「古いコンテンツの削除ツール」と「URLの削除」は同じ物だった!多用してはダメ!

何でも書きますがブログアクセスアップの仕方(主にFC2ブログ)を模索したり、気になったニュースに対してコメントします!

 

「古いコンテンツの削除ツール」と「URLの削除」は同じ物だった!多用してはダメ!

お詫びと訂正




以前書いた記事「「古いコンテンツの削除ツール」を使ってみた!404ページを整理したい時に有効?」の訂正をします。

結論から言いますと「Google search console」にある「古いコンテンツの削除ツール」と「URLの削除」という項目は同じ物でした。

間違った事を伝えてしまっていたので申し訳ございませんでしたm(_ _)m


「URLの削除」とはどんなツール?




まず「URLの削除」の画面の出し方ですが「Google search console」の画面を開いて左側にある「Googleインデックス」をクリックして「URLの削除」をクリックします。
(下画像参照)

Google search consoleのURLの削除の画面


画像を見て頂くと分かると思いますが過去に「古いコンテンツの削除ツール」で消したURLがそのまま「URLの削除」に反映されていました。つまり両者は全く同じ物であったという事です。なのですぐにキャンセルしておきました。


「URLの削除」の正しい使い方



これはインデックスを消す為のツールではなくて正しくは一時的に隠す為のツールです。例えば本来インデックスをさせる予定ではなかった内容(例えば会社の社外秘としている内容等)を誤ってインデックスさせてしまった場合等に一時的に検索エンジンから非表示にさせる場合等に使用します。

つまり個人ブログのレベルではよっぽどの事(誤って人に見られたくない個人情報を投稿してしまった場合等)が無い限りこのツールを使用する必要は無いという事です。

Googleも「URLの削除」の使い方についてこう言っています。

URL 削除ツールの誤った使い方

URL 削除ツールは、機密情報が誤って公開されている場合など、すぐにブロックする必要があるコンテンツに対する最初のステップとして使用します。他の目的でこのツールを使用すると、サイトで問題が発生することがあります。

誤った情報をクリーンアップする目的でこのツールを使用しないでください(404 エラーの古いページなど)。サイトが変更されたため、インデックスに登録されている URL が古くなってしまった場合は、次回のクロール時にこのことが認識されて、古いページが自然に Google の検索結果から削除されます。すぐに更新するようにリクエストする必要はありません。

Search Console のアカウントのクロールエラーに対応する目的でこのツールを使用しないでください。 ブロックツールは、Search Console のアカウントからではなく、Google 検索結果から URL をブロックします。URL を手動でこのレポートから削除する必要はありません。しばらくすると、自然に削除されます。

サイトを「ゼロから再スタート」する目的でこのツールを使用しないでください。 サイトが手動による対策の対象となっているおそれがある場合や、ドメインを他者から購入した後に、サイトを何の問題もない状態で新たにスタートさせたい場合は、再審査リクエストを行うことをおすすめします。このリクエストでは、自分のサイトについてどのような懸念があるか、また何が変更されたかを Google にお知らせいただくことができます。

ハッキングされた後でサイトを「オフライン」にする目的でこのツールを使用しないでください。 サイトがハッキングされたため、問題のある URL をインデックスから削除したい場合は、ハッカーが作成した新しい URL(たとえば、http://www.example.com/buy-cheap-cialis-skq3w598.html)を URL ブロックツールを使用してブロックできます。サイト全体をブロックすることや、後でインデックスに登録する予定の URL をブロックすることはおすすめしません。ハッキングの痕跡をクリーンアップしてから、再びサイトを Google がクロールできるように設定してください。サイトがハッキングされた場合の対処方法についてのページをご覧ください。

サイトの正しい「バージョン」をインデックスに登録する目的でこのツールを使用しないでください。 多くのサイトは、同じ HTML コンテンツやファイルに複数の URL からアクセスできるようになっています。このようなサイトが重複して検索結果に表示されないようにするには、おすすめの正規化の方法についてのページをご覧ください。検索結果に表示したくない URL のブロックには URL ツールを使用しないでください。このような場合にこのツールを使用しても、ページの適切なバージョンのみが残ることはなく、URL のすべてのバージョン(http と https、www ありと www なし)が削除されてしまいます。

引用元:URL 削除ツール - Search Console ヘルプ - Google Support



結局のところ404ページは放置して自然に消えるのを待つしか無いという事です。


正しいインデックスの消し方




記事の消し方(インデックスの消し方)は大きく分けて2通りあります。


【404ページを残す場合】

消したい記事を削除(web上から消す)
  ↓
検索エンジン上には消した記事が404ページとしてしばらく残る
  ↓
自然にインデックスから消えるので待つのみ



この方法が最も一般的だと思いますが404ページがインデックスから消えるまでかなりの時間がかかる場合があります。ただ404ページが検索エンジン上に存在してもそのサイトはSEO的にマイナスになる事は無いとGoogleは言っています。

質問: ウェブマスター ツールのクロール エラー ページに表示される 404 (Not found)は、Google 検索での掲載順位に影響しますか?

答え: サイトの一部の URL が既に存在しない、または 404 を返していた場合も、サイトの他の URL (200(Successful)を返すもの)の検索結果内での掲載順位には影響しません。404 レスポンス コードは、インターネットにとっては正常な動作です。インターネットは常に変化しており、新しいコンテンツが作られ、古いコンテンツはなくなっていきます。コンテンツがなくなったとき、404 HTTP レスポンス コードを返すことが通常の動作です。検索エンジンはこのことを理解しています。

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ



そうは言ってもやはり404ページを検索エンジン上に残したくない方もいると思います。そんな方の場合は先にnoindexしてから記事を消すやり方もあります。

※但しこのやり方は個別記事をピンポイントでnoindex出来るブログではないとお勧め出来ません!


【404ページを残したくない場合】

消す記事を決める
  ↓
noindexメタタグを貼る(詳しくはこちら「noindexの使い方 - バズ部」)
  ↓
「Fetch as Google」を送信(詳しくはこちら「「Google search console」の基本について説明します!」)
  ↓
インデックスが消えたのを確認してから記事を消す



後者の場合はブログサービスの場合はほとんど出来ないと思います。正しくは、出来なくは無いが消したくない記事も消えてしまう場合があるからやらない方がいいという事です。


結論:「古いコンテンツの削除ツール」と「URLの削除」は同じ物であり安易に使ってはいけません!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら

関連記事


 アクセスアップ豆知識

6 Comments

がちょー  

黒猫さま、こんばんわ^^

わたしも最近、黒猫さまにマネしてブログ記事の再編集、再アップしておりましたよ。

けれど アクセスアップにはつながりません(笑)
たまーに ネタにつまると、記事の再編集でアップしておりました^^

ようは荒らし扱いした「奴」に向けて
ブログを更新しておりましたよ(^O^)/

2017/08/25 (Fri) 20:44 | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

読んだ事のない記事であれば過去記事でも新しい記事と同じ様なものですからね!

古い記事をどんどんアップして下さい(^^)

2017/08/25 (Fri) 21:07 | REPLY |   

えいしん  

私の場合は、「削除」する程のものが無い!的な感じです(;笑)

えいしんです。

私の場合は、何かを「消す」よりも、ブログ記事を増やす
事の方が、「重要課題(;笑)」といった感じです。
コンスタントに、記事を書くことが出来れば良いのですが、
なかなか、自分自身の「スタイル」が決まりません。
黒猫様のブログは、「目的」が定まっている感じで、「ブレない」
のが素晴らしいと思います!

それでは、お疲れさまでした。

2017/08/27 (Sun) 02:42 | REPLY |   

がちょー  

おはようございます!

古い記事をどんどんアップしてみますね☆
アドバイスもありがとうございまーーすv-291

2017/08/27 (Sun) 06:51 | EDIT | REPLY |   

黒猫  

えいしんさんへ

リライトを行った時に消した記事や統合した記事があったので404ページだらけです(^-^;

記事を毎日更新する事をやめたら大分気が楽になりましたね(^^)
書きたい時に書くだけでいいと思いますよ(^^)

2017/08/27 (Sun) 12:57 | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

私にとっては古い記事も新しい記事と一緒なのでどんどん掘り起こして下さい(^^)

2017/08/27 (Sun) 12:58 | REPLY |   

Leave a comment