実験します!検索流入が多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?

何でも書きますがブログアクセスアップの仕方(主にFC2ブログ)を模索したり、気になったニュースに対してコメントします!

 

実験します!検索流入が多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?

検索流入が増えない原因を考える

 

ブログをやり始めた頃は検索エンジンからのアクセスは記事さえ更新していけば右肩上がりに伸びていくものだと思っていました。普通に考えれば多くの人もそう思うだろうと思います。でも実際にはなかなかそうならず記事を更新しているのにも関わらず横ばいの期間が長く続きます。

この現象はおそらく私だけでなく多くのブロガーさんも頭を悩ませているかと思います。検索エンジンには物理的な法則が成り立たないのです。

記事を更新しても検索流入が増えない原因で考えられる事

①需要がなさ過ぎる内容

②検索される旬が過ぎた

③検索エンジンに意図的に掲載順位を下げられている

結論を言うと③が大本命だと思います。①②ももちろんあるとは思いますが記事数を増やしていけばチリも積もれば山となり緩やかでも右肩上がりになっていく筈です。

私の様に記事をほぼ毎日更新しても検索流入が伸びてこない人は結構いると思います。このまま同じ事を続けても伸びてこない気さえしてきました。何かを変えないと何も変わらないと思います。では何を変えればいいの?となります。そこで試してみたい事が出てきました。

「Google search console」のデータに気になる部分が・・・

 

最近「Google search console」のデータを見てとても引っ掛かる部分があります。見れるデータの中で「掲載順位」という項目があります。

過去90日間のデータでアクセスが多い記事のランキングを出し掲載順位がどうなっているか見ていきます。

手順

Google search console」を開く
  ↓
過去90日間のデータでアクセスが多い記事ランキングを出す。
詳しくはこちらの記事「「Google search console」からデータ取得の基本を説明します!」を参照して下さい。
  ↓
四角い灰色の枠内の「掲載順位」をクリック

すると下画像の様になります(無駄な部分は切り抜いてあります)

search consoleの掲載順位のグラフ

画像の内容を説明すると青の折れ線グラフがクリック数で緑色の折れ線グラフが掲載順位です。

注目すべきところは緑色の折れ線グラフの動きです。基本的にはアクセスがあると上がり少なければ下がる傾向があります。①の周辺を見るとアクセスが無いから下がったというのがよく分かります。

ここで気になるのは②と③の周辺です。アクセスがあるにも関わらずガクッと下がっていますよね?この部分をピックアップします。

例として②の部分を出します。ついでにデータの出し方も簡単に説明します。

手順

四角い灰色の枠内の「日付」をクリック
こうする事によって日ごとのアクセス数が出ます。
  ↓
アクセス数が多い日付を探す
  ↓
日付を特定

(下画像参照)

search consoleのデータの出し方

この後日付の下の「過去90日間」をクリックしカスタムをクリック
  ↓
3/7のみに絞る
  ↓
「ページ」をクリック

すると下画像の様になりアクセスが多かった記事の枝番が分かる様になります

検索流入が多かった記事の特定

その記事はこちら「使ってはいないが高価な物だったからなかなか手放せない物・・・貸してみては?」です。

読んでもらえると分かると思いますが文字数が少なく非常に内容が薄い記事です。
1番上の画像のの部分をもう1度見てみます。掲載順位がかなり落ち込んでいます。
(すぐに戻ってはいますが)

この現象を私の考えでまとめると

・検索流入が多かったにも関わらず内容が薄くて滞在時間、直帰率が高い。つまり検索者のニーズを満たせなかった為「Google」がブチ切れてサイト全体の掲載順位を落とした。
(あんな極端に下げなくてもいいとは思いますが・・・)

つまり検索流入が仮に多くなったとしてもその記事の品質が悪ければサイト全体の評価を落とすのではないか?という事です。検索流入が多い記事が逆にサイト全体の足を引っ張っている可能性があります。

記事をいくら更新してもアクセスが伸びない現象を例えると、穴の空いたバケツに水を注いでいる様なものです。水が増える様にする為には穴を塞がないといけません。

ここで選択肢が出てきます。

記事を消すか?記事を修正するか?

 

私の場合はどんなクソ記事であろうとも記事ネタを探してから書くまで2~3時間程かかっているので消すなんてとんでもありません。なので修正する事にします。また検索流入があるという事は弱小ブログであっても検索流入に至った穴場の内容なので活かさない手はないと思います。

という訳なのでこれから実験を行います。

実験内容:検索流入が多い記事の中で内容が薄い物を修正して掲載順位は上がるのか?

注目すべきところは「Google search console」の緑色の折れ線グラフが右肩上がりに伸びていくかどうかです。今回は1つの記事しか例に挙げませんでしたがこの記事だけでなくアクセスが多い記事を調べて内容が薄い物を修正していきます。文字数は最低1,000文字以上にしていきます。

おそらくこの結果報告1~3ヶ月程かかるかもしれませんがなるべく早く報告しますのでよろしくお願いします!

追記

実験結果はこちらの記事「実験結果の報告:検索流入の多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?」を参照して下さい!

アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら
関連記事


 アクセスアップ豆知識

4 Comments

えいしん  

「過去記事の修正」ハードル高いです!

えいしんです。

「過去記事を修正する!」これって、結構ハードル高いですね!(;笑)。
私も、過去記事は、「触った事」無いです!(;笑)。
確かに、過去記事に「手を加える」という事は、良く言えば「新しい記事を
簡単に追加」できるとも言えますね。
だって、修正する事で、過去記事では「無くなる」のですから。
確かに、ヘビーブロガーの方が、「過去記事を見直す」等と言われて、1週間
位記事の更新を遅らす、等のコメント、聞いた事あります!
ちなみに、私は、とてもそれをする「精神的レベル」に無いです!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

2017/04/30 (Sun) 03:31 | REPLY |   

黒猫  

えいしんさんへ

過去記事を修正する事は正直言ってかなりエネルギーがいると思います(・_・;)
ただ検索者にとってはそれが過去記事とか関係なく欲している情報です。
今回は検索者の立場になってみて記事を修正していきます。
これが原因でアクセスが伸びてこなかったと分かる程結果が出ればいいんですけどね(^_^;

2017/04/30 (Sun) 12:26 | REPLY |   

がちょー  

実験してましたね~

実験をしてましたねv-290
過去記事を修正するって、かなり大変な事と思われます。

実験結果までしばらくかかるのですね。
良い結果が出ることを祈ってますよ^^

2017/04/30 (Sun) 12:29 | EDIT | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

過去記事の修正は連休中にコツコツとやるようにしていきます(^_^;
大変ですが記事を更新してもアクセスが伸びない事が1番イヤなんですよね(・_・;)
結果はどうなるかは分かりませんがやるだけやってみます(^^)

2017/04/30 (Sun) 12:36 | REPLY |   

Leave a comment