黒猫

黒猫





世界中に存在する巨石遺跡はただの建造物だけでなく天文台になっている物は少なくありません。

どういう事かと言うと太陽の軌道において特別な日、つまり春分、夏至、秋分、冬至の日に特殊な演出がされる遺跡があります。特殊な演出には太陽光線を利用したり影を利用するものがあります。

いずれにせよ年に数回しか特殊な演出は見れないのでこの瞬間を見る為に遺跡には特別な日になると多くの観光客が訪れる様になります。

今回は個人的に好きな超古代文明の叡智(叡知)と思われる様な遺跡から見られる神秘的な瞬間をまとめてみます。

大ピラミッドに春(秋)分の日に起こる奇跡

巨石遺跡のオーパーツと言えばまずはギザの三大ピラミッドでしょう。

その中でも大ピラミッド(クフ王のピラミッド)は年に2回の春(秋)分の日にはわずかな時間だけですが三角形を二分する影が現れます。

大ピラミッドに影が現れた様子

(画像:世界の七不思議7:ギザの大ピラミッドより)

過去にこちらの記事「ギザの三大ピラミッドは完成度が高すぎる!本当にエジプト文明に建てられたの?」でも話しましたが大ピラミッドは正しくは八角錐なんです。

ただ三大ピラミッドの中でも大ピラミッドのみが八角錐になっている為、正統派の考古学者は「過去に覆われていた石灰石が崩れた時にたまたまこうなっただけ」との見解ですが建築学の視点からは「偶然に八角錐になる事はあり得ないから意図的なものだ」と意見が真っ二つに割れています。個人的には後者と思っています。

真相はともかく大ピラミッドの底辺はほぼ正確に東西南北を向いている為、年に2回この神秘的現象が見られます。

チチェン・イッツァに現れる蛇

天文台遺跡として最も有名なのはおそらくチチェン・イッツァだと思います。

これも年に2回の春(秋)分の日に、ピラミッドにククルカン(蛇)が降臨します。
どういう事かと言うと太陽光と影を利用して蛇が現れるという事です。
(下画像参照)

チチェン・イッツァにククルカンの神が降臨した様子

(画像:【3/21は春分の日】知ってると楽しい「春分の日」のエトセトラより)

よく分からないという方は下動画を参照して下さい!

夏至の日にストーンヘンジから眺める太陽

目的や用途不明の巨石遺跡と言えばストーンヘンジが代表格だと思います。
ストーンヘンジは夏至の日に神秘的現象が見られます。

夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇ることから、設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられている。

引用元:ストーンヘンジ - Wikipedia

ハッキリ言ってこの表現ではよく分かりませんよね?

この事について書かれている記事を見つけました。
(以下参照)

BBCのページに最新の記事がありました。

Summer Solstice Last updated 2011-06-21

 多くの記事では夏至の朝、ヒールストーンとオルターストーンが朝日と一直線に並ぶというふうに書いてあるのですが、この記事のアニメーションを見ると少し違うみたいです。

ストーンヘンジの詳細画

 この絵でスローターストーン(Slaughter stone)と書いてある石の隣に立っているのがどうやらヒールストーン(Heel stone)で、実はこの二つの石の間を朝日が昇りオルターストーン(Alter stone)に二つの石の間を抜けて陽が射すということになってきたようです。

引用元:夏至とストーンヘンジ

正しくは太陽光線がオルターストーン(Alter stone)に当たるという事の様ですがいずれにせよ太陽光線とオルターストーン(Alter stone)の延長線上に立った場合の日の出は以下の様に見えるという事です。

【シミュレーション画像】

ストーンヘンジの夏至の日のシミュレーション

(画像:Uga Net 夏至・太陽・日神より)

【実物の画像】

ストーンヘンジの夏至に撮った画像

(画像:世界遺産検定事務局(せかけん)より)

夏至と冬至に見られるマチュピチュの太陽光

マチュピチュにある大塔(太陽の神殿)は夏至と冬至の日にある事が起こります。

「太陽の神殿」には東の壁に、2つの窓が開いています。冬至の日には左の窓から朝日がまっすぐに差し込みます。夏至には右の窓から朝日が差し込みます。東西が断崖絶壁のマチュピチュは、太陽の動きを知るのに絶好の場所でした。

引用元:世界遺産マチュピチュ(ペルー) | クリップ | NHK for School www2.nhk.or.jp › school › movie › clip

どういう事かと言うと中央部分にピンポイントで四角く光が差します。
(下画像参照)

【冬至の様子】

冬至のマチュピチュ

(画像:zug55より)

残念ながら夏至の画像は見つかりませんでした。上の画像からでは分かりづらいですが右側にも四角い穴があって夏至の日には右側から光が差すという事です。詳しくは上の引用符に囲ってあるリンクサイトを参照して下さい。動画により分かりやすく解説されています。

金山巨石群はカレンダー?

実を言うと日本にも天文台と思われる巨石オーパーツは存在します。

縄文時代にタイムスリップ!
パワーを秘めた古代天文台 金山巨石群で光体験‼

イギリスのストーンヘンジや、エジプトのピラミッドに代表される世界の巨石建造物。
岐阜県・南飛騨の山間部にも古代の巨石建造物が存在していた!近年の考古天文学調査によって、金山巨石群は主に太陽周期を刻む巨石配列・構造が確認され、縄文時代より太陽カレンダーとして機能していることが検証されています。このツアーでは、縄文時代にタイムスリップ、現代人の想像をはるかに超えた古代人の英知を、光の体験を通しその神秘に触れることができます。

金山巨石群の光の体験ツアー

引用元:光の体験ツアー| 飛騨金山には訪ねてみたい場所がある

金山巨石群にはまだまだたくさんの光の体験が出来る様です。詳しくは下動画を参照して下さい!

まとめ

天文台とされる遺跡はまだまだたくさんありますが、今回挙げた巨石遺跡はあえて作られたとされる年代が古くオーパーツとされる物ばかりを集めました。

定説とされる年代

【大ピラミッド】
紀元前2,500年頃

【チチェン・イッツァ】
紀元後600~800年頃

【ストーンヘンジ】
紀元前2,500~2,000年頃

【マチュピチュ】
紀元後15世紀頃

【金山巨石群】
縄文時代(12,000年程前)

中には紀元後とされている物もありますが、個人的にはこれら全てが失われた文明つまり超古代文明の時代に作られた物だと思っています。
(※マチュピチュの年代は特に疑っています!)

年内の限られた日(春分、夏至、秋分、冬至)に太陽光を利用するのなら少なくとも太陽の軌道とその周期を把握していなければいけません。そして建造物をmm~cm単位の正確さで加工や設置する技術が必要になってきます。

現在確認されている人類最古とされるシュメール文明は今から5,000~6,000年程前とされていますが既に完成度が高い文明となっていた事が分かっています。文明が起こる前、人類は狩猟を行い石器等の原始的な道具しかなく原始的な生活を送っていたとされています。

原始的な生活を送っていた人類にプロセスもなくいきなり完成度が高い文明を築く事が出来るのでしょうか?文明が生まれて間もない頃に現在の技術でも難しいとされる建造物等を作る事が出来るのでしょうか?高度な天文知識はどうやって身につけたのでしょうか?

このプロセスにはどうも違和感を覚えます。

つまり・・・

原始的な生活
 ↓
いきなりの文明

ではなく・・・

超古代文明(10,000~13,000程前)
 ↓
大災害(大洪水等)によりほぼ壊滅
 ↓
原始的な生活
 ↓
文明を再構築

大災害を真逃れて残った超古代文明の時代に作られた巨石遺跡等のオーパーツと呼ばれる物は後の文明人が譲り受けた物、と考える方が自然な感じがします!

超古代文明の証拠を発見する事によって難解な歴史のパズルは解けるかも?

信じるか信じないはあなた次第!

関連記事







人気アプリ(新着有り)
※PCからは表示されません!
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
がちょー  
チチェン・イッツァに現れる蛇、有名ですよね!

こんばんわ。黒猫さま^^
チチェンイッツァに現れる蛇、私 これ大好きでありますよv-291
古代の人、よく考えましたよね
たしかやりすぎコージーでも関さんが紹介していたの覚えております。

ロマンがいっぱいありました(^▽^)


2018/01/04 (Thu) 17:22 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

天文台としてはチチェン・イッツァが1番有名ですよね!
ピラミッドそのものカレンダーになっています。
階段の数が1番上を含めると365段あります(゜o゜;

2018/01/04 (Thu) 17:26 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
オーパーツはロマンでありましたよ☆



私らも亡くなると、別の温かい次元に行けるようですよ
ただ、自分で命を終わらせるとそうでもありません。

オーパーツは古代の私達の産物かもしれませんね
輪廻転生の私の過去の生きていた証であったかも★


2018/01/04 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   
黒猫  
がちょーさんへ

古代の記憶が甦って当時はどんな感じだったのか真実を知りたいですね(^_^;

2018/01/04 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply