スポンサーリンク


 

理不尽な命令は要注意!上司が口を出しすぎる会社にはいるべきではない!





世の中には理不尽な事ってたくさんあると思います


とても共感がもてる記事を見つけました!

「社会人になったら会社や上司の命令は絶対で理不尽なことにも頑張って耐えなければいけない」という話をどこかで聞いて、絶望的な気分になっている人もいるかもしれません。よくある新人へのアドバイスに「会社に入ったらどんなに嫌なことがあっても3年は頑張って耐えろ」というものがありますが、こういうアドバイスを聞くと社会人になると嫌なことがたくさん待ち受けていて、それを耐えるのが新人時代の義務のように思えてきます。

このような「社会人になったら理不尽なことにも耐えなければならない」という考え方は妥当ではない。

「理不尽なことに耐えれば成長できる」という勘違いをしています。冷静に考えてみると分かりますが、実際には理不尽なことに耐えることと、成長することに因果関係はありません。

参照元:「社会人=理不尽にも耐えなければいけない」という誤った常識



とこんな感じです。

理不尽な事からは何も得られない事の方が多いと思います。理不尽と思う事が多いと思う様な会社ならば辞めるべきだと思います。

私が思う理不尽な事の根源は「年上あるいは長くいる人が偉いという風習」です。これに尽きると思います。

まず中学校の部活動に遡ります。中学から突然年上の人を「〇〇先輩」と呼ぶ様になります。そして特に体育会系でありがちな「くだらない伝統」があります。例えば「1年生が掃除」「1年生は球拾い」など。

高校になればこれがさらにエスカレート。

「自分がされてきた事を今度は新人に押し付ける」すごく馬鹿げた事だと思います。
生まれた年がほんの数年早いだけでそんなに偉いですかね?

これが社会人になるともっとタチが悪くなります。自分が間違っていようが年下の言う事は聞く耳を持たずに、自分の考えばかりを押し付ける者が多くなります。

年上だからといって傲慢な態度をとり、また年下を見下す者が多すぎます。
ただ早く生まれただけなのにこの考えはおかしいと思います。
経験則ですが上司が年下の方がよっぽど楽でした。年上の上司だと聞く耳を持たない人が多かったので。

企業は新人を採りますがこの様な考えの者が多い様な会社ではそもそも新人を採る意味がないと思います。
企業が新人を採る最大の意義は「新しいアイデア」によってその企業が変わる事だと思います。若手の言う事に聞く耳を持たない会社は変化しないと思います。変化を望まないのなら派遣やバイトだけ雇えばいいんです。

また働く立場としても私もいろいろな会社にいましたが、上が方針やらやり方までガンガン命令してくる様な会社は楽しくありませんでした。納得がいかない、理不尽な事に命令されるのも苦痛でした。それに対し上が口を出さずに自由に動かせてくれる会社は「仕事してる」という感じがして楽しく自分自身の成長にも繋がったと思います。


良い上司悪い上司の違いとは?


目上の者に仕える場合、してはならないことが三つある。それは他でもない、軽はずみ、隠し立て、目が見えないことである。軽はずみとは、相手がまだ話題にしないことまで先取りして言うこと。隠し立てとは、意見を求められても答えようとしないこと。目が見えないとは、相手の顔色も読まないでまくしたてること。

『論語』にはこういうアドバイスが随所にちりばめられている。人間学の教科書として、まさに打って付けだと言ってよい。

参照元:『論語』に学ぶ部下が絶対にしてはいけない3つのこと



この記事を読んで嫌な事ばかり思い出しました(笑)仕事をする上で上司の影響力は大きいですよね?部下を生かすも殺すも上司にかかっていると言っても過言ではありません。私がいままで仕事をした中で本当に良いと思った上司は2人しかいませんでした。ではどんな上司が嫌だったのか特徴を挙げていきます。

嫌だと思った上司の特徴



自分の思うやり方でないと認めない:仕事とは何通りもやり方がありますよね?その中でいろいろ試してみて自分が一番このやり方がしっくりくるっていうのがありますよね?なのに上司が選んだやり方でないとダメと押し付ける。

会議になったら自分ばかり延々と話す:これって会議とは言えません。

すぐ馬鹿にする:上司うんぬんより人間性の問題ですね。

自分に甘く他人に厳しい:最低ですね。


まだまだ言い出したらキリがありません。思い出すだけで腹が立つので良い上司の特徴を挙げます。

良い上司の特徴


やり方は全て自分に任せてくれる:仕事の楽しさを感じるときは、まず自分で考えてやってみてダメだったら試行錯誤をして上手くいったときだと思います。

褒めるべきところは褒めてくれる:これは本当にモチベーション上がります。

やりたいと思った事を提案したときやらしてくれる:実際にこんな上司が本当にいたんですよ。その方はやらない事に対してはすごく怒るけど何かをやる事に対しては失敗してもいいからやれ!というタイプでした。

まとめ


私が嫌だと思った上司は総じて口を出す。良いと思った上司は小言を言わず任せてくれる
良い上司の行き着くところは結局ここだと思います。仕事をする上で一番大事なのは気分良く出来る事だと思います。なので部下を生かすも殺すも上司が口を出すか出さないかで大分決まってくると思います!


「上の命令に従え」的な会社はいるべきではないと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)
関連記事

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

コメント

黒猫さま、こんばんわ~

上が口を出しすぎる会社、まさにここですよv-12
ただ、一部には味方になってくれている上司のおかげで首がつながってもおりますよv-290

この味方の上司がいなくなったら、クビか 私から辞めますがね^^

がちょーさんへ

味方がいるかいないかで大分変わりますね。

私の場合新卒で入った会社は直属の上司が私の事を認めてくれていたのでモチベーションを維持できました。
その上とはかなりやり合って(ダメだと思った事はズバズバ言いました)嫌われてましたけどね(^^;)

上から目線は大嫌いです(^^;)

だれが思いついたのか「理不尽」という言葉!

えいしんです。

この「理不尽」という言葉があるおかげで、
理屈に合わない内容が、全て「理不尽」として
片づけられてしまいます。
だれが思いついたのか「理不尽」という言葉!
ですね。
その「単語」のせいで、「世の中は理不尽だらけだ!」
等と、「諦めろ!」、と言わんばかりのセリフが飛び出し
ます。
「理不尽」なのだから、「仕方がない」と思わせるための
「単語」に聞こえるのは、私だけでしょうか?
・・・スミマセン、何か脱線しました。
兎に角、「理不尽」な言動をする人間には、「従うな!」
という事ですね。

それでは、お疲れさまでした。


えいしんさんへ

たしかに便利な言葉ではありますね(^^;)

日本は年の差だけで差別的な事が多すぎる様な気がします。
個人的には最低限敬語を使うだけでいい様な気がします。
この敬語を使う使わないでこの差別がある様にも思えますが(・・;)

私の場合は年の差だけで差別する様な人は尊敬できません!
非公開コメント

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR