スポンサーリンク


 

8 営業活動のアポをとる為のポイントとは?商談中に次のアポをとろう!

アポは商談の入口でとても重要です。顧客との期待度が低ければ低いほど難しくなっていきます。逆に期待度が高ければ「〇日空いてますか→いいよ」で決まる程楽にとれます。ここでは少しだけ新規のアポどり例を紹介します。



新規のアポ

「初めて電話をかけさていただいてます〇〇社の〇〇と申します。〇〇などを取り扱っている会社なんですが御社の仕入担当の方をお願いします。」

ここで担当者が出なかったら担当者の部署名と名前を聞いておく。出張中などの場合はいつ戻るのか聞いておく。それと直通の電話番号があるかないか聞いておいた方がよい。

担当者が出た場合

「初めて電話をかけさていただいてます〇〇社の〇〇と申します。〇〇などを取り扱っている会社ですが一度商品を見てもらってもよろしいですか?」

ここでNOなら「弊社では定期的に新商品を開発しているのですがそのときはまたお電話をかけさせて頂いてもよろしいですか?」などと言ってしばらく間をおいてからまたかける。

ポイントとしては担当者の名前を知る、またかけてもよいか確認する事です。新規アポは白黒ハッキリしてるケースが多いので数をこなしましょう。簡単な例だけ挙げましたがスキル的な部分は奥が深いので本などで学んだ方が良いでしょう。

既存顧客のアポに関しては初回は電話でアポをとりその後は実際の商談の中でなるべく次のアポをとりましょう!アポをとる為に大事な事はその商談中に宿題をもらう事です。

宿題例:見積、サンプル、企画書、情報など

ここで次のアポの日時がハッキリしないケースも出てきますが大まかな予定は立つと思います。その場では大まかに何週間後くらいなりますと伝えておいて予定がはっきりしたら電話で「この前お話した件ですが予定がはっきりしたで〇〇日に伺ってもよろしいですか?」とすればアポもスムーズにいきます。

また自社の開発中の新商品があるのなら途中経過の物(企画書、デザイン画、部品など)でも十分に提案のネタになりますのでのでこちらでも次回のアポに繋げましょう!


ルートセールス編はこちら


一般営業職編はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

関連記事

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

コメント

非公開コメント

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR