スポンサーリンク


 

テレビについて!みんなが知りたい事、本当の事を伝えないと視聴者がもっと減っていくのでは?

こちら参照:テレビと芸能界のもはや隠しきれないタブー  松本人志とフジテレビの勇気ある「告発」





最近テレビ離れがどんどん進んでいますね。

上の記事を簡単にまとめると

松本人志さんが「テレビはいまだに事務所の力関係があり、大きい事務所のスキャンダルは扱えないことがある」「でもそういうのは一般の人にバレていて、『何であのニュースを扱わないの?』と思われてしまう」とコメントしたのです。
小倉智昭さんが、「(松本さんのコメントは)そのとおりでしょうね。そういう縛りみたいなのがありますよ」とあっさり同意したこと。

つまりテレビには圧力がかかっていて報道が規制されているという事です。

過去に遡ってしまいますが、私が1番モヤモヤしたのが福島第一原発事故のときです。単純に考えて原子炉に大量の水を注入していたにも関わらず水位が上がらないのはどこかに穴が空いているからに決まっています。これは素人でも分かる事ですよね?でもそのときは回りくどい事ばかり伝えて穴が空いている事をなかなか伝えませんでした。また放射能が漏れると人体にどの様な影響を及ぼすか、あるいはどのくらいの範囲まで影響を及ぼすかなどをなかなか伝えませんでした。私が知りたかった(多くのもそう思っていたと思いますが)内容はここでした。すぐに知りたかった内容にも関わらずなかなか報道されませんでした。

これらの事は現場の人間なら事故直後にはすぐに知ってた筈です。また報道する側も真実は知ってた筈です。にも関わらずなかなか報道されなかったのは圧力がかかっていたからでしょう。

この経緯により国民はメディアや国が報道する事に対して不信感を抱いたと思います。原発に反対する意見はいろいろとあると思いますが私が反対する1番の理由はここです。「何かが起こっても真実を教えてくれない」こんな危険なものを真実を話さない人達に任せることは出来ません。危険なのはもちろんの事何かが起きた場合真実をすぐに伝えなかったり、避難指示などの対策をすぐに行動させないのが嫌なんです。

と、話が原発の方に脱線してしまいました(^_^;

報道の話に戻します。私の場合はテレビでの情報を第一には考えていませんが「テレビ離れ」が進んだとはいえまだまだテレビの影響力があるのは事実です。特に年配者にとってはテレビが最大の情報源と思っている方も少なくないと思います。報道とは国民が真っ先に知りたい事、興味がある事を伝えないといけないものだと思います。それが圧力によって規制されているのでは報道する価値がないと思います。日本の報道の自由度ランキングは年々下がっている傾向です。オブラートに包まれた情報などいりません、知りたいのは真実です。

この先日本はテレビをはじめとして報道の自由度は上がっていくのでしょうか?


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

関連記事

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

コメント

黒猫さま、こんばんわ。

私はネット動画ばかりで、テレビはNHKニュースしか見ておりません
真実はオブラートに包まれて、大切な事は言えないと思いますね。

真実は意外と、SNSにあるかも知れませんよねv-290

がちょーさんへ

言いたくても言えないのは現場の人もモヤモヤしそうですね。

そう言えば中国船と海上自衛隊の衝突もYou Tubeによる暴露でしたからね。

圧力によって閉ざされる様な情報はネットによる暴露からですね!

テレビや新聞等利益が必要な会社は「規制」かかりますね!

えいしんです。

テレビや新聞等、「利益」が必要な会社は「規制」かかりますね!
これは、現状では、どうにも難しい問題かと思います。
何処からもお金を貰わないで運営できれば、どの様な「圧力」
も無視できるのかも知れませんね。

それでは、お疲れさまでした。

えいしんさんへ

テレビ業界にしてみれば言いたくても言えない歯がゆさはあるでしょうね!
場合によっては顧客の悪い情報を報道しなければいけない事もありますし。

また視聴率をとる為に現場の人が報道したい事よりも別の内容を報道しなければいけなくなったり。

報道関係にとってこれらは「永遠のテーマ」ですね!
非公開コメント

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR