スポンサーリンク


 

政府や企業が副業を促進する?それなら副業専門の派遣会社があったら面白いかも!

こちら参照:「副業OK」はむしろ我らに犠牲を強いる

上の記事の一部を引用すると、社員の兼業・副業を積極的に認めていこうという動きが政府や一部の企業で始まっている。

中小企業庁の調査(「兼業・副業に係る取組み実態調査、2014年」によれば兼業・副業を認めていない企業は85.3%と圧倒的多数を占める。政府が兼業・副業の容認の旗を振れば、以前のように会社に内緒にすることなく、おおっぴらに副業することが可能になる。兼業・副業が認められると本業以外の収入アップにつながり、家計の助けにもなる。

との事です。

経済的にはより多くの仕事があった方が楽ですよね?
私はある会社(副業禁止でした)に働いていて経済的に苦しくなったのでそこを辞めてから同時に3つの仕事を抱えた事があります。

内訳

月~金は作業系(派遣) 8:00~17:00
土日は家電の配送    8:00~18:00位(配送が終わり次第)
夜は代行        21:00~2:00位

代行は月の半分くらい入ってました。すべて正社員ではなかった為休もうと思えば休めましたけどほとんど休まず、まともに休んだ日は月に1~2日で月収で33万前後でした。その前にいた会社の給料が安かった為経済的にはだいぶ楽になりました。体はボロボロでしたけど精神的にもよっぽど楽になりました。

複数の仕事を持つと何が厄介かと言うと出勤日と時間の管理です。逆に言うとこれさえなんとかなれば副業ももっとやりやすくなると思います。夜は代行をやっていましたがこれは割と時間の融通がききました。早く出勤してもよし、遅く出勤してもよしという感じでした。

副業が流行るか流行らないかは派遣会社の手腕にかかってくると思います。


そこでこんな派遣会社があったら副業が流行るであろうと思う事を書きます。

・登録制で仕事をしたいときに電話すれば仕事に入れる(最低3時間以上などの条件はあり)

どういう事かと言うと正社員ともなれば今日は何時に仕事が終わるか分からない、気分が優れないなんていうことはしょっちゅうありますよね?そんな状況であらかじめ副業の予定なんて組めないですよね?だったら逆に入りたいときだけ副業が出来ればいいんです。この条件だったら副業をしてみたいとは思いませんか?

あとは派遣会社の手腕です。基本的に誰でもすぐに出来る様な単純作業的な仕事がいいですね。24時間体制のいつでも入れる仕事がいいですね。また派遣会社に仕事を頼む会社も人手が欲しいときだけ頼めばいいんです。

働く人→仕事をしたいときだけ仕事をする
会社 →仕事を頼みたいときだけ頼む

副業というくくりであればお互いにメリットがあると思いませんか?

働く人は副業をする為にあれこれ予定を組む必要がない、雇う側は仕事が少ないときにわざわざ人件費を払う必要がない。

鉄則として「労働者は仕事が無くても文句は言わない」「会社は人が来なくても文句は言わない」
あらかじめこの様にルールを決めておく必要はあります。

現実的にバランスを調整する事はすごく難しい事だとは思いますがこんな派遣会社があれば面白いと思いました!

目次や最新記事はこちら(ホームへ)

関連記事

 スポンサーリンク








にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

コメント

お疲れ様です^ ^

うぅ〜ん、難しいですねぇ…
仰る通り人材の需要と供給のバランスをどうするか?が、一番のネックになって来ますねぇ
今の派遣法ですと抵触する部分もありますし、現在のようなモグリの派遣なら出来ると思いますが…
マイナンバー制度でダブルワークの旨味も減ったと思います。

ライナスさんへ

記事が長くなると思ったので税金面では何も触れなかったですがそこも大きなハードルですね。
そうなってくると確定申告もしくはメインの会社に合算して納税額なんか計算しなければいけないですし。
ちなみに仕事を3つやってた頃は1つの派遣会社に源泉徴収票を渡してまとめてやってくれました。

ただ政府が副業を認める様に仕向けるなら税金面をなんとかしてもらわないとダメですね。
派遣会社も管理するのは大変だと思います。職種などいろいろありますし。
でももしスマホなんかで空いてる仕事が見れてその仕事をスマホで予約できる様になれば面白そうなんですけどね。
妄想ばっかですいません(^^;)

アルバイトでは、既に「待機」的な仕事ありますよ!

えいしんです。

登録制のアルバイトでは、既に「待機」的な仕事あります!
この場合、仕事が「あるかもしれない」ので、事務所に「待機」
します。勿論、待機だけでも「バイト代」をもらえます。
しかし、大抵当日キャンセルが出て、「出動します!;笑」。
会社が急に仕事を頼みたい時、バイト斡旋会社はバイトを「キープ」
しています。
いわゆる、会社は「仕事を頼みたいときだけ頼む」
バイトは、「仕事をしたいときだけする」
が、うまくかみ合っているパターンです。
勿論、「待機」していても、仕事が何もない場合もありますが、そこは
バイト斡旋会社の過去の経験から、「想定した人数を確保」すること
で、依頼してくる会社から「信頼と継続的な依頼」が得られるようです。
そして、仕事が無かったとしても、「待機」した分のバイト料を貰える
のです。いわゆる「ただ働き」ですね。それでも、バイト斡旋会社は、
「儲かる」ようです。題意と異なる内容でしたら「スミマセン!;笑」。

それでは、お疲れさまでした。

再度登場!

私の赴任先、お茶とプラモデル県は派遣は外国の方が多いですねぇ (;-ω-)a゙
労働力確保のために知事が推奨しているようですが、地元の方に聞くとおかげで働く所が少ないようです。
工場、コンビニ、スーパー、水商売とあらゆる所に世界各国の方がいらっしゃいます。
ダブルワークも現在の労働力不足を考えてのコトでしょうが、人は余っているのに労働力が不足しているのかを解決するのが先だと思うのですが、、、

えいしんさんへ

ほとんどイメージしたものですね。待機するだけでバイト代が入るというのも魅力的です。
あとは何が足りないかというとその様な派遣会社があるという事の認知度ですね。私が無知なだけだったかもしれないですけど(^_^;
政府が副業を勧めるなら法律の整備はもちろんの事、その様な派遣会社が増える様に支援したりまた世間に認知させていく事も必要かもしれませんね。

ライナスさんへ


これはまた斜め上をいった政策ですね(^_^;
労働という戦場においては多国籍軍に占領されてる状態ですね。
雇う側は人件費を抑えられていいかもしれないですけど。

副業を促進するならまだまだ課題は山積みですね(・_・;)
非公開コメント

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR