テレビについて!みんなが知りたい事、本当の事を伝えないと視聴者がもっと減っていくのでは?

何でも書きますがブログアクセスアップの仕方(主にFC2ブログ)を模索したり、気になったニュースに対してコメントします!

 

テレビについて!みんなが知りたい事、本当の事を伝えないと視聴者がもっと減っていくのでは?

テレビは報道が規制されている?



「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演した松本人志さんが、「いまだに事務所の力関係があり、大きい事務所のスキャンダルは扱えないことがある」「でもそういうのは一般の人にバレていて、『何であのニュースを扱わないの?』と思われてしまう」とコメントしたのです。

「テレビ業界と芸能界におけるタブー」とも言われる内容であり、自身も大手芸能事務所の『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』に所属しているだけに、思い切った発言であるのは間違いありません。

引用元::テレビと芸能界のもはや隠しきれないタブー  松本人志とフジテレビの勇気ある「告発」




テレビ


テレビには圧力がかかっていて報道が規制されている様です。

過去に遡ってしまいますが、私が1番モヤモヤしたのが福島第一原発事故のときです。単純に考えて原子炉に大量の水を注入していたにも関わらず水位が上がらないのはどこかに穴が空いているからに決まっています。これは素人でも分かる事ですよね?でもそのときは回りくどい事ばかり伝えて穴が空いている事をなかなか伝えませんでした。また放射能が漏れると人体にどの様な影響を及ぼすか、あるいはどのくらいの範囲まで影響を及ぼすかなどをなかなか伝えませんでした。私が知りたかった(多くのもそう思っていたと思いますが)内容はここでした。すぐに知りたかった内容にも関わらずなかなか報道されませんでした。

これらの事は現場の人間なら事故直後にはすぐに知ってた筈です。また報道する側も真実は知ってた筈です。にも関わらずなかなか報道されなかったのは圧力がかかっていたからでしょう。

この経緯により国民はメディアや国が報道する事に対して不信感を抱いたと思います。原発に反対する意見はいろいろとあると思いますが私が反対する1番の理由はここです。「何かが起こっても真実を教えてくれない」こんな危険なものを真実を話さない人達に任せることは出来ません。危険なのはもちろんの事何かが起きた場合真実をすぐに伝えなかったり、避難指示などの対策をすぐに行動させないのが嫌なんです。

と、話が原発の方に脱線してしまいました(^_^;

報道の話に戻します。私の場合はテレビでの情報を第一には考えていませんが「テレビ離れ」が進んだとはいえまだまだテレビの影響力があるのは事実です。特に年配者にとってはテレビが最大の情報源と思っている方も少なくないと思います。報道とは国民が真っ先に知りたい事、興味がある事を伝えないといけないものだと思います。それが圧力によって規制されているのでは報道する価値がないと思います。日本の報道の自由度ランキングは年々下がっている傾向です。オブラートに包まれた情報などいりません、知りたいのは真実です。

この先日本はテレビをはじめとして報道の自由度は上がっていくのでしょうか?

テレビ離れの原因を考える!



無職や高齢者の視聴時間は増加しているが、テレビを視聴する人は全体的に微減しており、中でも特に若い男性がテレビを見なくなっている。マイボイスコムが昨年『テレビの視聴スタイル』に関するインターネット調査を実施したところ(回答数1万356件)、テレビ放送をリアルタイムで見る場所は「家族とリビングなどで」が6割強、「一人で、リビングなどで」が4割強、「一人で、家族とは別の部屋で」が2割弱という結果になった。

 また、テレビ放送を見る人のうち、リアルタイム以外に見る人は8割弱で、「DVD・BDレコーダー等に録画したものをテレビで見る」が7割弱で最多となっている。また「ユーザー投稿型動画共有サイト」「テレビ局などのオンデマンドや動画配信サービス」などが1割以下と続いた。

引用元:「平日にテレビをつけない」人が増加、変わりゆくテレビの視聴スタイル



もう「テレビ離れ」は何年も前から言われてます。私もテレビをあまり観なくなりましたが(正確に言うとテレビはつけてはいるが聴いてるだけ)その原因として「You Tube」の存在は大きいと思います。テレビだと自分が観たい内容でなければ観ないですよね。その点動画だと観たい内容のキーワードを検索すれば何かしらヒットしますし何度も観れるし飛ばしたいところは飛ばせるし。

ぶっちゃけテレビ番組もそのまま投稿されている事も多いので観たいテレビ番組を見逃したとしてもそれ程困りません。

そういえばテレビの全盛期の頃だと観たいテレビ番組に対して自分が時間を合わせてました。観たい番組がある場合は早く帰ったりどうしても観れないときは録画したりと。

よくテレビが面白くなくなったとか言われていますがそれはちょっと違う様な気がします。テレビを観てた頃はネットがまだ普及していなくてみんなが観ていてから話題についていく為に観ていた部分がありました。その中には自分ではそれ程面白いと思わないものも観ていました。

テレビだけでなく全体的にで言える事ですが何が変わったのかと言うとあらゆる事に選択肢が増えた為昔の様に皆が皆ブームに流されなくなっただけだと思います。
つまり自分が良いと思ったものは良いし悪いと思ったものは悪いとハッキリ評価する様になっただけだと思います。

まとめ



テレビ離れの原因として考えられる事


・報道に対しての不信感

・ネット(動画も含む)の普及



大ざっぱに言うとこんなところだと思います。スマホが普及している以上誰でも簡単に知りたい情報をすぐに引っ張り出せる様になりました。この時点で既に選択肢があるのです。その上テレビの報道には規制がかかっているとなるとテレビを観る理由が無くなってしまいます。情報が正しいかどうか、足りない部分があるかどうかはその気になれば簡単に比較出来ます。


ネットという手軽に情報を得る手段がある以上、今後テレビで求められる事は信頼性とオリジナル性だと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)
関連記事


 生活

4 Comments

がちょー  

黒猫さま、こんばんわ。

私はネット動画ばかりで、テレビはNHKニュースしか見ておりません
真実はオブラートに包まれて、大切な事は言えないと思いますね。

真実は意外と、SNSにあるかも知れませんよねv-290

2017/01/12 (Thu) 19:43 | EDIT | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

言いたくても言えないのは現場の人もモヤモヤしそうですね。

そう言えば中国船と海上自衛隊の衝突もYou Tubeによる暴露でしたからね。

圧力によって閉ざされる様な情報はネットによる暴露からですね!

2017/01/12 (Thu) 20:11 | REPLY |   

えいしん  

テレビや新聞等利益が必要な会社は「規制」かかりますね!

えいしんです。

テレビや新聞等、「利益」が必要な会社は「規制」かかりますね!
これは、現状では、どうにも難しい問題かと思います。
何処からもお金を貰わないで運営できれば、どの様な「圧力」
も無視できるのかも知れませんね。

それでは、お疲れさまでした。

2017/01/12 (Thu) 21:24 | REPLY |   

黒猫  

えいしんさんへ

テレビ業界にしてみれば言いたくても言えない歯がゆさはあるでしょうね!
場合によっては顧客の悪い情報を報道しなければいけない事もありますし。

また視聴率をとる為に現場の人が報道したい事よりも別の内容を報道しなければいけなくなったり。

報道関係にとってこれらは「永遠のテーマ」ですね!

2017/01/12 (Thu) 21:43 | REPLY |   

Leave a comment