「Google search console」のモバイルユーザビリティをチェックしてみては?

何でも書きますがブログアクセスアップの仕方(主にFC2ブログ)を模索したり、気になったニュースに対してコメントします!

 

「Google search console」のモバイルユーザビリティをチェックしてみては?

Googleの実行力は凄い




「Google search console」に登録されている方は以下のメールが届いたかと思います。

Chrome のセキュリティ警告を http://blog-kuroneko.com に表示します

http://blog-kuroneko.com の所有者様

2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、「保護されていません」という警告が表示されるようになります。また、シークレット モードを使用している場合は、HTTP ページにアクセスするだけで「保護されていません」と表示されます。

貴サイトでは、たとえば以下に示す URL に、Chrome の新しい警告が表示されるテキスト入力フィールド(< input type="text" >、< input type="email" > など)が見つかりました。これらの例を参考にどのページで警告が表示されるかを確認し、ユーザーデータを保護するための措置を講じていただきますようお願いいたします。なお、下の URL の一覧は、すべてを網羅したものではありませんのでご注意ください。

HTTPS に移行する
貴サイトを訪れた Chrome ユーザーに対して、「保護されていません」という警告が表示されないようにするには、ページを HTTPS で配信し、ユーザーが入力した情報のみが収集されるようにしてください。

引用元:Google Search Console Teamからのメール




いわゆるSSL化してないサイト主に対しての「尻叩き」の様なものです。私が知る限りこのメールの影響でかなりの方々(主にWord Pressユーザー)がSSL化しました。

この様にGoogleはとても実行力があり「Googleが推奨する様にサイトを作らないと待遇を悪くするよ」みたいな事を割と直接的に行ってきます。


レスポンシブを推奨



そんな中気になる記事を見つけました。

※RWDはレスポンシブウェブデザインの略です!

レスポンシブ ウェブ デザインが選択すべき構成だ
(Responsive Web Design is the way to go.)

Google の Gary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏は、8月22日に開催された ISM Spin-off #2 で、このようにレスポンシブ ウェブ デザインをかつてないほどに推奨しました。

これまでは、「動的な配信」と「別々の URL」を含めた3つのモバイル構成のどれを選択しても構わないと言っていました。
しかし方針を変えて、レスポンシブ ウェブ デザイン1本に絞ったのです。


RWD 以外はペナルティではないけれど、RWD を前提に


RWD にしなかったからといって、ペナルティを受けるようなことはもちろん絶対にありません。
技術的には、動的な配信も別々のURLも Google はサポートを続けます。

RWD へ転換したくても現実的に無理というサイトもたくさんあります。
今の構成を維持してまったく構いません。

ただし動的な配信または別々の URL 構成を続けるのであれば、モバイル向けページが PC 向けページに 100% 対応していることを確実にすることが必須です。
さもないと、MFI で許容できない損害を被るでしょう。
(鈴木注: 何から何まで同一にしろという意味ではなくて、PC 向けページで提供しているものはモバイル向けページでも提供しようということです。)

一方で、新規にオープンするサイトに関しては、RWD を前提に設計したいものです。
そうすれば、将来的にも安心して運用できそうです。


引用元:Googleモバイルファーストインデックス後はレスポンシブが唯一の選択肢か? 海外SEO情報ブログ




この様にGoogleはレスポンシブを推奨しています。現状ではレスポンシブ以外のサイトに対しての待遇を悪くする様な事は言っていませんがあと数年後はどの様に変わるか分かりません。

あくまでも私の予想ですがSSL化の次はレスポンシブをゴリ押ししてくる様な気がします。実を言うと既にスマホユーザーに対して気を配っておかないとGoogle検索の部分で若干不利になってしまう部分があります。

大分前置きが長くなってしまいましたが今回1番伝えたかったのは「Google search console」のモバイルユーザビリティという項目です。


モバイルユーザビリティをチェックしよう!




search consoleではページがスマホ用に対応されていないとモバイルユーザビリティという項目で問題として取り上げられます。

先に言っておきますがこの項目では実際に問題がなくても問題とみなされてしまう場合がよくあります。経験上ではテンプレートを変更した時によく指摘されます。ただレスポンシブテンプレートさえ使用しておけばほぼ問題がなく解決できます。

レスポンシブを使用出来ないブログの場合でもスマホページである事を伝えられればほぼ問題なく解決出来ると思われます。おそらく引っ掛かる部分の1番の原因は画像のはみ出しが多いと思うのでその様な場合はこちらの記事「ブログに画像をキレイにはみ出さずに貼る方法を紹介します!」を参照して下さい!

これからチェックの仕方を説明します!

Google search console」を開く
  ↓
チェックしたいサイトをクリック
  ↓
「検索トラフィック」をクリック
  ↓
「モバイル ユーザビリティ」をクリック



画像で説明していきます!

問題があるページがある場合は下画像の様にURLが表示されます。

※問題が無い場合は7つ目の画像の様になります!

モバイルユーザービリティの見方の説明


問題があるページはGoogle検索ではどの様に表示されているのかと言うと・・・
(下画像参照)

Google検索の画面にモバイルフレンドリーではないと書かれてる様子


この様に「ページがモバイルフレンドリーではありません。」と、検索ユーザーにご丁寧に知らせてくれます(>_<)
遠回しに「このページはスマホからは見づらいよ!」と言っています。

おそらく検索ユーザーはそれ程気にしないとは思いますサイト主にとってはあまり気持ちの良い物ではありません。これから修正の仕方を説明します。

1番目の画面のところから修正したいページのURLをクリックすると下の画面になります。

修正の手順1

このページの問題として「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」と指摘されています。これから指摘された問題が本当にあるかどうかをチェックします。

1の「公開中のバージョン・・・」というところをクリックすると分析されます。
(下画像参照)

修正の手順2


しばらく待つと下の画面になります。

修正の手順3


先にも述べましたが実際には問題が無いケースがほとんどです。問題が無いと「このページはモバイルフレンドリーです」と表示されます。

後はこの事をGoogleに知らせるだけです。「GOOGLEに送信」というところをクリックすると下の画面になります。

修正の手順4

この作業を行ってから大体3~4日程で問題が無くなる筈です。

全て問題が無くなれば下画像の様に「現在、サイトにエラーはありません。」と表示されます。

問題が無くなった場合の画面表示

この様になれば検索画面は正常に戻ります。

過去に1度もチェックした事が無い方はチェックした方がいいと思います!


Googleの推奨に応えるブログサービスが生き残る?




個人的にはGoogleが推奨する事は半ば強制だと思っています(^-^;
おそらくSSL化はほとんどのブログサービスが対応すると思いますがレスポンシブはどうなるんでしょうね?

ここからは私の予想です。

まだまだ先の事だとは思いますがレスポンシブに関しても今回のSSL化の「尻叩きメール」の様に脅し的な動きをしてきそうな気がします。ここで完全レスポンシブに対応が出来るか否かでブログサービス間で移行が出てくる様な気がします。


信じるか信じないかはあなた次第!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら

関連記事


 アクセスアップ豆知識

6 Comments

がちょー  

グーグルってすごいのですね!

こんばんわ。
グーグルって、グーグルアースしかわかりません(笑)
いろいろ手広く、私達を監視していることでしょう
もう世界と、宇宙も行っていることでしょうね
その中で、私達は踊らされているピエロと私は思ってました。

スイマセン、話が脱線しました;
偉大ナリ。by Google

2017/08/27 (Sun) 20:10 | EDIT | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

実際にGoogleの影響力は凄いと思います(^-^;
私も何から何までGoogle関連のサービスを利用しまくっています!

Googleは偉大です(^-^;

2017/08/27 (Sun) 20:20 | REPLY |   

えいしん  

もっとグーグルを勉強します!

えいしんです。

私は、相変らず、使い勝手から、「ヤフージャパン」を
利用している程度の人間です!(;笑)。
グーグルの検索サイトを利用する所から、「ゼロから始まる・
グーグル活用!(;笑)」、ですね。

それでは、お疲れさまでした。

2017/08/28 (Mon) 01:51 | REPLY |   

黒猫  

えいしんさんへ

私も普段はヤフーを使っています!
ただアクセス状況を見てみるとGoogleを利用している割合の方が圧倒的に多いですね。

ただヤフーはGoogleのデータを利用しているので掲載順位はほぼ同じです(^^)

2017/08/28 (Mon) 05:48 | REPLY |   

がちょー  

Googleは偉大ナリ !

そーだったのでしたか~
Googleの影響は偉大でありましたv-291
最近、インターネットエクスプローラーが不調なので、やっとグーグルクロムをインストールしようと思っていた今日このごろであります^^

2017/08/28 (Mon) 20:57 | EDIT | REPLY |   

黒猫  

がちょーさんへ

chromeは翻訳機能が便利ですね!
普段は使ってないですが英語だらけのサイトで何が書いているのか分からない場合は便利ですね(^^)

2017/08/28 (Mon) 21:38 | REPLY |   

Leave a comment