超古代文明を破壊したとされる大洪水と昔の地球について考えてみた!

何でも書きますがブログアクセスアップの仕方(主にFC2ブログ)を模索したり、気になったニュースに対してコメントします!

 

超古代文明を破壊したとされる大洪水と昔の地球について考えてみた!

超古代文明の存在の可能性について



超古代文明が存在していたかどうかは人によって意見が真っ二つに割れていると思います。私は存在していたと思います。というよりあってもらいたい、もし無かったとすればつじつまが合わない事がたくさんある、この様な考えで総合的に存在していたものだと思っています。

オーパーツとは簡単に言うとその時代のその技術では加工が不可能とされる物、あってはならない物とされているからオーパーツ(場違いな工芸品)と呼ばれています。でもこれって歴史学者等が「この時代はこういう時代であった」と決めつけた枠の中で考えているからオーパーツになっている訳でその枠を外せばオーパーツと呼ばれない訳です。

超古代文明やオーパーツを語るには非常に奥が深いので以下の記事も参照して下さい。

超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?

オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?


こちらのシリーズで語っていた私の考えをもう一度挙げます。

・地球は46億年よりずっと若い

・創造主は存在した(宇宙人?)

・昔の地球はいまよりずっと重力が軽かった。この時代に恐竜がいて人類(巨人)と共存してた。またその他生物も植物もいまよりずっと大きかった。超古代文明があった。この時代に巨石遺跡を作った。

・大洪水などにより地球上の生物がほぼ死んだ→化石。重力がいまの状態になり生物が小型化した。

・大洪水の生き残りが四大文明を築いた。



つまり今まで定説とされていた歴史を壊し超古代文明の存在があったとするならば全てつじつまが合うようになるのです。今回はどの様にして超古代文明が失われたのか考えてみます。ただ考えると言っても何も無いところから考える事など私には出来ません。実際に存在してる不可解な物を引き合いに出して考えてみます。またこれらの情報は私が今までいろいろな本や動画などで調べて1番しっくりきた仮説を集めたものでもあります。


実際に存在する(してた)不可解なものとは?




①化石の存在




動物や植物の死骸は地面に放置しておいても化石にはなりません条件があります。その条件とは瞬間的に死んで泥水などに覆われて圧力が加えられる事です。
   ↓
つまり大洪水があったと考えられます。


②恐竜等の現在では考えられない程の大きな化石




まず恐竜は現在の重力では自分の体を支える事が出来ないと言われています。また70センチ級の大きなトンボも現在の重力では飛べないとも言われています。現在陸上にいる動物の大きさには限界があります。
    ↓
つまり昔の重力は今よりも軽かったと考えられます。


③立ったまま氷漬けされたマンモス




このマンモスの胃の中には消化される前の植物が入っていたそうです。またこの植物は温暖地域にしか育たない植物だそうです。あれだけ分厚い体をしたマンモスが立ったまま氷漬けされた事を考えると
    ↓
温暖地域が極寒地域に瞬間的に変わる程の天変地異があったと考えられます。


④保存状態の良い化石




化石の形状は①の理由から押しつぶされた様な形状をした物がほとんどです。しかしまれに形状が良い物もあり、中には海の哺乳類(イルカの様なもの)が子供を産んでいる最中の状態で化石化されたものもあります。この理由として③と①が組み合わさったものだと考えられられます。
    ↓
つまり極寒地域が突然温暖化され大洪水が起こった事があると考えられます。


⑤マチュピチュの存在




マチュピチュの画像

普通に考えるとあんな高くてあんなに狭いエリアにわざわざ建物まで作って人間が住む理由などありません。固定観念抜きで考えると元々平地だった土地が大洪水によって削り落とされてたまたまその部分だけが残ったと考える方が自然だと思います。また世界中の山々は何かに削り落とされた様な形状をしたものがほとんどです。
   ↓
大洪水は局地的に起こっていたと考えられます。


⑥琥珀(コハク)の気泡




琥珀に気泡がある様子

琥珀は樹脂の化石です。特徴として空気を出し入れしづらいそうです。琥珀にある気泡の中で酸素濃度が高い物があるそうです。
   ↓
つまり昔の空気は酸素濃度が今よりも高かったと考えられます。


これらのポイントは非常に重要なのでもう1度整理します。

①大洪水があった

②昔の重力は今よりも軽かった

③温暖地域が極寒地域に瞬間的に変わる程の天変地異があった

④極寒地域が突然温暖化され大洪水が起こった事がある

⑤大洪水は局地的に起こっていた

⑥昔の空気は酸素濃度が今よりも高かった




これらのポイントから昔の地球はどの様なものだったのか?それからどう変わって今の地球になっていったのか?


私の考えを述べます!




昔の地球は今よりもずっと緑(陸地)が多く、動植物が今と比べるとずっと大きなものが存在してました。もちろんそこには小さな動物もいますが。重力が軽く酸素濃度が高かった為動植物の成長スピードはとても早くまた寿命も今と比べると長いものでした。また人間は巨人であり超古代文明を築いていました。

地理的な面では現段階で海になっている水の多くは重力が軽かった為、空中に浮いていました。つまり雲というよりも空には大きな水の塊が浮いているというイメージです。なので陸地が占める割合は今よりもずっと多くまた山々もエベレストより高い山も多く陸地も今よりもずっと平均的に高いところが多かったと思われます。

大きな緑や大きな生物に満ちた地球に事件(隕石の落下?)が起こりました。温暖地域が突然極寒地域になったりその逆もあったり(地表が滑った?)とそしてバランスが徐々に崩れてしまいました。重力の変化によって大きな生物は絶滅し、比較的小さな生物のみが生き残る様になりました。また空に浮いていた水が局地的に落ちてきます。これが多くの神話等で語られる大洪水です。分かりやすく言うと琵琶湖の水を一カ所にドカッと落とすイメージですね。これが段階的に年月をかけて局地的に起こり多くの山々が削られたり陸地だったところが海に変わっていくのです。空中にあった水の塊が徐々に減っていきそして海と陸の割合(7:3)が定着する様になってきました。

人間(巨人)の多くも死に絶え生き残ったのは比較的小さな者のみ。子供ばかりが生き残ったので超古代文明のノウハウが断たれたのではないか?

オーパーツ(巨石遺跡)として残っているのは超古代文明のごく一部のみ。つまり今残っているオーパーツ(巨石遺跡)は空から落ちた水の塊(大洪水)を浴びなかった物という事です。超古代文明の多くは破壊され土砂や海の中に埋もれてしまっているのです!


信じるか信じないかはあなた次第!

関連記事


 超古代文明

9 Comments

がちょー  

信じるかは、あなた次第ですね !

ロマンがありますよねv-290
私も過去の歴史とかオーパーツも大好きですよ!

こーゆーのを考えていると、前世は私、なんだったかとか考えます。

昔の地球、今を生きている私達にはたいへん興味もありますよね☆

記事を楽しくも深く、拝見しましたよ^^

2017/05/07 (Sun) 17:39 | EDIT | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

書いた内容は正しくはないとしても全くのデタラメでもないと思っています(^^)
結局分かっていない事の方が多いですからね。

分かっていない事をそれを正しいものとして教え込むのは良くないと思いますね(^-^;

2017/05/07 (Sun) 17:45 | REPLY |   

ひろや  

大陸の考察

大陸移動がいつ始まったか疑ったことはあるでしょうか?
現在大陸は年間数センチ動いていて、そこから逆算してパンゲア大陸がだいたい2億年前に分裂開始したとなってます。
しかし、よく考えて下さい。普通物体の移動速度は摩擦のせいでだんだんゆっくりになるものなのです。昔にさかのぼるにつれ指数関数的に速くなったと仮定する方が自然です。
当然積分すれば移動距離も指数関数的に長くなります。
つまり数千年前にパンゲア大陸に隕石やミサイルなどがあたり急激に移動開始した、温暖地域と冷寒地域が急激に入れ替わったと考えるとことが可能なのです。

さらにパンゲア大陸の出来方も不思議です。地球が昔火の玉、液体だったとしたら地球全体で平準になるはずで大陸など出来ようがないのです。
島ならできるかもですが。
大陸が人為的に作られた節があります。

2017/05/08 (Mon) 00:12 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/08 (Mon) 00:14 | REPLY |   

えいしん  

「ゾクゾク」しますね!

えいしんです。

黒猫様の「考え」は、とっても納得でき、
とっても「ゾクゾク」します!
確かに、「地球の重力」は、大きく関連
している感じがしました。
重力が現在よりも「軽い」のであれば、古代の
「あんなに重いものをどうやって運んだ?」
という部分が、「解決!」しそうですね。
その他についても、とても興味深い内容でした!

それでは、お疲れさまでした。

2017/05/08 (Mon) 01:53 | REPLY |   

黒猫  

ひろやさんへ

コメントありがとうございますm(_ _)m

私の記事では温暖地域と寒冷地域が入れ替わるという部分では適当に(地表が滑った?)とごまかしましたがとても興味深い内容ですね(^^)
この部分はどういった原因が考えられるのか困っていましたがその様に「可能」と言って頂いて少し安心しました。
私の考えとしてまとめた部分は正しくはないかもしれないですが全くのデタラメでもないかな?とも思っています!

2017/05/08 (Mon) 05:57 | REPLY |   

黒猫  

えいしんさんへ

私の考えと表現しましたが個々のポイントに対しては実際に科学者等が立てた仮説でもあります。様々な仮説の中で1番納得したものを選びそして最後はつなぎ合わせた感じですね(^_^;
どこからどこまでが正しいのかは分かりませんが全くのデタラメとして書いたつもりはないですね(^^)

2017/05/08 (Mon) 18:02 | REPLY |   

リロさん  

ロマンあって良いですね

自分は世界シミュレーション仮説を信じる人間なのですが、楽しく読ませていただきました。ロマンがあって良いですよね。こういう話を考えるのも話すのも大好きです。大抵変な顔されますが…

重力に関しては太古も現在も差ほど変化がないというのが定説です。昆虫や恐竜が立てたのも、実は質量の大きい筋肉がそんなに無かったからというのも納得出来ます。

が、そこでシミュレーション仮説と併せてみると「管理者権限を持つだれかが、太古の重力設定を変更した」という事で説明がつく気もしました笑

ちなみに、たまに現れるメシアや神話の神々や予言者・超能力者と呼ばれる人々は、管理者権限を与えられた特殊なプレイヤー or バグによって管理者権限に近い機能が与えられてしまったプレイヤーと考えるとしっくりくるなぁ。と最近思っています。

駄文失礼しました。今後も楽しみにしてます。

2017/05/08 (Mon) 18:48 | REPLY |   

黒猫  

リロさんへ

コメントありがとうございます(^^)

世界シミュレーション仮説とはまた面白いですね(^^)
なんかSAOみたいですね!
ただ私は記事にはまとまりが無くなるので書きませんでしたがこの世が仮想現実であるというのは100%否定していません。と言うのは証拠がないからです。
もしかしたらこのコメントを書いている行為も実体が無くその様に思わされているだけかもしれません(^_^;

2017/05/08 (Mon) 21:43 | REPLY |   

Leave a comment