黒猫

黒猫

今回は雪についてお話します。

私が今までに住んでいた地域は関東圏、東北(仙台)、北海道(道南)とどんどん北へ登っていった感じです。その中で雪が降る地域、降らない地域での生活を経験した訳です。今回は雪道での運転についてそれぞれの地域の雪に対しての考え方や雪対策についてお話します。

関東地方は雪対策をしてない人が多い

よく都内で雪が10cmも積もれば道路は大パニックになります。その主となる原因は冬になってもスタッドレスタイヤを履かない人がいたり、FR車(後輪駆動)で運転する人が割といるからです。関東地方の大部分は雪が比較的に降らない地域が多い為当たり前と言えば当たり前ですが。

もちろん関東地方に住む人でも雪対策をする人も結構いますが一部の雪対策をしない人がトラブルを生み出している様な気がします。

よくニュースなんかでスリップしている光景を映すシーンはお約束としてFR車のノーマルタイヤです。一部ではありますがこういう人が他人に迷惑をかけている事は否めません。

関東地方の雪の降り方

関東地方の雪はほぼ濡れ雪(水分を多く含む雪)なので仮に雪が降ったとしても積もらない、あるいは積もったとしてもすぐに溶けるので雪に対する考え方が甘い傾向にあります。雪は降った時、あるいは降ってから考えればいいという考え方が割と多い様な感じがします。その為、ノーマルタイヤでチェーンしか付けない人がいたり、雪が降ってからスタッドレスタイヤに履き替える人が多いので雪が突然降った時にはカーショップやガソリンスタンドがパニック状態になってしまいます。

東北地方の人はまずノーマルタイヤで雪道を走らない!

関東地方に対して東北地方の人は雪道をノーマルタイヤで走る人はまずいません。少なくとも私は1度も見た事がありません。ちなみに私は仙台に住んでいた事がありますが、仙台は東北地方の中でも上位に入るくらいに雪が降らない地域です。その仙台でもみんなスタッドレスタイヤを履きます。これはもう決定的な文化の違いだと思います。東北地方で仮にノーマルタイヤでスリップしている所を他人に見られたら何を言われるか分かりません。そのくらいタイヤに関しては徹底しています。

その反面これは意外と思われるかもしれないですが東北地方では普通の車であればチェーンはほとんど付けません。チェーンを付ける車と言えばトラックやバスくらいです。

東北道にはチェーン規制がない?

よく雪が降らない地域で雪が突然降ると高速道路では「チェーン規制」というのがあります。パーキングエリア等で1度車を止めてチェーンを付けてる、あるいはスタッドレスタイヤを履いているかをチェックしてノーマルタイヤの車は強制的に高速道路から降ろさせます。

意外かもしれませんが東北道の道中ではこの「チェーン規制」というタイヤのチェックというのは存在しません。東北道の途中、仮に仙台南ICから乗るとします。乗る時も乗ってからもわざわざタイヤをチェックされる事はありません。少なくとも私はチェックされた事がありませんでした。

東北地方は一般道も高速道路も冬にスタッドレスタイヤを履くという事は「暗黙の了解」とされているのです。このくらい関東と東北では雪に対するドライバーの意識が違います

東北地方の雪は残る

関東地方に住んでいる方は雪はすぐに溶けるというイメージがあるかもしれませんが東北地方の場合は関東と比べると全く雪質が違ってきます(もちろん濡れ雪も降りますが)。決定的な違いは雪が溶けづらいという事です。例えば道路なんかはすぐに白くなります。このイメージを文章で伝える事は難しいですが分かりやすく言うと車がバンバン走る道路でも雪が降り始めてから30分もしないうちに真っ白になる場合もあります。

そして積もった雪は踏みしめられてしばらくの間は道路に残り続けます。この残った雪が厄介なんです。

雪国での自治体の雪対策は?

雪国であればある程その地域ではインフラが充実していてしっかりとした雪対策が行われいると思われがちですが決してそうではありません。まずインフラ整備されているのは後で詳しく話しますが本当にごく一部です。また雪国ではある程度の積雪量があると除雪作業が行われますがこれもごく一部の主要道路のみです。他の対策として塩化カルシウムを撒いたりもしますがこれもごく一部です。

もちろん他の雪があまり降らない地域に比べれば自治体は雪対策を行いますが、ごく一部だけであり予算が無くなればされなくなるという事は決して少なくありません。

なので雪国では冬は白い路面を割と走っているのが現状です。

北海道(道南エリア)の路面

私は今北海道の道南エリアに住んでいますが道内の中でも比較的雪が降らない地域です。本当に雪が降る地域の苦労を知っている訳ではありませんが、雪が少ない地域でさえも「北海道で雪が降るとこうなんだよ」というのを伝えさせて頂きます。

先程東北地方の雪は残ると言いましたが北海道ではさらに残ります。すぐに凍ってしまって残り続けます。また北海道(道南エリア)の場合は1度にドカッと降る訳ではなく連日で少しずつ(5~10cm程度が大半)降ってだんだん積み重なるというイメージです。私が住んでいる所は1度に40cmも積もればかなりの大雪です。

大体こんな感じです。

道南で雪が降っている様子

積雪量は10cm未満といったところでしょうか?

この雪が翌朝になると・・・

道路が白くなった様子

こんな感じですぐに道路が白く覆われます。この様に一面が白く覆われるケースは実を言うと車を運転してもスタッドレスタイヤさえ履いていればあまり滑りません。

危険な路面とは?

1番怖いのは路面に薄く氷が張っているパターンです。

路面が薄く凍っている様子

上に挙げた画像はまだザラザラしている方なので比較的グリップは効く方ですがこれがツルッとしていたらもう最悪です。1番危険なのが路面に所々こういった箇所があるケースです。雪が無いと思ってスピードを出していたら突然凍っていて滑るパターンです。

あと私が1番嫌いなのはガタガタ路面です。

ガタガタと凍った路面

この突起した部分は全部ガチガチに凍っているので走ると衝撃がかなりあります。ドリンクホルダーに飲み物を置いているとこぼれ出す場合も結構あります(^_^;

こういったガタガタ道で何が危険かと言うとハンドルを急に取られる場合があります。車体が宙に浮いてクルんと横に振られるイメージです。

本当に怖いのは雪ではなくその後の凍った路面です。朝方と夕方は路面がツルンツルンに凍っている場合が多いので特に注意が必要です。

雪国にありがちな危険な光景

他にも割とあるあるな危険な光景を挙げます。

マンホールの部分だけ雪が無い様子

マンホールの部分は雪や氷がピンポイントで溶けるので結構危険です。この程度ではあまり危険ではないですがここに30cm以上の雪があった場合を想像してみて下さい。もう落とし穴状態です。このクラスになると遠くからでは穴があるのか分かりづらくなるので直前になって穴に気づくケースが結構あります。この穴に落ちたら車がどこに滑るか分かりませんし、スポイラー等が破壊される事も割とあります。走り慣れていない道路の場合なんかは落とし穴がどこに潜んでいるのか分からないので超危険です。

またお察しだと思いますが下り坂はやはり危険です。

下り坂に雪が残っているケース

坂道の場合は上りが溶けて下りがなかなか溶けない傾向があります。この下り坂が薄く凍っていたらもう最悪です。止まるにもなかなか止まれません。

道南エリアでのインフラ整備

では雪国でのインフラ整備を一部だけ紹介します。

【ロードヒーター】

ロードヒーターで雪が溶けている様子

雪対策としてのインフラ整備はロードヒーターが1番効果的だと思います。画像の様にヒーターがある部分がキレイに溶けています。ただこれが設置される所は主要道路の坂道や住宅街の道路の中でも通行量が多い坂道のみです。画像は後者の物です。ちなみにロードヒーターが設置されている道路の前に住んでいる家の人はすぐに溶けるので雪をみんな道路に投げています。雪捨て場には困らないという特権があります(^_^;

【停止線の標識】

停止線の標識

北海道では道路が雪で覆われる場合が多いのでこの様に停止線の標識が立っている場合があります。これがあるとどこで止まってよいのか分かるのでかなり助かります。

【傾いた信号機】

傾いた信号機

画像の様に信号機が雪で覆われない様に角度を付けてる物もあります。

まだまだ色々な種類がありますがただ1つ言える事は雪対策としてのインフラ整備はごく一部だけです。みなさんが思っている程充実している訳ではありません。

まとめ

10cmの積雪量で関東圏では大混乱、東北地方(北海道含む)では何ともない(小さな事故は結構ありますが)となるのは「雪国ではインフラが充実しているから」というのはハッキリ言って間違いです。

正しくはこうです!

雪国に住む人は・・・

・雪が降る前にスタッドレスタイヤを履く

・雪が降ってからノーマルタイヤでは走らない

・FR車をほとんどの人は冬には乗らない

この意識の違いだけです。

余談として最後のFR車についてですが道南エリアにはタクシーがFR車というのが割とあります。大した坂でもないのに動けない事があるので本当に勘弁して欲しいと思っています。そのタクシー会社の気が知れません。トラックやバスの場合は仕方が無いにしてもタクシーはFF車あるいは四駆かを選べる訳です。乗客はもちろん事、その周辺のみんなに迷惑がかかっているので本当に何とかしてもらいたいものです。

また雪道での運転は慣れが必要とも聞きますが個人的にはこの「慣れ」が1番のくせ者だと思います。特に北海道ではどう考えても危険な路面にも関わらずスピードを出したり無理な追い越しをする者が結構います。事故率がワースト常連組にいるのも頷けます。

雪国であればスタッドレスタイヤは履きますが限界を超えた運転をする者が結構いるので、むしろ「雪道には慣れてる」とドヤ顔する人は信用してはならないと思います!

雪道は怖がるくらいが丁度いいのです!

関連記事




Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
がちょ  
こんばんわ~♪

黒猫さま、そーなんですよ
これから雪道の怖さがやってきますよ;
こちら新潟も圧雪でスケートリンク級の冬の道路は毎年厄介でもありましたv-12

>FR車をほとんどの人は冬には乗らない

そうですよ! 私も昔、マークⅡで雪道でスピンした経験がありました(笑)
これからのシーズン、お互い気を付けて雪道を運転しましょう☆

無事故の今日、希望の明日ですよ(^O^)/

2017/12/11 (Mon) 19:16 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

FRで不便な思いをするともう雪道で走ろうとは思わなくなりますよね(^_^;

これからまだまだ雪は降るのでお互い気を付けましょう(^^)

2017/12/11 (Mon) 19:21 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
雪積もりました

こちら新潟五泉市は20センチほど積もりましたよ
マイナス1℃でありました(笑)

2017/12/13 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

函館は30cm以上降りました(゜o゜;
12月にこんな降るなんて20数年ぶりだそうです!
雪かき大変でした(^_^;

2017/12/13 (Wed) 21:56 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
こんばんわ~♪

函館は30cm以上でしたか~
雪かきもお疲れさまです!
こちらはやっと雪が解けて一段落してホッとしてました^^
明日から長靴はかなくて良かったv-291

2017/12/16 (Sat) 20:05 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

こっちは溶けたと思ったらまた降るというパターンです(>_<)
今シーズンは雪が多そうですね(・_・;)

2017/12/16 (Sat) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply