スポンサーリンク


 

にほんブログ村(ランキングサイト)でカテゴリーを変更したらアクセス(OUTポイント)が増えるか実験してみる!

ブログ村のカテゴリーを変えてアクセスは増えるのか?



昨日書いた記事「クリック(タップ)率を上げるには位置が重要?これを活かして過去記事を読んでもらおう!」では私は「ブログ村のランキングはあまり重要視してない」と言いました。何故かと言うとOUTポイントがほとんど増えなかったからです。ブログ村のしくみが分からない方の為に簡単に説明します。

INポイント :私のブログからブログ村バナーをクリックしてブログ村に入った人の数(1人当たり10ポイント)

OUTポイント :ブログ村の中に入っている人が私のブログにアクセスした人の数(1人当たり10ポイント)




下画像を見て下さい!

20170625133851680.jpg



OUTポイントを見ると10~30ポイントです。私は1日の1回(10ポイント)自分に入れているのでここ1週間は1日当たり0~2人しかブログ村にいる方からアクセスしてもらっていなかったのです。そんな訳で昨日「ブログ村のランキングは重要視してない」と言ったのです。ところがブログ村は参加するカテゴリによってOUTポイントは差がつくとの情報を得た為早速試してみたくなりました。ブログアクセスについて書く立場としてはこの情報は見過ごせません。

という訳で早速記事の下にバナーを置きました(^_^;

私はいままで主に「経営者ブログ⊃営業」と「ブログブログ⊃ブログアクセスアップ」にいました。そこでは1日に多くても5人しかアクセスしてもらえませんでした(トーナメントも参加したりトラコミュでトラバしてもこの結果でした)。
今回は「生活ブログ⊃節約・節約術」というところに参加しました。ここを選んだ理由は全体的にOUTポイントが高かったからです。

ちなみに今の段階ではINポイントでランキングが近い方と比べても私だけダントツでOUTポイントが低いです。まさに公開処刑の状態で場違い感があります(・_・;)
それと記事の内容に対して「節約・節約術」という所も場違い感はありますが大目に見て下さい(^_^;


注目すべきところはOUTポイントが増えるか否かです。
この結果は後日記事(おそらく1~2週間後)として報告します!


追記


結果はこちらの記事「にほんブログ村(ランキングサイト)でカテゴリーを変えてからのアクセス(OUTポイント)の変化・・・」を参照して下さい!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

クリック(タップ)率を上げるには位置が重要?これを活かして過去記事を読んでもらおう!

クリック率と位置について



広告やランキングバナーをクリックしてもらう為にはやっぱり位置が重要です。

実を言うとある実験を行っていました。私は今までブログ村のバナーを記事の下(Twitterマーク)の拍手マークの上に置いていました。1日当たりINポイントを150~200ポイント(15~20回クリックされていた)頂いてました。ここで記事の下のバナーを無くしてブログ内の右側にある枠(PC用テンプレートのみ)にランキングバナーだけにしてみました。

その結果は下画像参照。

20170625134350081.jpg



結果は11/20から激減していますね。やっぱりクリックしてもらう為には位置が重要ですね!記事の下が強い様です。ちなみにいまはブログ村のランキングは重要視してない(OUTポイントが上がらないから)のでしばらくはこのままでいきます。

この結果を見て重大な事に気づきました。右側には「カテゴリ」とういうブログではとっても重要な欄がありますよね?という事はここもクリックされてないのでは?と思い確認したらほとんどされていませんでした(゜o゜;


より多くの記事を読んでもらう為には?



カテゴリという欄は訪問して頂いてる方に他の記事も読んでもらう為には必須です。しかしここがクリックされづらい位置ではかなり勿体ない事をしています。という事でホーム画面の1番上に目次というページを作りました。これをやっている方は結構多いですが効果はあります!

記事には賞味期限が長いものと短いものがありますよね?私のブログで言うと賞味期限が長いカテゴリは「アクセスアップ豆知識」や「ルートセールス」や「一般営業職」です。そのほかの記事は割と短いと思います。特に「ノウハウ系」を書いたものは何度も読んでもらえる可能性があるのでこれらの記事に誘導する事はとても大事な事だと思っています。

目次を作った事によっていままでは過去記事へのアクセスが0に近かったものがいまではそれなりに増えてきました。目次の作り方は「記事の日付」をずっと先の未来にする事。こうする事によってトップページを開いたときに1番上にくるので目立つ様になります。

またもう一つ重要なのが「ホームボタン」です。
例えば検索エンジンから「キーワード」でアクセスしてもらったときはほとんど個別記事に飛びます。こうなると読者にとってはブログの全体像がなかなか分かりません。こんな経験ありませんか?「もっといろいろ読みたいけどどこに何が書いているのか分からないもういいや!」という事。大体はホームボタンをクリックすればいいんですけどそのホームボタンがなかなか見つからなくて読むのをやめたなんていう事は私もあります。テンプレートの種類にもよりますが分かりづらかったり小さくて目立たないものが多いですね。

という事で各記事の最後に「目次や最新記事はこちら」という「ホームボタン」に該当するものを置く様にしました。こちらも純正の「ホームボタン」よりもクリック率は高くなりました。

これらをする事によって訪問して頂いた方に少しでも多くの記事を読んでもらえる様になりました。もしよかったら参考にしてみて下さい。まだまだ勉強中ですが今後もブログに役立ちそうな知識を発信していきたいと思います。


おまけ



最後に面白いデータを紹介します。目次を作ってからの拍手数(クリック数)の変化です。

(下画像参照)
※画像のものは「FC2ブログ」のスマホ、タブレット用のアプリです。

20170625134526913.jpg



拍手数に注目して下さい。11/25までは平均的で目次を作ったのは11/27ですが11/26からは拍手数が見事に「目次(はじめに!)」に分散されていますね。
やっぱりトップ記事は強いという事ですかね?(^_^;


読者のみなさんご協力ありがとうございました!


追記


サイト内を回遊してもらう為には「パンくずリスト」も有効です。詳しくはこちらの記事「ブログにMicrodara形式の「パンくずリスト」を設置するメリットとは?」を参照して下さい!



アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

Google(検索エンジン)から検索順位を上げる(クリック率を上げる)為の準備!ブログ初心者必見!

アクセスアップの種まき



Google(検索エンジン)から評価される為には多くのアクセスをもらうのが1番ですが結局それが1番難しいんですよね。
今回はその種まきとなるものを紹介します!しかも面倒な事は極力避け、多くのブロガーさんが既に習慣づいている事にちょっと手を加えるだけのものを3つ厳選しました。


1.どうせ記事を更新するならPing送信しましょう!



多くのブロガーさんは頻度に個人差がありますが記事は更新してますよね?その更新情報を各サーバーに知らせる作業です。Ping送信を使います。これをする事によって各サーバーに「記事を更新したよ」と伝わり検索エンジンの評価が上がりやすくなる様です。
やり方は簡単です。URLをPing送信登録するだけです。

まず以下のURLコピーして下さい。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://www.blogpeople.net/ping/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://xping.pubsub.com/ping/      ←FC2ブログの方はここまで
http://ping.fc2.com/




FC2ブログのやり方を紹介します!(FC2ブログ以外の方は「ブログ名 Ping送信 方法」等で検索して下さい)  

管理画面
 ↓
環境設定
 ↓
ブログの設定
 ↓
下の方に更新情報(Ping)設定というところがありますので枠にコピーしたものを貼り付けて更新をクリック




下画像を参考にして下さい。

20170625134842373.jpg


20170625134859514.jpg


20170625134915616.jpg


※既にいくつかPing送信先がある方はその下から貼り付けて下さい!

短時間に何度も記事を更新するとGoogleからペナルティを受ける可能性があるのでご注意下さい!

これは1度設定すると後は記事を更新するだけで自動的にやってくれるのでまだやっていない方はやった方がいいと思います。


2.どうせコメントを書くならURLを入れましょう!



多くのブロガーさんは他人のブログに対してコメントを入れた事があると思います。ただ意外な事に自分のブログのURLを貼っている人はそれ程多くないですね(私も最近始めたんですけど)。

やり方はとっても簡単です。コメントを書くときURLの欄に自分のブログのURLをコピペするだけです。
(下画像参照)

20170625134932161.jpg



メリット

■送られた相手が返信をしやすい、アクセスしやすい。特にブログの種類が違う場合に有効です。逆にこれがないと相手はアクセスしたくても出来ません。

■コメントそのものに興味をもった第三者がそこからアクセスしてくれる場合があります。

■リンク先が増える(他サイトから自分のブログにアクセスできる)為、検索エンジンから評価されやすくなる。




3.どうせGoogleアカウントを持っているならGoogle+を始めましょう!



多くのブロガーさんはGoogle search console(旧ウェブマスターツール)に登録していると思うので既にGoogleアカウントを持っている人は多いと思います。

それならGoogleが運営してるSNS『Google+』にも登録しておいた方がいいと思います。私がブログの宣伝用として使っているSNSはTwitterとGoogle+だけですが体感ではGoogle+の方が効果があります。ブログ宣伝用のコミュニティもありますのでそこに参加する事をおすすめします。コミュニティのところで「ブログ」で検索すればいくつか出てきます。積極的にフォローしていく必要はあります。

更新記事のURLを貼って「ブログ更新しました」等のコメントを入れて投稿するだけです。(私はやっていませんがブログと連携させて自動投稿もできるみたいです)
結局他人のブログに興味があるのはブロガーですからね。


上に挙げた事はすでにされている方もいるとは思いますがまだされた事のない方はやった方がよいと思います!


追記


この記事を書いたときはTwitterよりもGoogle+の方がアクセスがありましたが今ではTwitterの方がアクセスがあります。
Twitterを利用したアクセスアップの方法はこちらの記事「Twitterを利用したブログアクセスの増やし方を説明します!初心者必見!」を参照して下さい!



アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

続きを読む


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

女性歌手の方が男性歌手より声が劣化しやすい?気のせい?

歌手の声の劣化について


歌番組を観て毎回思う事があります。昔(売れてた全盛期)はもの凄く歌が上手かったのに声が出なくなった、声の質が変わったと。特に女性歌手の方が劣化が激しい気がします。気になったので調べてみました。

加齢によって声は低く、しわがれる

声は年齢によって、どのように変化するのだろうか。一般的に幼い子どもの声は女児で350Hz、男児だと300Hz前後。それが思春期の声変わりを経て成人すると、女性は270Hz、男性は150Hzほどになる。男性の場合は、幼児のころよりも1オクターブ程度音が下がる計算だ。
そしてさらに加齢が進むと、女性は約180Hzになる。20代の女性にくらべると、ピアノの鍵盤5~6つ分、低い。
これは閉経を境に女性ホルモンの分泌が低下することで、声帯も男性化して太くなっていくことによるものだ。 逆に男性の場合は老人になると、160?170Hzと、20代の青年期に比べて若干声が高くなる。これは加齢によって声帯が痩せて細くなるのが原因。

また、加齢によって、声帯筋を覆う粘膜内のヒアルロン酸が減少して潤いが低下したり、
長年の声帯の酷使によって声帯に細かい傷やポリープなどができると、声帯が滑らかに震えることができなくなるので、声に雑音が混じり、ざらついた印象の声になっていく。
さらに、声帯の開閉は、喉周辺の筋肉によって行われるが、他の部位同様、加齢で筋力が衰えると、声帯がゆるんで振動しにくくなり、かすれ声になってしまう。

また、肺活量の低下によって声の音量も下がるし、口の開閉や舌の動きをつかさどる筋肉も衰え、さらに入れ歯などを使用することで、滑舌も悪くなる。つまり体の他の部位と同じく、「声」も加齢によって、確実に衰えていくというわけだ。老人の特徴である「かすれたしわがれ声」は、このようにしてできあがる。

引用元:声も年齢とともに老化する?! しわがれ声の予防策とは?




期待を裏切ってすいません(^_^;残念ながらこの記事には女性の方が劣化しやすいとかは書いてありませんでした。ただポイントは年とともにに劣化する。声帯も筋肉で動くから意識して動かし筋力低下を防止する事は可能との事。

ますます謎は深まるばかりです。私が感じるのは女性の場合は30代位ですでに声が出なくなっている人が多い気がします。歌手だけあって声帯の筋肉は使っている筈なのに。しばらく売れてなくて(テレビなどの露出が減る)あまり歌ってなかったからでしょうか?

確かにこのパターンはあるとは思います。

歌番組でのあるある

久しぶりに見た→期待でワクワク→あれ?


でもたくさん歌っている筈なのに劣化している人もいますよね?

個人的に声が劣化したと思う女性歌手をまとめてみると


浜崎あゆみ

持田香織

岸谷香(奥井香)

akko

広瀬香美




まだまだたくさんいるとは思いますがこの辺にしておきます。


声の劣化と感じたと思う事をまとめると


■声質の変化

昔は突き刺さる様な声質、伸びのある声質だったのに何かパワーを感じなくなったりします。


■高音域が出なくなる

昔は歌えていた歌が苦しそうに歌うシーンなんか見るとなんか痛々しく感じますね。
昔のヒット曲で懐かしく思う反面時の流れを感じてなんか悲しく感じたりもします。




声の劣化を感じる典型だと思うのがこの動画ですね!




昔の歌を聞くとどうしてもその歌手の全盛期の声をイメージしてしまうのでギャップを感じなんかショックを受けてしまう場合がありますね。

ただ声の劣化を感じるとはいえやっぱり本人が歌っている姿を見ると懐かしさや心にグッとくるものはありますね(^^)


私の気のせいだけかもしれませんが女性歌手の方が男性歌手より声が劣化してる人が多くないか?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?

巨石遺跡は超古代文明の指紋?


私が超古代文明を信じる様になったのは巨石遺跡の存在です。
百聞は一見にしかずなのでまず画像を見て下さい!

※作られたとされる年代、大きさ重さなど画像含めほぼWikipediaなどを引用

サクサイワマンの城塞跡



20161122174919186.jpg

西暦700から1,500年。最大の巨石は360トンを越すと言われている。




オリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩)



20161122175236586.jpg

西暦1,400から1,500年。一枚平均 高さ4メートル・幅2.5メートルの岩が横一列に並べられている。一枚あたりの重さは50トンから80トンと言われる。
この屏風岩が建てられているのは、高さ150メートルほどの丘の上であるが、材料を切り出したと思われる場所は、この丘の下を流れる川の向こう岸の山の中、それも高さ330メートルの地点である。





イースター島のモアイ像




20161122175509990.jpg


西暦1,100 から1,300年。大きさは3.5m、重量20トン程度のものが多いが最大級のものは20m、重量は90トンに達する。島で産出される凝灰岩でできており、建造中に放置されたものも含め約900体ある。運んだ距離で最も長いものは島の岸まで約15km。




ギザのピラミッド(クフ王)



20161122175643612.jpg


紀元前2560年頃に20年前後かけて建築されたと考えられている。現在高さ138.74m(もとの高さ146.59m)、底辺230.37m、勾配51度50分40、容積約235.2万m3で、平均2.5tの石灰岩を約270万-280万個積み上げたと計算される。




まとめ


私はこの作られたとされる年代はすべて疑ってます。ギザのピラミッド以外は割と最近ですよね?
直感的に言うとそもそもこんな凄い物をこんな最近作れたならその作り方などは文字等の記録として残るか語り継がれていくと思います。

サクサイワマンの城塞跡とオリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩)は何が凄いかと言うと、石と石の間がピッタリくっついています。よく例えられる表現ですがカミソリの刃すら入らないそうです。これを手作業で叩いて削って数10トンもあるものを運んで組み合わせる。現代技術でも難しい様です。

モアイ像の石は比較的加工はしやすいみたいですがどうやって10km以上運んでどうやって立てたかです。最大のものは20m、重量は90トン。20mというとマンション6階建て相当ですよ。1tは乗用車1台。

ピラミッドを20年で作るとなれば1日の半分の12時間を作業時間とし、365日、20年間作業をして石を200万個運んだと考えると、2分30秒に1個のペースで数トンもの石を積まなければならないことになります。また1個60tを超える花崗岩の石材が王の間に多数使用されていてとても精巧に作られています。ピラミッドに関しては語りきれないので下動画もよかったら観て下さい。



作り方の仮説を立てるとなると決まってコロ、ソリ、ロープが出てきますがこれにはどう考えても限界があると思います。また石の加工は手作業で叩く。これもとてつもなく時間がかかります。

定説に従った年代で考えるとその年代にあった道具の範囲内でしか作り方を考えられない為誰も納得がいく説明が出来ないのです。

でもその定説から外して考えるとつじつまは合ってきます。それが超古代文明の存在です。

超古代文明とは?

「超古代文明」は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、非常に高度な文明や不明な点が多い文明を指す呼称。



この超古代文明は大洪水などの大災害によって失われたとされます。アトランティス大陸やムー大陸はあったかどうかは分からないですけど洪水によって失われた文明はあったと思います。

洪水はさまざまな神話で語り継がれていた事と化石の存在が何よりの証拠だと思います。化石が出来る条件は簡単に言うと瞬間的に死んで泥水などに閉じこめられる事。恐竜の様なとてつもなく大きな化石があるくらいだから大洪水の規模は想像もできない程だった筈です。

また恐竜について少し話をしますが、ある一説によるといまの重力なら恐竜が自分の体を支えられないそうです。なので昔の地球はいまより重力が軽かった。私はこの説を信じてます。例えば大きなトンボなどの化石は実際にありますからね。でもいまは化石の様な大きなトンボはいません。また酸素濃度もいまより高かった、琥珀(コハク)の中にあった空気の酸素濃度が実際にいまよりも高かったみたいです。

生物は全体的にいまより大きかった。人間も大きかった(人間と思われる大きな化石も発見されてます)。寿命もいまより長かった。


これらをふまえて巨石遺跡に関して私なりの考えをまとめると


■重力が軽いときの時代の為、石はいま程重くなかった。人間も大きく(巨人)相対的に現代人よりもずっと力があった。体が大きかった為、建造物の大きさの感じ方は相対的に現代人よりも小さい。

■超古代文明の技術で建てた。




こう考えれば建造物の大きさも含めてつじつまは合うと思いませんか?

信じるか信じないかはあなた次第!

また関連記事として「超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?」もぜひ読んで下さいm(_ _)m



目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

Google(検索エンジン)からの評価が低くてもアクセスを得る為の裏技を紹介します!

穴場のキーワードを探す!



ブログを始めて誰もが味わう壁はGoogle(検索エンジン)からなかなかアクセスを拾えない事でしょう!
私もまだその段階です。それもその筈で検索順位は弱肉強食だからです。
アクセスの少ないブログは記事を書いてもまず検索上位にはきません。そうなれば当然検索エンジンからのアクセスは拾えません。

私もどうしたらアクセスを拾えるのか試行錯誤しました。いろいろ調べて「記事タイトル」が大事という事をよく目にしました。これは間違いありませんが問題はそれからどうするかです。弱者だとタイトルにキーワードとなりそうなものを入れてもなかなか上位にきません。そんな事を繰り返していくうちにある事に気づきました。

これからは私がたまたま発見したオリジナル法と穴場のジャンルを紹介します!

まずは記事をひたすら書くこと:ここからヒントが生まれてきます。



ここからGoogle search console(旧ウェブマスターツール)のデータを使います。

「Google search console」を開く
 ↓
サイトをクリック
 ↓
「検索トラフィック」をクリック
 ↓
「検索アナリティクス」をクリック
 ↓
「クエリ」と「表示回数」をクリック



するとクエリの表示回数がランキングとして出てきます。

※Google search consoleのデータはGoogleのデータだけでyahoo等からのクリックはカウントされません。
(下画像参照)

20170625135416854.jpg



このクエリ(検索クエリ)は検索によく使われるキーワードの軸だと思って下さい。例えば1位の「日本 カジノ」なら「日本 カジノ 法案」などとクエリ+〇〇の様に実際には検索されてる筈です。

このランキングは私がいままで書いてきた記事の中で最も検索されたキーワードです。ただしアクセスとは必ずしも一致してません。競争率の高いクエリからはなかなかアクセスしてもらえません。

クリックに繋がったクエリはこの下の画像です。


「Google search console」は以下の設定をします

クエリとクリック数をチェックします。

(掲載順位はこれだけ弱者という事を分かってもらう為にわざと入れました)



20170625135359175.jpg



ここで何が読みとれるかというと「スマホ(携帯)関連」と「超古代文明関連」が実際にクリックされています。


実際にクリックされた記事を特定するには以下の設定を行います

「クリック数」と「ページ」をクリック



実際にクリックされた記事のランキングです。
(下画像参照)

20170625135324741.jpg



実際の記事は下です!

1位(10回)  ガラケーが終了?そしてガラホ?

2位(9回)  超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?

3位(6回)  地球がヤバい?

4位(6回)  大谷翔平のストレートが打たれるとよく言われてるけど・・・

5位(3回)  iPhone(iOS)は日本では多いが世界的には圧倒的にAndroid

※リンクの無いタイトルの記事は他の記事と統合して今はありません

こうしてみると4位以外はしっかり反映されてますよね?つまりスマホ(携帯)関連と超古代文明関連は弱者でもアクセスしてもらえる穴場のジャンルです。ただしスマホ(携帯)は旬ものなので情報が入り次第早く書く必要があります。ついでに大谷翔平君ネタも書き方次第では穴場です。

また2位の記事を書いたのはある実験が含まれていました。順番的には3位の記事を先に書いたんですけど記事の中に「ニビル」という言葉が含まれていてその「ニビル」からクリックされていたんです。これを見て「もしかしてニビルに関連した記事を書くとアクセスにつながるかも?」と思いタイトルを「超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?」にしました。これだけキーワードを詰め込めばもしかしたらヒットすると思って。結果は成功の部類ですね。


まとめると



記事をひたすら書く
 ↓
穴場クエリ、穴場ジャンルを探す
 ↓
それに関連した記事を書く




それと面白いツールを紹介します:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

このツールに「キーワード」を入れると「キーワード+α」のαの部分が出てきますのでタイトルに入れたり記事のヒントに使ったりしてみて下さい。このツールはTwitterで出会った人から教えてもらいました。


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

「ブログタイトル」を変更しました!主にアクセスアップ関連のブログにします!

ブログタイトルを変更しました!



誠に唐突ですがブログタイトルを「ここが知りたい営業のやり方」から「ここが知りたいブログアクセスの増やし方」に変更させて頂きました。


変更した理由として

・営業の記事そのものをあまり書いていなかった

・アクセスの増やし方が私の関心事である事

・旧タイトルではあまりにも対象者が限定的であった事




こんな感じなんですけど旧タイトルとあまりにも違い過ぎるのも違和感があると思ったのでこの様にさせて頂きました(^_^;

ブログを書くという事は目的は様々だと思いますがそのモチベーション維持に欠かせない事の中で「アクセス数」は大きく関わると思います。実際にブロガーの中でアクティブは全体の2割にも満たない様です。つまり大半の人はアクセスがなかなか伸びなくてやめていく人が多いという事です。

アクセスアップに関する事は自分でもいろいろ調べましたがある事に気づきました。この手の記事を書いている人は既にそれなりのブロガーさんばかりです。なのでその成長過程がなかなか分からないのです。幸い私はまだまだビギナークラスなのでアクセスアップの成長過程は示していけると思います。

ブログタイトルを変更したのはこれだけでもアクセスアップにつながるのか検証してみたいというのもありました。

私のアクセスに関する情報は今後隠さずに公表していきます。



ブログ開設時から月毎のアクセス数

20170625135805022.jpg



今月のアクセス数

20170625135831494.jpg



今日のランキング(FC2ブログ内日記のランキング)

20170625135857082.jpg



私の記憶では412位は過去最高だったと思います。しかしこの辺の壁が非常に分厚いのは以前からずっと感じてました。


これまでに私が行ってきた事は過去記事『ブログ初心者が思い切って質問します!「Google検索について」』と被りますが以下の通りです。


今まで行ってきた事



1 ほぼ毎日記事を更新

2 更新記事をTwitterに送信(フォロー約4,900、フォロワー約3,000)

3 「はてブ」に登録

4 「相互リンクの輪」に登録

5 ブログ村に登録

6 更新記事をGoogle+に送信

7 ping送信先の追加

8 「FC2ブログ」内のブロガーさんの記事を勉強がてら読み足跡を残す→訪問者リストの足跡より私のブログにアクセス




まだまだありますが今日は8についてお話します。実際に私のブログを読んでいる方の9割以上の方が8から来て下さった方なので。

ポイントはアクティブブロガーさんのところに訪問するという事です。私はジャンル日記の1位から3,000位まで訪問していきました。1日に100件とか目標を定めて。ここで思ったのが1,000位を超えたあたりからアクティブブロガーがガクッと減る事です。ある意味これはこれで凄いと思いました。過去記事だけでそのランキングを維持できているんですからね。

あと新着記事からアクセスする事。新着記事を書くという事は間違いなくアクティブブロガーなので効果があります。新着記事は「管理画面→ランキング→アクセスランキングをもっと見る」の手順で進めると「新着記事」というところがあるのでそこからアクセスします。またジャンルを変える事によって投稿者も変わってくるのであらゆるジャンルに行きましょう。ここでの注意点は新着記事がなかなか更新されないので時間を置く事と、ブログタイトルを見ながらなるべく同じブログにアクセスしない事(時間節約の為です、記事に興味があれば読むべきです)。

あとは自分の訪問者リストを見て、来て下さった方のところにまた訪問する。毎日これを繰り返すだけで私と同じくらい訪問していけばこの水準までいく筈です!

今回は本当に基本中の基本の内容でしたがこんな感じで「アクセスアップ」につながる様な内容を書いていきます。


またSNSなど登録の仕方やデータの見方などもし分からない事があれば、参考になる記事を紹介したり、私が直接記事として書いていくのでご要望があればコメントを下さい!


追記


FC2ブログの足跡機能はアクティブユーザーが減った為あまり効果が無くなりました。なので訪問によるアクセスアップは「ブログサークル」に入る事をお勧めします。詳しくはこちらの記事「ブログのモチベを維持させる為には「ブログサークル」に入る事をお勧めします!




アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

警視庁にネルフ?犯罪ハッカー集団と戦うサイバー犯罪捜査官達!

警視庁にネルフ?


「国内外の犯罪ハッカー集団のウイルスに、警視庁が管理するパソコンをわざと感染させて、動作を監視する『潜入捜査』です。

感染したパソコンは、ハッカー集団が不正送金の指令を出したりウイルスをばらまいたりする『踏み台』に使われるため、監視すれば、逆にハッカー集団が何をしようとしているか、逐一、把握できます。警視庁は今後、不正送金などの兆候を事前に把握し、ツイッターなどで事前警告をしていく予定です」

引用元:ウイルスを「潜入捜査」する警視庁オタク集団「ネルフ」





警視庁はサイバー犯罪に対して弱いイメージがあったんですけどなんかこれは期待出来そうですね。捜査官は民間のIT企業でシステムエンジニアなどをして中途入庁したような専門家ばかりというのもさらに期待できます。

過去にテレビで観た事があるんですけどホリエモンは警視庁はサイバー犯罪に対して無能と言ってました。実際に誤認逮捕なんかあったりしてましたからね。専門家を参加させる事によってこの後どの様に変わっていくのか見ものですね。

この記事で1番ウケたのが警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課の「ネットワーク捜査指導室」をあのアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の「ネルフ(NERV)」と呼んでいることです(^-^;
公務員というとお堅いイメージがあったんですけどなんかこういうのいいですよね?


ネルフの内部を勝手に妄想してみた!


記事には書いて無いですけどネルフ(NERV)内で実際に使っているシステムをMAGIと呼んだりしてないか?とか勝手に想像してました(^^)


また会議中こんなBGMを流したりとか



まあさすがにこれはやらないとは思いますが。

あるいは捜査官の影のあだ名として

碇  :頭がキレて威圧感がある 組織内のNO1  ・・・男性

ミサト:喜怒哀楽が激しい 仕事は出来るがプライベートではだらしがない ・・・女性

リツコ:冷静沈着 MAGIに関してはピカイチ ・・・女性

冬月 :年配者 組織内のNO2 ・・・男性

マヤ :有能な若手 ・・・女性




一応「新世紀エヴァンゲリオン」を知らない方の為にネルフ内の登場人物(大人を対象)の簡単なタイプを書いたんですけど、もしこの様なタイプの人がいたら影の「あだ名」(本人の前では呼ばないが)として実際に呼んでいそうですよね?


ネルフ(警視庁)が勝つか?使徒(サイバー犯罪者)が勝つか?


追記

サイバー犯罪対策課のTwitterによる通知はこちら「警視庁犯罪抑止対策本部 」から確認する事が出来ます。



過去の通知を一部引用します。

【サイバー犯罪対策課】
ウイルス付メールが拡散中!件名は「取引情報が更新されました」「【発注書受信】」「備品発注依頼書の送付」「依頼書を」「送付しますので」「発注依頼書」「(株)発注書」。添付ファイルは書類等を装ったウイルスです。ご注意ください!
2017年Jan17日 10:13


【サイバー犯罪対策課】
ウイルス付メールが拡散中!件名は「御請求書」。添付ファイルは書類等を装ったウイルスです。ご注意ください!
2017年Jan17日 10:47


【サイバー犯罪対策課】
ウイルス付メールが拡散中!件名は「Fwd:New Order {英字}-17-0{数字} Shipping by”DHL”」。メール本文はDHLを使用したとする偽の商品発送通知で、文書ファイルを装ったウイルスが添付されています。十分ご注意ください。
2017年Jan17日 15:21



こんな感じで通知されているのでサイバー犯罪が気になる方はフォローしてチェックしてみてはいかがでしょうか?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

サービスが消費者を甘やかす?理不尽なクレームも多いがそこにはチャンスもある!

サービスに客が甘える?


『仁義なき宅配 ヤマトvs佐川vs日本郵便vsアマゾン』の著者で物流に詳しいジャーナリストの横田増生さんは言う。

「時間指定や再配達は企業側から言い出したサービスですが、利用者はその裏でドライバーたちがどれだけ大変な思いをしているのか、想像できていない。『送料無料』が当然と思う人も増え、発送する企業による宅配料金のディスカウントでドライバーの給与も下がっています」

 ネット販売をする側も苦労している。

 都内にあるアパレル企業では、通販事業者に購入者の問い合わせには24時間以内に回答するよう求められ、社員と役員が交代で土日や祝日も出勤するようにした。確かに、アマゾンの出品者向けサイトにはこうある。

「お問い合わせは、週末や祝日を含め24時間以内に回答してください」

 アパレルの男性(49)は言う。

「そこまでしなければいけないのか、と疑問に思います」

 年を追うごとに過剰になるサービスと、実態を知らずにそれに甘える消費者。同じことは、小売りの世界でも起きている。

『日本の消費者はなぜタフなのか』の著書がある中央大学の三浦俊彦教授は、

「もはや知られたことですが、日本の消費者は商品やサービスへの要求が世界一厳しい」

 と指摘する。そんな消費者がいたから日本の製造業は競争力をつけることができたのだが、

「日本企業は先回りして商品やサービスを開発することで、消費者を甘えさせてしまっている」

 消費者の利便性向上や売り上げ競争のために、サービスは手厚くなる一方。だが、それを見直そうという動きも、少しずつ出始めている。

引用元:再配達や年中無休、本当に必要ですか? 過剰品質が働く人を追いつめる



そういえば私が子供の頃は正月は開いてる店が少なく、学生の頃はGW中にお金が下ろせなくて(郵貯)すごく困った事があったのを思い出しました。休日というといろいろと出来ない事が結構あったんですね。とくにお金が下ろせないというのはいまとなっては考えられない事ですよね?

いまは買いたい物を買えないなんて事はよっぽどレアもの以外はあまりないですね。上の記事ではこういったあらゆるサービスに対して少し否定的(労働者からの視点)ですが売る側がこれを仕掛けたからある意味仕方が無いと思います。たしかに現場の人達は大変かもしれません。特に配達する立場の人は時間指定があるから効率よく回れなくて大変だと思います。交通渋滞もありますし。

ただ客がいる以上その中に必ず「クレーマー」はいますからね。私もこの「クレーマー」に頭を悩まされた事がありました。でもある方に出会って「クレーマー」に対しての考え方が180度変わりました。

その方が言ったのはこうです。


「クレームはまだ言ってくれるだけまし。1番恐いのは何も言わずに離れる客」



この話はずいぶん前に聞いた事ですがいまだに覚えています。この言葉は私の中では数少ないうちの名言です。

これを分かりやすく3パターン分けると


1 不満があっても何も言わずに離れる客

2 不満をぶつけてから離れる客

3 不満をぶつけても離れない客



まず1では何も得るものはないですよね?2は不満が分かります。3は頭にきますが不満も分かりなおかつ客でもいてくれます。

上の記事の様にサービスをする事によって客を甘やかし「クレーマー」を生み出した部分はあるかもしれません。ただ客がいる以上「クレーマー」がいない事なんてあり得ない事だと思います。


大事な事はそのクレームをどう活かせるかだと思います!


目次や最新記事はこちら

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?


私は超古代文明はあったと思っています!




その根拠は?

まだまだ未開の遺跡がたくさんある!


スウェーデン、バルト海沿岸で発見された中石器時代の遺跡。ルンド大学の研究チームは、詳細な年代を特定するべく放射性炭素による年代測定と海底の掘削調査を進めている。

ルンド大学が公開した動画では、彼らが探索した海底での様子が映し出されている。

スウェーデン・ルンド大学の研究チームによって、スウェーデン南東のバルト海沿岸に沈む中石器時代の居住地跡が発見された。

発見された遺跡は非常に保存状態がよく、エルクの角でつくられた9,000年前のものとみられる碑文入りのつるはしなどの生活用品が見つかった。碑文の意味は今後解明していくとのことだ。また、魚をまとめて捕獲するのに使う、ハシバミの棒を編んでつくった漁業用のトラップも発見されている。当時入り江で暮らしていた人々が半定住生活をしていたことがうかがえる。

今回の遺跡の発見は、考古学のみならず地質学においても重要だ。その集落に人々が暮らしていたころは最後の氷河期のあとで、現在よりも海面が低かった。その後、海面の水位が上がることで水没したとみられている。

引用元:バルト海に発見された、水没した9,000年前の集落



個人的にはもっとハイテクで超古代文明的な物が見つかって欲しかったのですがこの年代が数万前とかではなくてよかったと思います。数万前とか言われてもその辺の年代はなんか曖昧で疑わしい感じがするので。

割と最近注目されてる遺跡の中で「ギョベクリテペ」(こちら参照:人類史最古の神殿遺跡ギョベクリテペとは)がありますがこれらの発掘はどんどん進んでもらいたいと思っています。「ギョベクリテペ」の年代は正統派考古学者(定説にしがみつく学者)もしぶしぶ認めてきているみたいですからね。簡単に言うと最古の文明はメソポタミア文明と言う事になっていますが、調査が更に進むと教科書自体が書き換わる可能性が高いという事です。

これらの発掘によって定説そのものを壊して欲しいと思っています。つまり分かる事は分かる、分かってない事は分かってないと。過去の謎を探るのにこの定説がものすごく邪魔している気がします。

科学者ほど創造主の存在を信じてる?



国連がある面白い統計を発表しました。現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。

 300人の内、神を信じないと示した人は僅か20人でした。一方、神を信じると明確に示した人は242人で、世界的に著名なニュートン、エジソン、X線を発見したヴィルヘルム・レントゲン、電池を発明したアレッサンドロ・ボルタ、アンドレ・マリ・アンペール(電流のSI単位のアンペアはアンペールの名にちなんでいる)、ゲオルク・オーム(電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係を定義付けた)、キュリー夫人、アインシュタイン等々がその中に名を連ねています。

引用元:6人の現代著名科学者 彼らは何故神を信じるのか




神を信じると言うとなんとなくヤバそうな感じがしますが科学者達が信じる神とは「創造主」の事ですね。つまりこの世は偶然で出来たのではなく誰かが造ったという事です。これは創造論と呼ばれてます。創造論に対するものとして進化論があります。日本の教育では進化論を教えているので大体の人は、生物は単細胞生物から始まって長い年月を経て、魚類→両生類→爬虫類→鳥類→哺乳類と派生していったと信じる方が多いと思います。創造論は簡単に言うと創造主が万物を創ったという事です。

何故科学者が創造論を信じている人が多いかと言うと科学者はある物について深く学びますよね?学べば学ぶほど偶然で出来たとは思えないほどよく出来てるからです。例えばスマホがあるとします。スマホが偶然で出来たと言ってもみなさんは信じないですよね?百歩譲って部品を適当なところに置いていたら長い年月を経て偶然組み立てられたなんて言っても信じないですよね?科学者に言わせればそんな感覚みたいです。万物は決して偶然ではなく誰かが創ったこう信じている訳です。

私も何の疑いもなく進化論を信じていましが創造論の本を読めば読むほど創造論を信じるようになりました。創造論の方が説得力がありました。また進化論は有力な証拠も無くただの仮説という感じがしました。

創造論が正しいのかどうかは分かりませんが教育で一方的に進化論を教えるのはいま思えば納得いきませんでした。また歴史もそうです。歴史も正しいのかどうか分からない学者達が勝手に決めた定説を押し付けられているだけです。よく分かっていない事をあたかもそれが正しいと思わせるのはおかしいと思います。仮説は仮説として何通りか教えておけばどの仮説が正しいのか興味をもったり考える力も身につくと思います。

もし創造論が正しいのなら人間は元々知能が優れていてそこに超古代文明があったとしても全く不思議ではありません。

キーワードを調べると面白い事が分かる


超古代文明関連のキーワード


・超古代文明

・オーパーツ

・創造論

・巨人説

・大洪水

・シュメール文明

・惑星ニビル

・古代宇宙飛行士説





※以下ほとんどWikipediaから引用してます!

超古代文明

「超古代文明」は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、非常に高度な文明や不明な点が多い文明を指す呼称である。


オーパーツ

オーパーツは、それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指す。英語の「out-of-placeartifacts」を略して「OOPARTS」とした語で、つまり「場違いな工芸品」という意味である。
代表的な物としてピラミッド、モアイ像等の巨石遺跡。ピリ・レイスの地図、ナスカの地上絵、バグダッドの電池等。


創造論

創造論(そうぞうろん)とは、宇宙や生命などの起源を創世記に書かれた「創造主なる神」に求める考え方であり、「創造主なる神」によって天地万物の全てが創造されたとする様々な議論のことである。
創世記を教典に含む宗教には、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教があるが、これらはいずれも創造についての教えがある。


巨人説

【同】ギガントピテクス説(Gigantopithecus theory)
F.ワイデンライヒ(1945)が提出した,人類の祖型は巨人であったという仮説.この説はジャワ島および中国南部から発見された人類と大形類人猿の化石にもとづいてたてられた.ジャワ島では,トリニール原人・ロブストス原人・メガントロプス原人の順で,すこしずつ時代を遡るとともに下顎骨と歯牙が大きくなること,さらにギガントピテクスの大臼歯は,ロブストス原人の2倍にも達すること,しかも一般に巨大性と原始性とはほぼ平行するので,ワイデンライヒは,人類進化は巨人に始まり,しだいに形が小さくなり,ジャワ原人を経て現生人類に進化したと推論した。

※この説は消滅していますが巨人はいたと私は思っています。



大洪水

大洪水(だいこうずい)とはしばしば、天誅として文明を破壊するために神々によって起こされたとする神話・伝説上の洪水を指す。
大洪水(洪水神話、洪水伝説)は、世界の諸神話に共通して見られるテーマであり、聖書(旧約聖書)『創世記』のノアやノアの方舟、インド神話、ヒンドゥー教のプラーナのマツヤ、ギリシャ神話のデウカリオーン、および『ギルガメシュ叙事詩』のウトナピシュティム(英語版)の物語は、よく知られた神話である。過去現在の世界の文化のうち大部分が、古い文明を壊滅させる「大洪水」物語を有している。


シュメール文明

シュメールは、メソポタミア(現在のイラク・クウェート)南部を占めるバビロニアの南半分の地域、またはそこに興った最古である都市文明。初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川の間に栄えた。
人類最古の文明とされていたにも関わらず文字、数学、天文学、医学、法律、など完成度がかなり高いものが出来上がっていた。


惑星ニビル

ニビル(英語: Nibiru)とは、太陽系に存在するとされた仮説上の太陽系第12惑星、あるいは惑星質量天体である。太陽を非常に細長い楕円軌道で公転しているとされている。

1982年、ワシントンD.C.にあるアメリカ海軍天文台でロバート・ハリントンが木星、海王星、冥王星の軌道に摂動が生じていることを発見した。この摂動は冥王星の外側にある惑星クラスの質量を持つ天体によるものだと考えられ、ロバートはこの仮説上の天体を「惑星X」と命名した。これが後にニビルと呼ばれるようになった。名称の由来はシュメール文明の粘土板に描かれた11個の惑星のうち1つが「ニビル」と呼ばれていたことから。ニビルとはシュメール語で「交差する」を意味する。

粘土板には「ニビル」からやってきた人々が人類を作り文明を興したと書かれてる。



古代宇宙飛行士説

古代宇宙飛行士説とは、人類史上の古代または超古代に宇宙人が地球に飛来し、人間を創造し、超古代文明を授けたという科学の一説である。

スイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケンの『Erinnerungen an die Zukunft』[2]が1970年代に世界的ベストセラーとなり、一大宇宙超古代史ブームを引き起こし広まった説である。とくに『未来の記憶』で旧約聖書の『エゼキエル書』が宇宙人来訪の様子を描写しているとして話題になった。その他ナスカの地上絵も宇宙人に関連するものであるという説が有名である。その後 『星への帰還』[3]、『太古の宇宙人-太古に地球を訪れた宇宙人』、『奇跡』[4]などの著作が邦訳され、話題となった。その主な内容は以下のとおり。

巨大な考古学遺跡やオーパーツは、宇宙人の技術で作られた。宇宙人は、類人猿から人類を創った。世界各地に残る神話の神々は、宇宙人を神格化したもの。




どうですか?このキーワードだけでも結構繋がっていると思いませんか?
そこでもっと分かりやすく、私が面白いと思った動画(You Tube)を紹介します。軽量化の為に『タイトル』から飛ぶ様にさせて頂きます。

超古代文明関連の動画


動画を観たい方は『タイトル』をクリック(タップ)して下さい!
※結構長いのも多いです。飛ばしながら観るのをお勧めします。私は全部観ましたけど(・・;)



幻解!超常ファイル・スペシャル「謎の超古代文明を徹底解明!」2015年6月13日c

関連キーワード:超古代文明、オーパーツ、古代宇宙飛行士説

オーパーツを全面的に知ることが出来ます。超古代文明を最終的には否定していますが内容はとても面白いです!
栗山千秋さんが美しいのでそれだけでも見どころがあります(^^)




#4 創造論と進化論PartⅠ「化石の研究はダーウィンの進化論を崩壊させた」(字幕付き)

#5 創造論と進化論PartⅡ(字幕付き)

関連キーワード:創造論、大洪水

化石が出来る仕組みが分かって面白いです!





#10 驚くべき発見!「恐竜、ノアの箱船」 / ロス・パターソン

関連キーワード:大洪水、巨人説

本物の「ノアの方舟」が出てくるかも?





創造科学の進化セミナー1-地球の年齢-博士ケント

創造科学の進化セミナーパート2-エデンの園-博士

関連キーワード:創造論、大洪水、巨人説

この人は聖書の書いてある事を全て信じています。ちょっと乱暴ですが面白いです!




シュメール文明の謎 Zecharia Sitchin Šumeru

関連キーワード:シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説

シュメール文明の凄さが分かります!




世界中に数多く存在するオーパーツ!謎とされている物体23選!

関連キーワード:オーパーツ

有名なオーパーツを知ることができます!


※一応言っておきますけど動画の内容を全部が全部信じている訳ではありません!


これらをふまえて私が思う事をまとめると



・地球は46億年よりずっと若い

・創造主は存在した(宇宙人?)

・昔の地球はいまよりずっと重力が軽かった。この時代に恐竜がいて人類(巨人)と共存してた。またその他生物も植物もいまよりずっと大きかった。超古代文明があった。この時代に巨石遺跡を作った。

・大洪水などにより地球上の生物がほぼ死んだ→化石。重力がいまの状態になり生物が小型化した。

・大洪水の生き残りが四大文明を築いた。



こんな感じで半信半疑の部分もありますが定説(地球は46億年前に出来て生物は単細胞生物から始まって長い年月を経て、魚類→両生類→爬虫類→鳥類→哺乳類と進化していった。人間は猿から進化していって原始的な生活を送りながらだんだん賢くなり文明を築いた)よりは真実に近いものだと思っています!


信じるか信じないかはあなた次第!


追記


またオーパーツの中でも巨石遺跡が最も学者達を悩ませていると思います。関連記事とこちら「オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?」もよかったら読んで下さい!



目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR