スポンサーリンク


 

にほんブログ村(ランキングサイト)でカテゴリーを変更したらアクセス(OUTポイント)が増えるか実験してみる!

昨日書いた記事「クリック(タップ)率を上げるには位置が重要?これを活かして過去記事を読んでもらおう!」では私は「ブログ村のランキングはあまり重要視してない」と言いました。何故かと言うとOUTポイントがほとんど増えなかったからです。ブログ村のしくみが分からない方の為に簡単に説明します。

INポイント :私のブログからブログ村バナーをクリックしてブログ村に入った人の数(1人当たり10ポイント)

OUTポイント :ブログ村の中に入っている人が私のブログにアクセスした人の数(1人当たり10ポイント)


下画像を見て下さい!


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可


OUTポイントを見ると10~30ポイントです。私は1日の1回(10ポイント)自分に入れているのでここ1週間は1日当たり0~2人しかブログ村にいる方からアクセスしてもらっていなかったのです。そんな訳で昨日「ブログ村のランキングは重要視してない」と言ったのです。ところがブログ村は参加するカテゴリによってOUTポイントは差がつくとの情報を得た為早速試してみたくなりました。ブログアクセスについて書く立場としてはこの情報は見過ごせません。

という訳で早速記事の下にバナーを置きました(^_^;
私はいままで主に「経営者ブログ⊃営業」と「ブログブログ⊃ブログアクセスアップ」にいました。そこでは1日に多くても5人しかアクセスしてもらえませんでした(トーナメントも参加したりトラコミュでトラバしてもこの結果でした)。
今回は「生活ブログ⊃節約・節約術」というところに参加しました。ここを選んだ理由は全体的にOUTポイントが高かったからです。ちなみに今の段階ではINポイントでランキングが近い方と比べても私だけダントツでOUTポイントが低いです。まさに公開処刑の状態で場違い感があります(・_・;)
それと記事の内容に対して「節約・節約術」という所も場違い感はありますが大目に見て下さい(^_^;


注目すべきところはOUTポイントが増えるか否かです。
この結果は後日記事(おそらく1~2週間後)として報告します!


追記


結果はこちらの記事「にほんブログ村(ランキングサイト)でカテゴリーを変えてからのアクセス(OUTポイント)の変化・・・」を参照して下さい!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

クリック(タップ)率を上げるには位置が重要?これを活かして過去記事を読んでもらおう!

広告やランキングバナーをクリックしてもらう為にはやっぱり位置が重要です。

実を言うとある実験を行っていました。私は今までブログ村のバナーを記事の下(Twitterマーク)の拍手マークの上に置いていました。1日当たりINポイントを150~200ポイント(15~20回クリックされていた)頂いてました。ここで記事の下のバナーを無くしてブログ内の右側にある枠(PC用テンプレートのみ)にランキングバナーだけにしてみました。その結果は下画像参照。


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可

結果は11/20から激減していますね。やっぱりクリックしてもらう為には位置が重要ですね!記事の下が強い様です。ちなみにいまはブログ村のランキングは重要視してない(OUTポイントが上がらないから)のでしばらくはこのままでいきます。

この結果を見て重大な事に気づきました。右側には「カテゴリ」とういうブログではとっても重要な欄がありますよね?という事はここもクリックされてないのでは?と思い確認したらほとんどされていませんでした(゜o゜;


カテゴリという欄は訪問して頂いてる方に他の記事も読んでもらう為には必須です。しかしここがクリックされづらい位置ではかなり勿体ない事をしています。という事で目次というページを作りました。これをやっている方は結構多いですが効果はあります!

記事には賞味期限が長いものと短いものがありますよね?私のブログで言うと長いものは「1.ブログアクセスの増やし方やブログ豆知識」「8.営業のやり方」そのほかの記事は割と短いと思います。特に「やり方」を書いたものは何度も読んでもらえる可能性があるのでこれらの記事に誘導する事はとても大事な事だと思っています。

目次を作った事によっていままでは過去記事へのアクセスが0に近かったものがいまではそれなりに増えてきました。目次の作り方は「記事の日付」をずっと先の未来にする事。こうする事によってトップページを開いたときに1番上にくるので目立つ様になります。

またもう一つ重要なのが「ホームボタン」です。
例えば検索エンジンから「キーワード」でアクセスしてもらったときはほとんど個別記事に飛びます。こうなると読者にとってはブログの全体像がなかなか分かりません。こんな経験ありませんか?「もっといろいろ読みたいけどどこに何が書いているのか分からないもういいや!」という事。大体はホームボタンをクリックすればいいんですけどそのホームボタンがなかなか見つからなくて読むのをやめたなんていう事は私もあります。テンプレートの種類にもよりますが分かりづらかったり小さくて目立たないものが多いですね。

という事で各記事の最後に「目次や最新記事はこちら」という「ホームボタン」に該当するものを置く様にしました。こちらも純正の「ホームボタン」よりもクリック率は高くなりました。

これらをする事によって訪問して頂いた方に少しでも多くの記事を読んでもらえる様になりました。もしよかったら参考にしてみて下さい。まだまだ勉強中ですが今後もブログに役立ちそうな知識を発信していきたいと思います。




最後に面白いデータを紹介します。目次を作ってからの拍手数(クリック数)の変化です。下画像参照。
※画像のものは「FC2ブログ」のスマホ、タブレット用のアプリです。



拍手数に注目して下さい。11/25までは平均的で目次を作ったのは11/27ですが11/26からは拍手数が見事に「目次(はじめに!)」に分散されていますね。
やっぱりトップ記事は強いという事ですかね?(^_^;


読者のみなさんご協力ありがとうございました!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

ネットワークビジネス(マルチ商法)のターゲット(標的)は若者になる?SNSを利用したものが増えそう!

こちら参照:新成人マルチ商法の標的 18歳引き下げで被害拡大?

マルチ商法はそのものは合法です。ただメディアが挙げるマルチ商法は大体悪徳マルチ商法を指していますね。まあ合法とされているマルチ商法でさえも勧誘の仕方や販売方法などで強引なやり方する人が多いからあまりいいイメージはされていませんけど。混乱を避ける為に以下は合法なマルチ商法をネットワークビジネス、違法とされるものを悪徳マルチと呼びます。

上の記事では選挙年齢が18歳に引き下げられたことに伴い,民法の成年年齢もこれに合わせて引き下げる方向での議論が進んでいるという事でもし成年年齢18歳に引き下げられたら悪徳マルチの被害者が増えるのでは?という内容です。

ネットワークビジネスはいまは20歳以上からでないと法律上できない事になっています。これがもし引き下げられたらそれに伴い悪徳マルチも合わせてくるから被害者は増えると思います。若い人程世間を知らない分だまされやすいですからね。今後若者をだますのに鍵を握るのはやっぱりSNSだと思います!



本当にややこしくてすいません。以下「ネットビジネス」という言葉が出てきますが上の「ネットワークビジネス」とはまた意味が違います。ここで言う「ネットビジネス」はSNSを使ったビジネスと思って下さい。

以前にもこれと似た様な記事を書きました。「最近ネットビジネス系の勧誘が多いですね」「ネットビジネス?
簡単に言うと「ネットビジネスで稼ぎませんか?」みたいなDMを送って何度かやりとりをして直接会って高いツール(いろいろなタイプがある様です)売りつけていくようです。最近テレビのニュースでも報道してました。この手の手口は成功者を装い相手に憧れさせて「君もこれをやれば稼げるよ」という感じで売っていくみたいです。実際ツールは価値の無い物でやっぱり若い人が多く騙されている様です。またツールを買った人に今度は売る側にさせていくみたいです。現時点で「悪徳マルチ」と「ネットビジネス」の複合版があるのです。

いまの状態でさえ若い人がだまされているのですから成年年齢を下げるとさらに被害者は増えるでしょう。また手口も巧妙化されていくと思います。
私の予想ですが今後はリア友が少ない人をターゲットにLINEグループに誘ってワイワイやって断りづらい環境を作ってだます方法が増える気がします(既にあるかもしれませんが)。


だまされない為に「楽して稼げる!」「誰でも稼げる!」
これらの甘い言葉はまず疑いましょう!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

「アルコールハラスメント」これは本当にやめて!だから飲み会離れが進むのでは?

こちらの参照:なぜ、アルコールハラスメントは根絶されないのか?

年末が近づき飲み会は増えてくると思います。「嫌だなー」と思う方も結構いると思います。以前書いた記事「飲み会ももはや古いのでは?」では私が飲み会を嫌いな理由を書かせてもらいました。

嫌いな理由の大部分を占めているのはなんと言っても上の記事にある「アルコールハラスメント」です。


アルコールハラスメントを簡単に言うと

・飲めない人に強要すること
・場を盛り上げるためのイッキ行為
・酔ったうえでの迷惑行為
・意図的な酔いつぶし
・飲めないことをバカにする

等です。本当に飲み会の「あるある」ですね!しかも94%の人が「アルコールハラスメント」に対して「絶対によくない事だと思う」と答えています。アルコールがアルコールハラスメントを呼び込んでいるのでしょうか?よく運転すると人が変わる様にこれと似た感じですかね?

「若者の飲み会離れ」の話題はよくとり挙げられますが、基本的に日本人の約半数が体質的にアルコールがダメだそうです。その上この「アルコールハラスメント」があるのですから「飲み会」を好まない人がいるのは当然だと思います。

飲むのをすすめるのは別に構わないのですが1回断ったらそこでしつこく強要せずウーロン茶やジュースに切り替えればいいだけの話だけなんですけどね。飲むつもりがなくて車で行ったのに飲まされて代行を頼まざるを得なくなった事も何度かあります。


飲み会を楽しくする為に「アルコールハラスメント」は絶対にやめてもらいたいです!



目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

ブログのミニ版がミニサイト?作るのは簡単だけど稼げるの?

こちら参照:ほったらかしで月10万稼げる!? 新たな副業として注目の「ミニサイト」って?

「ミニサイト」というのは今日初めて知りました。ミニサイトは簡単に言うとブログを「車情報誌」と例えるならミニサイトは「カタログ」にあたる様な感じです。つまりカテゴリを絞った専門的なサイトです。

作り方はレンタルサーバーを利用して「WordPress」などで作るそうです。


上の記事で気になった部分がありますので引用します。

「ブログのように書き続けるプレッシャーもなく、YouTuberのように人を引きつける説明スキルも必要なし。ページビューが少なくても、オンリーワンのテーマで訪問者をがっちりつかむことができるので、放置状態でも収入を得られる仕組みを作ることができます。」

あたかもブログより楽で稼げる様な表現をしていますよね?私はすぐに疑問に思いました。まず絞ったカテゴリーの中で行うと検索順位が低かったらその時点でただの「死にサイト」になりますよね?かといってマニアックなカテゴリで勝負してもあまり人がこないですしもの凄くリスキーな感じがします。結局1番難しいのがここですからね(ミニサイトそのものが検索順位が上位になるなら話は別ですが)。これだとお金を払って広告に載せてアクセスを増やすしか手段がない様な気がします。

少なくともブログをかじった事のある方なら簡単にできない事ぐらいはすぐに分かる事だと思います。ブログをやった事ない人に「ブログは面倒だから楽なミニサイトで稼ごうよ!」と言っている様な感じがします。

「ミニサイト」は凄く面白いものだとは思いますがいきなりミニサイトをやるのはちょっと現実的ではないと思います。それならこのFC2ブログの様な無料ブログを利用してその+αとして行う方がよっぽど現実的だと思いました。



無料ブログがサービスの延長線上で「ミニサイト」を始めればそれが1番いいんですけどね!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

Google(検索エンジン)から検索順位を上げる(クリック率を上げる)為の準備!ブログ初心者必見!

Google(検索エンジン)から評価される為には多くのアクセスをもらうのが1番ですが結局それが1番難しいんですよね。
今回はその種まきとなるものを紹介します!しかも面倒な事は極力避け、多くのブロガーさんが既に習慣づいている事にちょっと手を加えるだけのものを3つ厳選しました。



1.どうせ記事を更新するならPing送信しましょう!

多くのブロガーさんは頻度に個人差がありますが記事は更新してますよね?その更新情報を各サーバーに知らせる作業です。Ping送信を使います。これをする事によって各サーバーに「記事を更新したよ」と伝わり検索エンジンの評価が上がりやすくなる様です。
やり方は簡単です。URLをPing送信登録するだけです。

まず以下のURLコピーして下さい。


http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://www.blogpeople.net/ping/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://xping.pubsub.com/ping/      ←FC2ブログの方はここまで
http://ping.fc2.com/



FC2ブログのやり方を紹介します!(FC2ブログ以外の方は「ブログ名 Ping送信 方法」等で検索して下さい)  

管理画面→環境設定→ブログの設定→下の方に更新情報(Ping)設定というところがありますので枠にコピーしたものを貼り付けて更新をクリック

下画像を参考にして下さい。


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可









※既にいくつかPing送信先がある方はその下から貼り付けて下さい!

短時間に何度も記事を更新するとGoogleからペナルティを受ける可能性があるのでご注意下さい!

これは1度設定すると後は記事を更新するだけで自動的にやってくれるのでまだやっていない方はやった方がいいと思います。



2.どうせコメントを書くならURLを入れましょう!

多くのブロガーさんは他人のブログに対してコメントを入れた事があると思います。ただ意外な事に自分のブログのURLを貼っている人はそれ程多くないですね(私も最近始めたんですけど)。

やり方はとっても簡単です。コメントを書くときURLの欄に自分のブログのURLをコピペするだけです。
下画像参照





メリット

・送られた相手が返信をしやすい、アクセスしやすい。特にブログの種類が違う場合に有効です。逆にこれがないと相手はアクセスしたくても出来ません。

・コメントそのものに興味をもった第三者がそこからアクセスしてくれる場合があります。

・リンク先が増える(他サイトから自分のブログにアクセスできる)為、検索エンジンから評価されやすくなる。


3.どうせGoogleアカウントを持っているならGoogle+を始めましょう!

多くのブロガーさんはGoogle search console(旧ウェブマスターツール)に登録していると思うので既にGoogleアカウントを持っている人は多いと思います。

それならGoogleが運営してるSNS『Google+』にも登録しておいた方がいいと思います。私がブログの宣伝用として使っているSNSはTwitterとGoogle+だけですが体感ではGoogle+の方が効果があります。ブログ宣伝用のコミュニティもありますのでそこに参加する事をおすすめします。コミュニティのところで「ブログ」で検索すればいくつか出てきます。積極的にフォローしていく必要はあります。更新記事のURLを貼って「ブログ更新しました」等のコメントを入れて投稿するだけです(私はやっていませんがブログと連携させて自動投稿もできるみたいです)。
結局他人のブログに興味があるのはブロガーですからね。
何よりもGoogleに評価される可能性もあります!


上に挙げた事はすでにされている方もいるとは思いますがまだされた事のない方はやった方がよいと思います!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

続きを読む


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

女性歌手の方が男性歌手より声が劣化しやすい?気のせい?

年末になると歌番組が増えてきますね。歌番組を観て毎回思う事があります。昔(売れてた全盛期)はもの凄く歌が上手かったのに声が出なくなった、声の質が変わったと。特に女性歌手の方が劣化が激しい気がします。気になったので調べてみました。

詳しくはこちら参照:声も年齢とともに老化する?! しわがれ声の予防策とは?

期待を裏切ってすいません(^_^;残念ながらこの記事には女性の方が劣化しやすいとかは書いてありませんでした。ただポイントは年とともにに劣化する。声帯も筋肉で動くから意識して動かし筋力低下を防止する事は可能との事。

ますます謎は深まるばかりです。私が感じるのは女性の場合は30代位ですでに声が出なくなっている人が多い気がします。歌手だけあって声帯の筋肉は使っている筈なのに。しばらく売れてなくて(テレビなどの露出が減る)あまり歌ってなかったからでしょうか?

確かにこのパターンはあるとは思います。

歌番組でのあるある

久しぶりに見た→期待でワクワク→あれ?


でもたくさん歌っている筈なのに劣化している人もいますよね?かつて歌姫と呼ばれた〇〇さんとか。

歌い過ぎのせい?分からない事だらけで本当にすいません。


これから歌番組が増えていくと思うので気に留めてみて下さい!

私の気のせいだけかもしれませんが女性歌手の方が男性歌手より声が劣化してる人が多くないか?



目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?

私が超古代文明を信じる様になったのは巨石遺跡の存在です。
百聞は一見にしかずなのでまず画像を見て下さい!


サクサイワマンの城塞跡

20161122174919186.jpg


オリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩)

20161122175236586.jpg


イースター島のモアイ像


20161122175509990.jpg


ギザのピラミッド(クフ王)


20161122175643612.jpg


作られたとされる年代、大きさ重さなど(画像含めほぼWikipediaなどを引用)


サクサイワマンの城塞跡:西暦700から1,500年。最大の巨石は360トンを越すと言われている。

オリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩):西暦1,400から1,500年。一枚平均 高さ4メートル・幅2.5メートルの岩が横一列に並べられている。一枚あたりの重さは50トンから80トンと言われる。
この屏風岩が建てられているのは、高さ150メートルほどの丘の上であるが、材料を切り出したと思われる場所は、この丘の下を流れる川の向こう岸の山の中、それも高さ330メートルの地点である。


イースター島のモアイ像:西暦1,100 から1,300年。大きさは3.5m、重量20トン程度のものが多いが最大級のものは20m、重量は90トンに達する。島で産出される凝灰岩でできており、建造中に放置されたものも含め約900体ある。運んだ距離で最も長いものは島の岸まで約15km。


ギザのピラミッド:紀元前2560年頃に20年前後かけて建築されたと考えられている。現在高さ138.74m(もとの高さ146.59m)、底辺230.37m、勾配51度50分40、容積約235.2万m3で、平均2.5tの石灰岩を約270万-280万個積み上げたと計算される。


ちなみに私はこの作られたとされる年代はすべて疑ってます。ギザのピラミッド以外は割と最近ですよね?
直感的に言うとそもそもこんな凄い物をこんな最近作れたならその作り方などは文字等の記録として残るか語り継がれていくと思います。

サクサイワマンの城塞跡とオリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩)は何が凄いかと言うと、石と石の間がピッタリくっついています。よく例えられる表現ですがカミソリの刃すら入らないそうです。これを手作業で叩いて削って数10トンもあるものを運んで組み合わせる。現代技術でも難しい様です。

モアイ像の石は比較的加工はしやすいみたいですがどうやって10km以上運んでどうやって立てたかです。最大のものは20m、重量は90トン。20mというとマンション6階建て相当ですよ。1tは乗用車1台。

ピラミッドを20年で作るとなれば1日の半分の12時間を作業時間とし、365日、20年間作業をして石を200万個運んだと考えると、2分30秒に1個のペースで数トンもの石を積まなければならないことになる。また1個60tを超える花崗岩の石材が王の間に多数使用されている。ピラミッドに関しては語りきれないので下動画もよかったら観て下さい。




作り方の仮説を立てるとなると決まってコロ、ソリ、ロープが出てきますがこれにはどう考えても限界があると思います。また石の加工は手作業で叩く。これもとてつもなく時間がかかります。

定説に従った年代で考えるとその年代にあった道具の範囲内でしか作り方を考えられない為誰も納得がいく説明が出来ないのです。

でもその定説から外して考えるとつじつまは合ってきます。それが超古代文明の存在です。

超古代文明:「超古代文明」は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、非常に高度な文明や不明な点が多い文明を指す呼称である。

この超古代文明は大洪水などの大災害によって失われたとされます。アトランティス大陸やムー大陸はあったかどうかは分からないですけど洪水によって失われた文明はあったと思います。

洪水はさまざまな神話で語り継がれていた事と化石の存在が何よりの証拠だと思います。化石が出来る条件は簡単に言うと瞬間的に死んで泥水などに閉じこめられる事。恐竜の様なとてつもなく大きな化石があるくらいだから大洪水の規模は想像もできない程だった筈です。

また恐竜について少し話をしますが、ある一説によるといまの重力なら恐竜が自分の体を支えられないそうです。なので昔の地球はいまより重力が軽かった。私はこの説を信じてます。例えば大きなトンボなどの化石は実際にありますからね。でもいまは化石の様な大きなトンボはいません。また酸素濃度もいまより高かった、琥珀(コハク)の中にあった空気の酸素濃度が実際にいまよりも高かったみたいです。

生物は全体的にいまより大きかった。人間も大きかった(人間と思われる大きな化石も発見されてます)。寿命もいまより長かった。



これらをふまえて巨石遺跡に関して私なりの考えをまとめると

・重力が軽いときの時代の為、石はいま程重くなかった。人間も大きく(巨人)相対的に現代人よりもずっと力があった。体が大きかった為、建造物の大きさの感じ方は相対的に現代人よりも小さい。

・超古代文明の技術で建てた。


こう考えれば建造物の大きさも含めてつじつまは合うと思いませんか?

信じるか信じないかはあなた次第!

また関連記事として「超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?」もぜひ読んで下さいm(_ _)m


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

バルト海に遺跡が発見?

こちら参照:バルト海に発見された、水没した9,000年前の集落

また遺跡が発見された様ですね。個人的にはもっとハイテクで超古代文明的な物が見つかって欲しかったんですけど。ただこの年代が数万前とかではなくてよかったと思います。数万前とか言われてもその辺の年代はなんか曖昧で疑わしい感じがするので。

割と最近注目されてる遺跡の中で「ギョベクリテペ」(こちら参照:人類史最古の神殿遺跡ギョベクリテペとは)がありますがこれらの発掘はどんどん進んでもらいたいと思っています。「ギョベクリテペ」の年代は正統派考古学者(定説にしがみつく学者)もしぶしぶ認めてきているみたいですからね。簡単に言うと最古の文明はメソポタミア文明と言う事になっていますが、調査が更に進むと教科書自体が書き換わる可能性が高いという事です。

これらの発掘によって定説そのものを壊して欲しいと思っています。つまり分かる事は分かる、分かってない事は分かってないと。過去の謎を探るのにこの定説がものすごく邪魔している気がします。

話は変わりますが実を言うとさっきまで「超古代文明」について書いてましたが間違って消してしまいました(・_・;)
8割くらい出来ていましたが最後のツメの段階でやらかしてしまいました。
失われた文明を追い求めていたら私の記事が失われてしまいました(^^;)
もうモチベが無くなって他のネタを探していたら上の記事に出会いました。

という事で今日はそのつなぎみたいなってしまいました。
明日は「超古代文明」を書きます!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

Google(検索エンジン)からの評価が低くてもアクセスを得る為の裏技を紹介します!

ブログを始めて誰もが味わう壁はGoogle(検索エンジン)からなかなかアクセスを拾えない事でしょう!
私もまだその段階です。それもその筈で検索順位は弱肉強食だからです。
アクセスの少ないブログは記事を書いてもまず検索上位にはきません。そうなれば当然検索エンジンからのアクセスは拾えません。

私もどうしたらアクセスを拾えるのか試行錯誤しました。いろいろ調べて「記事タイトル」が大事という事をよく目にしました。これは間違いありませんが問題はそれからどうするかです。弱者だとタイトルにキーワードとなりそうなものを入れてもなかなか上位にきません。そんな事を繰り返していくうちにある事に気づきました。

これからは私がたまたま発見したオリジナル法と穴場のジャンルを紹介します!

まずは記事をひたすら書くこと:ここからヒントが生まれてきます。

まず下画像を見て下さい!ここからGoogle search console(旧ウェブマスターツール)のデータを使います。
Google search consoleのクエリと表示回数をチェックするとクエリの表示回数がランキングとして出てきます。
※Google search consoleのデータはyahooからのクリックはカウントされないみたいです。


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可

このクエリ(検索クエリ)は検索によく使われるキーワードの軸だと思って下さい。例えば1位の「日本 カジノ」なら「日本 カジノ 法案」などとクエリ+〇〇の様に実際には検索されてる筈です。

このランキングは私がいままで書いてきた記事の中で最も検索されたキーワードです。ただしアクセスとは必ずしも一致してません。競争率の高いクエリからはなかなかアクセスしてもらえません。

クリックに繋がったクエリはこの下です。クエリとクリック数をチェックします。(掲載順位はこれだけ弱者という事を分かってもらう為にわざと入れました)



ここで何が読みとれるかというと「スマホ(携帯)関連」と「超古代文明関連」が実際にクリックされています。


実際にクリックされた記事のランキングです。



実際の記事は下です!(ついでに読んでもらえると嬉しいです)

1位(10回)  ガラケーが終了?そしてガラホ?

2位(9回)  超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?

3位(6回)  地球がヤバい?

4位(6回)  大谷翔平のストレートが打たれるとよく言われてるけど・・・

5位(3回)  iPhone(iOS)は日本では多いが世界的には圧倒的にAndroid

こうしてみると4位以外はしっかり反映されてますよね?つまりスマホ(携帯)関連と超古代文明関連は弱者でもアクセスしてもらえる穴場のジャンルです。ただしスマホ(携帯)は旬ものなので情報が入り次第早く書く必要があります。ついでに大谷翔平君ネタも書き方次第では穴場です。

また2位の記事を書いたのはある実験が含まれていました。順番的には3位の記事を先に書いたんですけど記事の中に「ニビル」という言葉が含まれていてその「ニビル」からクリックされていたんです。これを見て「もしかしてニビルに関連した記事を書くとアクセスにつながるかも?」と思いタイトルを「超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?」にしました。これだけキーワードを詰め込めばもしかしたらヒットすると思って。結果は成功の部類ですね。

まとめると

記事をひたすら書く
 ↓
穴場クエリ、穴場ジャンルを探す
 ↓
それに関連した記事を書く


それと面白いツールを紹介します:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

このツールに「キーワード」を入れると「キーワード+α」のαの部分が出てきますのでタイトルに入れたり記事のヒントに使ったりしてみて下さい。このツールはTwitterで出会った人から教えてもらいました。


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR