黒猫

黒猫

BOOWYの魅力について

 

BOOWY LAST GIGSのジャケット

今回は伝説のロックバンド「BOOWY」について語らせていただきます!

BOOWYは日本の音楽全体に大きな影響力を与えました。実際にBOOWYに憧れてミュージシャンになった人は数え切れない程います。

私もBOOWYが好きなのでその魅力を語ります。ちなみに私はBOOWYのリアルタイム勢ではありません。BOOWYを聴く様になったのは残念ながら解散後です。ただ解散後でもまだまだ人気は根強く残っていました。

BOOWYの魅力はなんと言ってもライブにあると思います。

ハッキリ言ってCD版だけではここまで人気は出なかったと思います。とにかくライブ版だとギターのアレンジといい力強い歌声といいCD版とは比べものにならないくらいの迫力がありました。

聞き比べた方が手っ取り早いですね!

「NO NEW YORK」の比較

CD版

ライブ版

いかがでしたか?同じ曲とは思えない程ライブ版の良いと思いませんか?

ファンの熱気も凄いですよね!また動画を観て分かったと思いますが男性のファンが多かったと思います。BOOWYの凄さはここだと思います。男性だけのバンドでヴォーカルがイケメンだと普通なら女性ばかりのファンになりがちなのに男性からも支持されています。男性目線でもカッコイイんです。

ここで多くの人が憧れて長期に渡るバンドブームを引き起こしました。私もその中の1人ですが(^_^;おそらくバンドのコピーはBOOWYがもっともされていると思います。また上に挙げた「NO NEW YORK」はBOOWYコピーの基本でこの曲が1番コピーされていると思います。

そして人気絶頂時に解散という訳です。今となってはYou Tubeで「BOOWY」で検索すればいくらでも観る事が出来ますが当時はとにかくベールに包まれていました。特に解散後に知った立場だとわずか数本のライブビデオでしかBOOWYを観る事はできませんでした。代わりに未公開のライブのテープが出回っていてそれを聞いて想像する事しかできませんでした。解散後も根強い人気があったのは露出が少なくベールに包まれていたからかもしれませんね。

実際に解散ライブの「LAST GIGS」や武道館ライブの「GIGS」もCDはあっても映像化されたのはそのずっと先でした。やっぱりライブの音だけを聞いているとどうしても映像を観たくなるものです。想像だけのモヤモヤ感があったからこそ長く聴いていたかもしれませんね。

BOOWYが何故伝説化されたのかまとめると

 

・活動期間が短めで人気絶頂時に解散した

・男女共に支持されていた

・バンドコピーで長く演奏され続けていた

・露出が少なくベールに包まれていた

だいたいこんな感じだと思います!

追記

この記事を読んだ方は布袋さんの曲に興味がある方が多いと思います。こちらの記事「ONE PIECEの主題歌「ウイーキャン!」は布袋寅泰(元BOOWYのギタリスト)のあの曲をパクってる?」も是非読んでみて下さい。布袋さんのファンならピンとくる筈です!

関連記事




Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
がちょー  
BOOWY懐かしいですね

BOOWYは中学のころ流行りました^^
よくCDからテープにダビングして聴いてましたよ

BAD FEELING、懐かしいです!
久々に聴きましたね☆

2017/03/21 (Tue) 21:38 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

その頃はまだCDからテープもよく使ってましたからね(^^)
またコンポ大きめのものが流行ってましたね!
いろいろ思い出しました(^^)

2017/03/21 (Tue) 21:42 | EDIT | REPLY |   
えいしん  
布袋さん知ってます!

えいしんです。

布袋さんについては、歌っていたり、曲を提供していたり、というのを
少し知っている感じです。
勿論、BOOWYを解散した後の事だと思いますが。
「私でも知っている」のですから、かなり有名な方々だったのだと思い
ます(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

2017/03/22 (Wed) 04:49 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
えいしんさんへ

曲はかなりの人に提供してますからね(^^)

ちなみに今井美樹さんの「PRIDE」も布袋さんが作詞、作曲です。
山下久美子さんと離婚して今に至っているという歴史もあります(^_^;

2017/03/22 (Wed) 06:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply