スポンサーリンク


 

いまの若者は意外に出世欲がある?出世欲の有無は会社の制度でだいぶ変わる!

「さとり世代」でも昇進はしたい?! 来春新社会人になる大学生の約7割が出世願望アリ!




来春新社会人になる大学生の75.5%は出世願望はあるそうです。上の記事を読んで少し安心しました。やっぱり出世欲は無いよりあった方がずっといいと思います。私も新卒で入社するときは出世欲がかなりありました。

ところがこの出世欲を維持できるかどうかは入る会社によってかなり差が出るんですよね。

出世欲が無くなる会社の例

①どう見ても仕事が出来ないのに役職についている人がいる

②役職がついても大して給料が変わらない

③役職の人が理不尽な責任を追わされる


①は割とあるあるですね。要領がいいのは認めますけど人の上に立つ以上はそれなりに仕事がいけないと思います。ただ単に上に気に入られて出世したんだなと思ってしまうと逆の発想も生まれてきます。仕事が出来ても上に気に入られ無ければ出世できないと。

②はやっぱり役職がつく以上はそれなりに給料が上がらないと出世しようとは思わないですね。

③役職者は責任を追わされるのは当たり前ですがどう考えても理不尽な責任を追わされているのを目の当たりにすると出世欲が無くなります。

出世欲が無くなる要因はまだまだあると思いますが大体のパターンはこれらが組み合わさったものだと思います。これもまた会社に入ってからでないと分からないのが厄介ですね。


出世欲をキープできる会社の例

・特定の売上を3ヶ月キープすると役職がつく

・役職手当5万円

・規定以下の売上で降格するが返り咲き昇格は何回も可能

これは私が実際にいた営業会社の制度です。すぐに役職につけるのが魅力的でした。営業の場合は数字がハッキリしているのでこの様な制度が可能ですが、他の仕事でもこれに似た感じで評価がある程度数値化されていて目に見える形があれば面白いと思います。

来春新社会人になる大学生の75.5%は出世願望はある様ですが数年後この数字がどう変わっていくのか気になるところです!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

にほんブログ村のカテゴリーを強制移動されてしまった(>_<)通報されたらアウト!

2016年12月19日の事ですがブログ村のカテゴリーを強制的に変えられてしまいました。思ったよりもずっとブログ村ってシビアなんですね。カテゴリーと違った記事を書くと通報されて村長さんが選んだカテゴリーに飛ばされてしまいます。

いままで「その他生活⊃節約・節約術」「ライフスタイル⊃シンプルライフ」「哲学・思想⊃スピリチュアル・精神世界」に参加していましたが「その他生活⊃節約・節約術」「ライフスタイル⊃シンプルライフ」の2つを一遍に追い出されてしまいました。いろいろ調べましたが特に「節約・節約術」から追い出された人は多い様です。そしていまは「ブログブログ⊃アクセスアップ」「哲学・思想⊃スピリチュアル・精神世界」にいます。村長さんがご丁寧に選んでくれました。

この後「その他生活」と「ライフスタイル」いうカテゴリーは出禁にされました。どういう事かと言うとカテゴリー変更でこれらを選んでも「カテゴリー○○へのご参加はできません。」となり登録不可となります。

OUTポイントはもちろん激減してます。これはもちろんカテゴリーと違う内容を書いた私も悪いのですがなぜカテゴリーを変えたのか村長さんにも分かってもらいところです。

ブログ村のカテゴリーは多すぎて過疎地と過密地の差がありすぎます。詳しくはこちら記事「にほんブログ村(ランキングサイト)でカテゴリーを変えてからのアクセス(OUTポイント)の変化・・・」を参照して下さい。正確に言うと参加人数ではなく読者人数という部分で。はっきり言って参加するカテゴリーでOUTポイントの差がありすぎます。私も好き好んでカテゴリーを変えた訳ではありません。INポイントで1位をとっても参加するカテゴリーによってOUTポイントが全然増えないからです。これなら1位になっても意味がないと思います。

ランキングサイトの参加意義はいかにアクセスしてもらえるかだと思います。いくら1位をとってもそこからアクセスしてもらえなければただの自己満足だけになってしまいます。カテゴリー分けはある程度は必要だと思いますがいまのブログ村はこの格差社会がひどいと思います。はっきり言ってカテゴリーはいまの三分の一まで絞っても全く問題がないと思います。むしろその方が各カテゴリーに対して読者が増えて活気が沸くと思います。

私はこの後「ブログ村」に要望として「カテゴリーを減らしてもらいたい」または「参加カテゴリーの自由度あげてもらいたい」という主旨を「ブログ村」の掲示板に書き込みます。もし数日後に私のブログ内にあるブログ村バナーが消えていたらBANされたと思って下さい。また読者さんの中で私と同じ様に思っている方がいましたら要望として書き込んでもらえると嬉しいです。


追記


強制移動されたのはこれだけではありませんでした。詳しくはこちらの記事「にほんブログ村からまた強制移動させられたから「要望掲示板」で悪あがきをしてみた!」を参照して下さい!



アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

政治に無関心・期待をしてない人が多い原因を考える!報道の仕方や受け身だからではないか?

こちら参照:「日本の若者は政治に関心がない」は本当か?





よく「日本の若者は政治に関心がない」と言われていますが上の記事では結論として、いまも昔も若者が政治に関心がないのはそれ程大差がない、世界的に見ても日本の若者だけが特別に政治に関心がない訳ではない、との事です。
では年齢を重ねれば政治に関心をもつかというと少し疑問を感じます。
政治に関心をもつと言うより「政治に関心があるフリ」をしている人が増えてるだけの様な気がします。

例えば政治でよく「〇〇問題」というキーワードが出てきます。よくメディアなんかで街を歩いている人にこの意味が分かるか質問してもほとんどの人が答えられません。言葉だけ知っていてもその本質が分かっていないのです。これって政治に関心があると言えるのでしょうか?

また政治に期待してない人も結構多いですね。「誰がやっても変わらない」とよく聞く言葉です。

私の考えですが政治に関心がない、政治に期待してない理由は2つ考えられます。

①難しい

②人を選ぶ事しか出来ず自分の意見を反映出来ない

①はそのままだと思います。よくメディアなんかでも「〇〇問題」とあたかも誰もが知っているかの様に報道します。意味すらまともに知らないのにその中身を一生懸命報道しても誰もが理解出来る筈がありません。政治の報道そのものが中級者から上級者対象になっているのです。例えるなら小学一年生に六年生の授業を受けさせている様なものです。ほとんどの人が報道についていけてないのです。「池上彰さん」の番組の視聴率が高いのはみんなが分からないところを分かりやすく教えてくれているからだと思います。
また政治に限らず、法律や役所に関わる様な書類これらの文章は全体的に言葉がややこし過ぎると思います。誰もが理解しなければならない事なのになぜ理解しづらい文章にする必要があるのでしょうか?言葉や文章はその対象者に伝わらなければ何も意味がないと思います。

②は人を選ぶだけで後は任せるだけになってしまいます。また選挙の演説ではごもっともな事を言ってても当選してしまえば全く逆の事を行う人も少なくありません。こういった事で政治不信になり期待しなくなっていくと思います。

これらの原因で「政治に関心がない」「政治に期待してない」となっていると思います。

なので政治に関心をもたせる為にはまずメディア、政治家が国民全体が理解できる様に伝えなければいけないと思います。また義務教育でももっと世の中の仕組みやいまの政治に直面している問題なども取り入れていくべきだと思います。

また個人的に今後やってもらいたいのは国民が政治に参加できる事です。例えばネットなどで自分が思っている案を書き込み、その反響が多ければ実際の国会の議案に採用されるとか、また賛成反対の多数決に参加できるとか。少し暴走してしまいましたが何らかの形で国民が国会に参加できる様になればもっと議員を減らせると思いますし、政治に興味をもつ人は増えていくと思います。またいままでの政治とは違った斬新な案が出てくるかもしれません。

政治が変わらなければこの先ずっとこのままだと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

経済政策は貯蓄0の人達を支援しないとダメじゃないの?広がる格差社会について!

いまの日本は3人に1人は貯蓄0と言われています。

私も貯蓄0の生活は嫌という程経験してきました。大変恥ずかしい話ですが一人暮らしをしていた頃は家賃を最大6ヶ月まで滞納してたときがありました(・_・;)こんな私を見捨てずに追い出さなかった大家さんにはいまでも感謝してます。




今日は家計の収入と支出のバランスとそのときの私の心理状態がどうであったか語らせて頂きます。
1ヶ月当たりの支出に対して収入がいくら余っているか?ここに焦点を当てます。
ここで言う1ヶ月当たりの支出はあくまで何事も起こらないときです。(友人の結婚、思わぬ車の修理代等は除く)

20,000円未満のとき

借金するレベルです。常に1日をどう暮らすのか考えています。給料日までがとにかく長い。


20,000~50,000円未満のとき

実質はトントン。何かあったらすぐに貯蓄0に戻ります。あれが欲しいこれが欲しいと思っていても手が出せなくて、常に思わぬ出費があってもらいたくないと願っている。

50,000~100,000円未満のとき

このレベルでようやく「たまには美味しい物を食べよう」「近場なら旅行しよう」と思える様になる。買い物に対してようやく選択肢が増えていく。

100,000円以上のとき

大分心理的にもゆとりが出てくる。50,000円以下の買い物ならそれ程抵抗を感じなくなるレベル。


かなり大ざっぱに分けましたが私の経験からするとザッとこんな感じです。

メディアが挙げる経済的な数字は大きなものばかりです。例えば東証一部上場企業のボーナスがどうだったとか、公務員の年収がどうだったとか。これらの数字が上がっても恩恵を受けているのはごく一部の人達だけです。
1番注目してもらいたいのが最も多くの人が関わっている中小企業の数字です。

最近「池上彰さん」の番組でもやっていましたがバブル経済が崩壊と共に収入格差がどんどん広がっている様です。どういう事か簡単に言うとごく一部の人が多くのお金を持ち大部分の人はお金をあまり持ってない。極端に言うとこういう事です。

つまり最近の「景気が良くなっている」という報道は「ごく一部の人だけが潤っていて大部分は潤ってない」という事と同じ意味だと思います。
人口の割合に対して大部分の人が「景気が良くなっている」と感じなければ本当の意味での「景気が良くなった」とは言えないと思います。

まずは貯蓄0の家庭を何とかしなければなりません。上で述べた様に貯蓄0の家庭は月収の手取りが最低10万円以上上がらなければまず経済的な幸せを感じないと思います。実際に貯蓄0の家庭は今までの収入でも足りてないくらいだからここで収入が上がっても消費はしていく筈です。そうなれば消耗品はもちろんの事、家電や家具や車などの耐久消費財ももっと売れていくと思います。

なので経済政策として最もやってもらいたいところはお金が足りてない家庭に対しての支援です。

支援:現金支給、食品券等の支給、減税(社会保険も含む)、企業に対して給与引き上げの命令、副業の促進等

この支援はまだまだいろいろな手段があると思いますがいまの生活から比較して月収の手取り換算で10万円以上ないとそれ程効果がないと思います。かなり現実離れした考えだと思われるかもしれませんが私はこのくらい極端な事をしないと日本全体が幸せムードにはならないと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

ブログ初心者が成果報酬型広告で初めてアフィリエイト収入をゲット!その広告は・・・

ブログを始めてから成果報酬型広告で初めて収入を得る事が出来ました。(下画像参照)


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可


その広告は↓です!





FC2アフィリエイトです!
こちらに登録して頂いた方ありがとうございますm(_ _)m
FC2アフィリエイトはFC2ブログ以外の方でももちろん始める事ができます。またFC2ブログの方はすでにアカウントをお持ちなので登録もあとは銀行口座や住所などの必要事項を登録するだけです。
広告数はそれ程多くはないですが上の広告の様に無料登録して頂くだけでコミッションが入る広告があるのも1つの魅力です。もし興味がある方はぜひ覗いてみて下さい!

私のブログにもFC2ブログ以外の方も増えたので今回はFC2についてお話します。

まずはFC2ブログです。

無料ブログの中ではかなり自由度が高いブログです。特徴をまとめると

・テンプレートの種類が豊富

・HTML、CSS編集が可能

・ほとんどのアフィリエイトに参加できる(Google AdSenseは有料プランで独自ドメイン必須)

・スマホ、タブレットの対応アプリがありそこから書き込み、編集も可能

・容量10GB

「無料ブログ 比較」などで検索してもほとんどの人が高評価しています(もちろんアンチの方もいます)。私は総合の評価が高かったのでFC2を選びました。
またFC2を使って良かったと思う事は「足跡機能」です。こちらはFC2ブログ同士のブログに入ると入ったブロブに自分の足跡が残りそれを見た人が自分のブログに入ってくれる事がよくあります。現に私はいままでこの方法でアクセスを増やしてきています。詳しくはこちら
この「足跡機能」からリピーターになって頂いた方はランキングサイトの投票などにとても協力的です。実際に私はブログ村でもPVポイントが少ない割にはINポイントは高い方です(いまは3つのカテゴリーに参加してます)。
もしいま利用しているブログに不満がある方は検討してみて下さい!
またブログそのものを切り替えなくてもFC2ブログにいま利用しているブログのリンクを貼る、またはリダイレクトを設定して足跡機能を利用してアクセスを増やすという選択肢もアリかと思います。これを実際にやっている方も結構います。

FC2ブログは↓





つづいてFC2動画です。これは三大動画「You Tube」「ニコニコ動画」「FC2動画」の1つです。他の2つの動画では観れない様な動画も結構あります!スマホ、タブレット用のアプリも有り。

FC2動画は↓





FC2にはまだまだ様々なサービスがありますがいずれも1つのアカウントから始められます。
今回はアフィリエイト、ブログ、動画を紹介しましたがこの中で1つでも興味があるものがありましたらぜひ覗いてみて下さいm(_ _)m


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

消費をしない若者?それとも消費を出来ない若者?ミレリアル世代の傾向とは?

アングル:倹約は若者の美学、ミレリアル世代の消費スタイル

上の記事を引用すると

ミレリアル世代: 高級ブランドになびかず、所有よりも共有に価値を見いだす新しい消費スタイルが広がっている。主役は2000年以降に成人や社会人となった20―35歳のいわゆる「ミレニアル(新千年紀)世代」だ。



ミレリアル世代とは初めて聞きました。俗に言う「若者の〇〇離れ」の世代ですね。
背景として景気が低迷してたときに育った為だそうです。確かにこの世代の女性はブランドものとかに飛びついてる印象はないですね。男性も車にあまりオプションとか付けてないですし。

何かと必要以上の物に対してお金をかけていない感じですね。「かっこよさ」よりも「実用性」や「コスパ」を重視していますね。悪い事ではない、むしろ賢いとは思うんですけど物を売る側、開発をする側は物凄くやりづらくなっているとは思います。いまでのやり方では全く通用しなくなっていますからね。ここ最近だと社会現象になる様なヒット商品もこの世代には無いような気がします。ブームに流されるという事もあまり無いですね。

またスマホを上手く使いこなしているから本来なら買う物を買わなくてよい様にしたり、物を安く買うのが上手い様な気がします。こうしてみるとよい事ばかりの気がします。ただ心配なのは今後の経済の動きですね。

高い物を買わない、必要な物以外を買わないこれだと経済的には良くないですね。
それ以前に給料が安い、上がる見込みがない、先行きの不安から消費しない、できないのかもしれません。

この先の経済はどうなるのでしょうか?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

あなたの家の住宅営業マンは大丈夫?トラブルを避ける為の悪質リフォーム業者の見分け方は・・・

「屋根が壊れていますよ」にご注意! 数万で済むと思ったら高額請求されることも

よく悪徳リフォーム業者の話は聞きますね。上の記事では業者が「屋根がおかしい」というところから入り込み外壁の修理までもっていく業者が多いから気をつけなさいという様な内容です。確かに悪徳な業者はいるかもしれません。

ただ私に言わせれば屋根だけの修理だけで終わる様な業者の方がむしろ危険だと思います。なぜそんな事を言えるのかと言うと私はいま屋根屋をやっているからです。

簡単に説明します。例えば家が雨漏りをしているとします。雨漏りをしているということは水がその部分だけでなく家のあらゆるところに伝わっている場合があります。そうなると柱や外壁の内側などに水が入っていてすでに木が腐っている場合が多いのです。私は下請けの立場ですが元請けの住宅営業マンは家の造りに詳しくない人がほとんどです。この手の営業マンは表面的な部分しか見ないのがほとんどです。

特にすでに雨漏りをしてる屋根を剥いだ場合には屋根を支える骨の部分や板などが腐っている場合がかなりあります。現場の人間としては直した方がよいと思っているのですが「予算が決まっているからダメ」となります。こんな事はしょっちゅうあります。なので私としては屋根の修理だけで終わる方がむしろ危険だと思います。

危険な住宅営業マンの特徴として指摘されたところだけしか見ない、指摘されたところの見積もりだけしかしない。つまり家の全体像を見ないという事です。屋根から雨漏りがあると言われれば屋根しか見ず屋根しか見積もらないんです。こうなってしまうとそれ以上の事が出来なくなって中途半端な修理しか行えない場合が多いんです。下請け業者としたらここが1番歯がゆいところです。

ただ悪徳なリフォーム業者は逆にあれもこれもと広げてきますよね?見極めは難しいと思います。対策法としてまず自分がいろいろとネットなどで調べる事です。それなりに調べる人に対しては悪質業者なら面倒くさがります。それともう一つは悪いところの写真を撮ってもらったり自分が実際に見る事です。これらをする事によって悪質業者なら嫌な反応をすると思います(悪質でない営業マンも嫌がるかもしれないですが・・・)。大事な事は自分が納得するまで聞く事、調べる事です。

最後に屋根が雨漏りしてるかどうかの簡単なチェック法を紹介します!
軒天井(通称軒天)を見る事です。(下画像参照)



この屋根の下の部分にシミがあったりボロボロに塗装が剥げていたらかなりの確率で雨漏りしています。
もしそうなっていたらすぐに確認した方がいいと思います。
放っておくといざ修理するときに余計な出費がかかる場合があります!


追記

新築住宅をこれから建てる方はこちらの記事「これから家を建てる方へ・・・屋根屋目線からの注意点とアドバイス出来る事!」も是非読んで下さい!



目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

ついに検索エンジン(Google、Yahooなど)の掲載順位で1ページ目まで登りつめた!そのアクセス数は?

以前書いた記事「Google(検索エンジン)から掲載順位が変動する為の目安(アクセス数)は・・・」から続くお話です。
まず結論から言います。
Yahoo!検索でキーワード「ブログ アクセス 増やし方 FC2」で検索した場合、本日12月14日に初めて1ページ目に表示される様になりました。(下画像参照)


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可


ちなみにGoogleでは今日は5ページ目(最近コロコロ変動が有り)です。

実を言うと12月11日(日)にアクセスを上げる為に2つ行動しました。

①FC2ブログ内の新着記事をひたすら訪問(全体の半分くらい)

②ブログ村の参加カテゴリーを1つから3つに変更

その結果は下画像参照(12月10日から12月11日の変化に注目して下さい!)



①は単純作業なので②のブログ村の参加カテゴリーについてお話します。

12月10日までは参加カテゴリーを「その他生活⊃節約・節約術」のみ参加してました。
以前書いた記事「ブログ村でカテゴリーを変えてからのOUTポイントの変化・・・」では参加カテゴリーはINポイントを10位以内にしてから余ったポイントで他のカテゴリーに参加した方が良いのでは?と言いましたがこのカテゴリーで10位以内は難しいと思ったので試しに「ライフスタイル⊃シンプルライフ」に参加しました。思ったよりもずっとOUTポイントが伸びたのでその日の夜にまた「哲学・思想⊃スピリチュアル・精神世界」にも参加しました。
結果は下画像参照(12月10日から12月11日の変化に注目して下さい!)



OUTポイントが増える事は想定していましたがINポイントも増えたのは思わぬ収穫でした。おそらくOUTから入った人がバナーをクリックしてくれたものだと思います(①の新規さんの中でクリックしてくれた人もいると思いますが)。クリックしてくれた方に感謝いたします。

この様な結果になったのでブログ村でのOUTポイントがなかなか伸びない方はINポイントが少なくても思い切って参加カテゴリーは増やしてもよいと思います。ただし参加カテゴリー選びはとても重要です。無難に選ぶなら私と同じカテゴリーでもよいかと思います。またINポイントも思ったよりも伸びたので新着記事さえどんどん更新すればINポイントもOUTポイントも同時に伸びて相乗効果が得られる様な気がします。ちなみにいまの私では1日に1つの記事だけでいっぱいいっぱいです(^_^;

話をまた検索エンジンに戻します。検索エンジンの掲載順位はまだまだ謎が多いです。GoogleとYahoo!の差など。
ただ今日の朝まではYahoo!で検索キーワード「ブログ アクセス 増やし方 FC2」で5ページ目にいました。
1つの目安として1日当たりユニークアクセス数が約250、トータルアクセス数が約380くらいでそれなりに競争率が高い「キーワード」でも掲載順位が1ページ目にくる可能性があるという事を今後の参考にしてみて下さい!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

若者はネットの情報を鵜呑みにしやすい?嘘と本当の見分け方はまず比較する事!

こちら参照:ネットで嘘の情報を見抜くための3か条

上の記事では若者ほどネットで嘘に騙されやすいとの事です。

嘘を見抜く為には

1.“検索結果上位”を安易に信用しない

2.誰が発信しているのか、情報源を確認しよう

3.複数の情報源を当たろう

との事です。




たしかにネット上では嘘も多いかと思いますがそれを言うならメディアそのものを全て疑った方がよいと思います。
私に言わせればネット上での情報の嘘なんてカワイイものの様に思えます。例えば芸能関係の週刊誌などは本当かどうか分からない、どう考えても嘘の情報に対してお金まで払わせてます。まあ買う人の大半はそれを承知して買っているとは思いますが。

ネットの場合だと複数の情報がある為すぐに比較する事が出来ます。逆にテレビが全盛期のときは最大の情報源がテレビであり絶対的な信頼感があった為、発信した情報が嘘であっても大半の人が信じていました。しかしネットの普及によりテレビの情報だけでは信用できないとなりネットでいろいろ自分で調べる様になってきたものだと思います。

若者程ネットで嘘の情報に騙されやすいとの事ですがこれはネットのせいでは無く単に若者そのものが嘘の情報に騙されやすいだけだと思います。むしろいまの若者の方が昔の若者よりも騙されづらいと思います。昔の若者は「口裂け女」とか「人面犬」とか信じていましたからね(^^;)どうせ騙されるなら若いうちからいろいろ騙されてその見破り方を学んだ方が賢明だと思います。

また話は変わりますが誤った情報という部分ではブログも気をつけなければいけませんね。いまはネットで調べ事をすれば大体は誰かのブログに行き着きます。ただ調べ事をしてる本人がブログをやった事が無い人の場合それが素人が書いたブログだと分からず書いてある事をそのまま信じる事も多いと思います。なので嘘や誤った情報は書くべきではないですね。


本当か嘘かの見極めとしてネット上に複数の情報が無い場合はまず疑った方がいいという事です!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

給料(給与)をすぐ上げてくれる会社はどれだけあるのか?成果がすぐに反映されないとモチベーションが下がる!

「時給や月給で働く人」が貧困化する理由

上の記事を簡単にまとめると

時給制の問題点は仕事のクオリティや成果にあまり関係なく賃金が支払われる為サボったり一生懸命仕事をしなくなる場合がある。
      ↓
経営者は低賃金で一生懸命働く外国人を選ぶ。
      ↓
機械化進み人がいらなくなる。
      ↓
労働時間に関係がなく成果でお金がもらえる人になろう。

とこんな感じです。




たしかに時給や月給制だとあらかじめもらえる給料が決まっている為どうしても気が緩みがちです。特に私の場合はモチベーションを維持させる事が大変でした。今日は仕事に対してのモチベーションのお話をします。私はモチベーションに大きく関わる事はお金だと思います。「世の中はお金じゃない」とか言う人がいますが私に言わせればそれは本当にお金に困った事が無いだけだと思います。以前書いた記事「副業専門の派遣会社があったら面白いかも?」では会社を辞めてから3つの仕事をかけ持った話をしました。もう少し詳しく話します。

ある会社(副業禁止)で部署が変わり月給の手取り約4万円減りました。それから4~5ヶ月程経ち生活がボロボロになり先行きの不安を感じ仕事に対するモチベーションも無くなり辞めました。このときはとにかくお金に困っていた為なるべく時給が高いところを選びながら働き先を探して最終的に仕事を3つ抱えました。月収は約33万円程でしたが前の仕事に比べたらよっぽど経済面で楽になりました。モチベーションは仕事さえ休まなければお金が入るという考えがあったので前の会社にいたときよりもずっとありました。数か月続けていくうちにようやく経済的に少し余裕が出てきました。

ところが平日メインで働いていたところで派遣切り(全員)されてしまいました(^^;)この派遣切りのおかげで面白い仕事に出会えました。広告に月収50~60万以上可能とか書いてありました、どう考えても怪しいですよね?でもどんなところか興味あったので面接を受けに行きました。内容は経費自腹で完全歩合制の営業です。ずっと作業系の仕事ばかりだったので営業と聞いただけでやりたくなりました。給料は詳しくは言えませんが嘘ではなかったと言う事です。残り2つやってた仕事はすぐに辞めました。

モチベーションはいままでやっていた仕事の中では最高でした。給料はやればやっただけ入る形でしたからね。経費が自腹な以上当然赤字になる日もありましたがそのプレッシャーがモチベーション維持につながっていました。もちろん売れない日が何日か続くときがありましたがそのマイナス分を取り返す程の売上がとれたときは何とも言えない喜びがありました。自由なところに行けるし出勤するしないも自由でした。会社員ではなく個人事業主扱いでしたからね。ちなみにいまはもうこの仕事をやっていません。

仕事とモチベーションの関係

・どれだけ頑張ればどれだけ給料が入るか明確な事
・頑張り(成果)がすぐに給料に反映される事。

モチベーションは人間関係なども大きく関わっていきますがお金の面で言えば上に挙げた2点だと思います。いまある企業はほとんどこれが無いんですよね。年功序列を廃止して能力主義とかずいぶん昔から言っている割にはその能力と給料の関係が曖昧過ぎると思います。

企業は従業員の能力とモチベーションを最大限に引き出したいのならどれだけ頑張ったらどれだけ収入を与えるか示していくべきだと思います。


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR