スポンサーリンク




  

 スマホ・タブレットの方へお勧めアプリを紹介!
 (全て無料!)
 ↓ランキング画面へ(iOS・Android対応)

 「非ゲームアプリ10選」

 「 ゲームアプリ10選」

 「女性向けアプリ10選」

※この画面のずっと下へスクロールすると新着アプリ等もアリ!

オーパーツの中で解明されてない巨石遺跡!超古代文明・巨人の指紋?

私が超古代文明を信じる様になったのは巨石遺跡の存在です。
百聞は一見にしかずなのでまず画像を見て下さい!


サクサイワマンの城塞跡

20161122174919186.jpg


オリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩)

20161122175236586.jpg


イースター島のモアイ像


20161122175509990.jpg


ギザのピラミッド(クフ王)


20161122175643612.jpg


作られたとされる年代、大きさ重さなど(画像含めほぼWikipediaなどを引用)


サクサイワマンの城塞跡:西暦700から1,500年。最大の巨石は360トンを越すと言われている。

オリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩):西暦1,400から1,500年。一枚平均 高さ4メートル・幅2.5メートルの岩が横一列に並べられている。一枚あたりの重さは50トンから80トンと言われる。
この屏風岩が建てられているのは、高さ150メートルほどの丘の上であるが、材料を切り出したと思われる場所は、この丘の下を流れる川の向こう岸の山の中、それも高さ330メートルの地点である。


イースター島のモアイ像:西暦1,100 から1,300年。大きさは3.5m、重量20トン程度のものが多いが最大級のものは20m、重量は90トンに達する。島で産出される凝灰岩でできており、建造中に放置されたものも含め約900体ある。運んだ距離で最も長いものは島の岸まで約15km。


ギザのピラミッド:紀元前2560年頃に20年前後かけて建築されたと考えられている。現在高さ138.74m(もとの高さ146.59m)、底辺230.37m、勾配51度50分40、容積約235.2万m3で、平均2.5tの石灰岩を約270万-280万個積み上げたと計算される。


ちなみに私はこの作られたとされる年代はすべて疑ってます。ギザのピラミッド以外は割と最近ですよね?
直感的に言うとそもそもこんな凄い物をこんな最近作れたならその作り方などは文字等の記録として残るか語り継がれていくと思います。

サクサイワマンの城塞跡とオリャンタイタンボ遺跡(6枚の屏風岩)は何が凄いかと言うと、石と石の間がピッタリくっついています。よく例えられる表現ですがカミソリの刃すら入らないそうです。これを手作業で叩いて削って数10トンもあるものを運んで組み合わせる。現代技術でも難しい様です。

モアイ像の石は比較的加工はしやすいみたいですがどうやって10km以上運んでどうやって立てたかです。最大のものは20m、重量は90トン。20mというとマンション6階建て相当ですよ。1tは乗用車1台。

ピラミッドを20年で作るとなれば1日の半分の12時間を作業時間とし、365日、20年間作業をして石を200万個運んだと考えると、2分30秒に1個のペースで数トンもの石を積まなければならないことになる。また1個60tを超える花崗岩の石材が王の間に多数使用されている。ピラミッドに関しては語りきれないので下動画もよかったら観て下さい。




作り方の仮説を立てるとなると決まってコロ、ソリ、ロープが出てきますがこれにはどう考えても限界があると思います。また石の加工は手作業で叩く。これもとてつもなく時間がかかります。

定説に従った年代で考えるとその年代にあった道具の範囲内でしか作り方を考えられない為誰も納得がいく説明が出来ないのです。

でもその定説から外して考えるとつじつまは合ってきます。それが超古代文明の存在です。

超古代文明:「超古代文明」は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、非常に高度な文明や不明な点が多い文明を指す呼称である。

この超古代文明は大洪水などの大災害によって失われたとされます。アトランティス大陸やムー大陸はあったかどうかは分からないですけど洪水によって失われた文明はあったと思います。

洪水はさまざまな神話で語り継がれていた事と化石の存在が何よりの証拠だと思います。化石が出来る条件は簡単に言うと瞬間的に死んで泥水などに閉じこめられる事。恐竜の様なとてつもなく大きな化石があるくらいだから大洪水の規模は想像もできない程だった筈です。

また恐竜について少し話をしますが、ある一説によるといまの重力なら恐竜が自分の体を支えられないそうです。なので昔の地球はいまより重力が軽かった。私はこの説を信じてます。例えば大きなトンボなどの化石は実際にありますからね。でもいまは化石の様な大きなトンボはいません。また酸素濃度もいまより高かった、琥珀(コハク)の中にあった空気の酸素濃度が実際にいまよりも高かったみたいです。

生物は全体的にいまより大きかった。人間も大きかった(人間と思われる大きな化石も発見されてます)。寿命もいまより長かった。



これらをふまえて巨石遺跡に関して私なりの考えをまとめると

・重力が軽いときの時代の為、石はいま程重くなかった。人間も大きく(巨人)相対的に現代人よりもずっと力があった。体が大きかった為、建造物の大きさの感じ方は相対的に現代人よりも小さい。

・超古代文明の技術で建てた。


こう考えれば建造物の大きさも含めてつじつまは合うと思いませんか?

信じるか信じないかはあなた次第!

また関連記事として「超古代文明、オーパーツ、創造論、巨人説、大洪水、ノアの方舟、シュメール文明、惑星ニビル、古代宇宙飛行士説、これらは繋がっている?」もぜひ読んで下さいm(_ _)m


目次や最新記事はこちら(ホームへ)

関連記事

 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中8日目

※当サイトはリンクフリーです!

コメント

「超古代文明」来ました~!!

えいしんです。

ついに、「超古代文明」ですね!
黒猫様の仰る通り、「超古代文明の技術」が無いと成り立ちませんよね。
そして、早く「超古代文明の技術」を発見して、それを現代に生かせれば、
もっと凄い世界になるのでは、と期待してしまいます。

それでは、お疲れさまでした。

えいしんさんへ

歴史学者は超古代文明が嫌いですからね。
定説に従わないとすぐに異端者扱いします。
前に記事で触れましたが「ギョベクリテペ」の発掘によって学者全体がもう少し頭が柔らかくなって欲しいとは思っています。
学者の中には超古代文明はあると思っているのにバッシングされるのが恐くて言い出せない人もいそうですしね!

No title

そういえば、SFマンガ家の星野之宣のSFマンガでも超古代文明を築いた巨人族の話があったんですけど、やはり当時の地球は今より重力が低かったので、巨体になった種族という設定になってました。

実際巨人と思われる化石も出土してますし、かつては恐竜のような巨大生物が存在したことを考えれば、巨人が存在していたとしても不思議はないと思うんですよね。

超古代文明を築いた巨人が存在していたとしたら、後世で彼らが神として語り継がれているのも合点が行くような気がします。

ponchさんへ

冗談ではなく真面目にそう思っているので共感していただいてとても嬉しいです(^^)
少しずつでもいいから過去の真実を知りたいところですね。
この様なご意見を頂いて「超古代文明」ネタを書くモチベが上がりました(o^^o)
非公開コメント

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

いい物あるかな?

FX初心者必見!

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR