警察はブラックリストの通報が多かった車を見つけたとき尾行し悪質運転をしたときに「危険運転で1発免停できる」



人間のズルさは取り締まるべき者がいない場合だとやりたい放題になる傾向があります。小学校の教室がいい例です。先生がいない場だと騒ぎたい放題騒いで先生が来るとバタッと静かになる。車の運転もこれに近いものがあります。

ハイテク機器を取り入れればこの程度の事は簡単に出来るとは思います。ポイントは悪質ドライバーは常に監視されているから悪質な運転を出来ない様にしたいのです。


どうせ税金を使うならこういう事に使ってもらいたいです!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR