スポンサーリンク


 

いまの若者は意外に出世欲がある?出世欲の有無は会社の制度でだいぶ変わる!

若者の出世欲は?


この時期になると内定をもらえて、ホッとしている大学生も多いのではないでしょうか。入社した後は、ぜひとも仕事を頑張りたいと夢見ている人もいることでしょう。そこで大学生男女に、仕事で出世したいと思うか、内定を獲得した大学4年生にアンケート調査してみました。


Q.仕事で出世したいですか?

・はい……75.5%
・いいえ……24.4%

出世したいと思っている人は、4分の3となっています。

引用元:「さとり世代」でも昇進はしたい?! 来春新社会人になる大学生の約7割が出世願望アリ!







来春新社会人になる大学生の75.5%は出世願望はあるそうです。上の記事を読んで少し安心しました。やっぱり出世欲は無いよりあった方がずっといいと思います。私も新卒で入社するときは出世欲がかなりありました。

ところがこの出世欲を維持できるかどうかは入る会社によってかなり差が出るんですよね。

出世欲が無くなる会社の例


①どう見ても仕事が出来ないのに役職についている人がいる

②役職がついても大して給料が変わらない

③役職の人が理不尽な責任を追わされる




①は割とあるあるですね。要領がいいのは認めますけど人の上に立つ以上はそれなりに仕事がいけないと思います。ただ単に上に気に入られて出世したんだなと思ってしまうと逆の発想も生まれてきます。仕事が出来ても上に気に入られ無ければ出世できないと。

②はやっぱり役職がつく以上はそれなりに給料が上がらないと出世しようとは思わないですね。

③役職者は責任を追わされるのは当たり前ですがどう考えても理不尽な責任を追わされているのを目の当たりにすると出世欲が無くなります。


出世欲が無くなる要因はまだまだあると思いますが大体のパターンはこれらが組み合わさったものだと思います。これもまた会社に入ってからでないと分からないのが厄介ですね。

出世欲をキープできる会社の例

・特定の売上を3ヶ月キープすると役職がつく

・役職手当5万円

・規定以下の売上で降格するが返り咲き昇格は何回も可能




これは私が実際にいた営業会社の制度です。すぐに役職につけるのが魅力的でした。営業の場合は数字がハッキリしているのでこの様な制度が可能ですが、他の仕事でもこれに似た感じで評価がある程度数値化されていて目に見える形があれば面白いと思います。

来春新社会人になる大学生の75.5%は出世願望はある様ですが数年後この数字がどう変わっていくのか気になるところです!

昇給がある会社と無い会社の比較


時給制の問題点は、あなたの仕事のクオリティや成果にあまり関係なく、賃金が支払われるということです。

多少の差はあるにしろ、少しくらいサボったとしても、たとえばコンビニで5時間働けば、5時間分の賃金が支払われます。忙しい店でも、ヒマな店でも、時給800円と決まっていれば、5時間で4,000円が支払われます。これでは、どうやったら価値を出せるかを考え、一生懸命働くことがバカバカしくなります。

とりあえずその時間が過ぎればお金がもらえるのですから、どうせならラクな方がいいに決まっています。 極端な話、何もしなくても(とりあえず出社して仕事をするフリをしているだけで)お金がもらえるとなれば、誰でもヌルくなるでしょう。そうすれば、与えられた仕事をきちんとやる人なら、時給がより安い人にスイッチされます。雇う側からすれば当然です。

すると、日本語を話せてまじめに働く低賃金のアジア人の方が経営にとってはプラスです。あえて日本人を雇う必然性はありませんから、日本人の働く場がアジア人に駆逐されていきます。その人件費すら非効率となれば、機械を導入して自動化します。そして人は不要になります。

しかし、クリエイター、自営業者や起業家は、いくら長時間働いても、それが売れなければ収入はゼロです。逆に、一日1時間しか働かなくても、売れれば収入は天井知らずです。つまり、目に見える労働時間には関係なく、より付加価値のあるアウトプットを出せたか、人の役に立てたかどうかが問われます。これは恐怖であると同時に、醍醐味でもあります。

労働時間に関係なく成果でお金がもらえる人になろう!

引用元:「時給や月給で働く人」が貧困化する理由






たしかに時給や月給制だとあらかじめもらえる給料が決まっている為どうしても気が緩みがちです。特に私の場合はモチベーションを維持させる事が大変でした。仕事に対してのモチベーションのお話をします。私はモチベーションに大きく関わる事はお金だと思います。「世の中はお金じゃない」とか言う人がいますが私に言わせればそれは本当にお金に困った事が無いだけだと思います。

収入とモチベーションにバランスについて私が経験した事


ある会社(副業禁止)で部署が変わり月給の手取り約4万円減りました。それから4~5ヶ月程経ち生活がボロボロになり先行きの不安を感じ仕事に対するモチベーションも無くなり辞めました。このときはとにかくお金に困っていた為なるべく時給が高いところを選びながら働き先を探して最終的に仕事を3つ抱えました。月収は約33万円程でしたが前の仕事に比べたらよっぽど経済面で楽になりました。モチベーションは仕事さえ休まなければお金が入るという考えがあったので前の会社にいたときよりもずっとありました。数か月続けていくうちにようやく経済的に少し余裕が出てきました。

ところが平日メインで働いていたところで派遣切り(全員)されてしまいました(^^;)この派遣切りのおかげで面白い仕事に出会えました。広告に月収50~60万以上可能と書いてありました、どう考えても怪しいですよね?でもどんなところか興味あったので面接を受けに行きました。内容は経費自腹で完全歩合制の営業です。ずっと作業系の仕事ばかりだったので営業と聞いただけでやりたくなりました。給料は詳しくは言えませんが嘘ではなかったと言う事です。残り2つやってた仕事はすぐに辞めました。ちなみに前述した「出世欲をキープできる会社の例」に挙げたのがこの会社でした。

モチベーションはいままでやっていた仕事の中では最高でした。給料はやればやっただけ入る形でしたからね。経費が自腹な以上当然赤字になる日もありましたがそのプレッシャーがモチベーション維持につながっていました。もちろん売れない日が何日か続くときがありましたがそのマイナス分を取り返す程の売上がとれたときは何とも言えない喜びがありました。自由なところに行けるし出勤するしないも自由でした。会社員ではなく個人事業主扱いでしたからね。ちなみにいまはもうこの仕事をやっていません。

まとめ


仕事とモチベーションの関係


・どれだけ頑張ればどれだけ給料が入るか明確な事

・頑張り(成果)がすぐに給料に反映される事。




モチベーションは人間関係なども大きく関わっていきますがお金の面で言えば上に挙げた2点だと思います。いまある企業はほとんどこれが無いんですよね。年功序列を廃止して能力主義とかずいぶん昔から言っている割にはその能力と給料の関係が曖昧過ぎると思います。

企業は従業員の能力とモチベーションを最大限に引き出したいのならどれだけ頑張ったらどれだけ収入を与えるか示していくべきだと思います。


出世欲を維持できるかどうかは会社の評価基準や能力による昇給制度が明確かどうかで決まると思います!



目次や最新記事はこちら(ホームへ)

関連記事

 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

コメント

こんばんわ~


黒猫さまこんばんわ。

出世欲が無くなる会社の例、おっしゃる通りv-218
私もけっこう社長やら 上司と戦いましたよ
こっちが仕事、営業持ってきても採算が合わないとか..

仕事取ってこい ! っと、よく怒られましたv-292
会社変わって、今は営業ではありませんが
市の仕事をいただけましたね☆彡

笑顔と、楽しい話。あと私のブログを紹介すると
{この人はこんな考えか..}
みたいな クライアントに私を紹介できます。
結果、名刺以上に私を売り込めますよ☆

私の勤め先は小さな会社ですので、出世はないけれど
仲良く 常連さまと今も仕事をしておりますね。






がちょーさんへ

こんばんは!

ブログを名刺の代わりに使うのって面白そうですね。
私のブログだとちょっと言いたい放題なところがあって名刺には不向きそうですが(^^;)

仕事楽しそうでいいですね!
私はいま訳ありでとても窮屈であります(・_・;)

お疲れ様です^ ^

出世=責任が増える=昇給だと私は思っています。
責任が増すから、その対価として給料を会社は多く出すかと…

ココ10年程の新入社員と話していると、昇給=カッコいい=お金欲しいになっている人が多い気がします。
会社には毎年何人もの人が入社してきますが、人=人材となっていない様な気がします。

障がい者となってサラリーマンを辞めるコトがほぼ決定になりつつ先の事柄を感じています。

ライナスさんへ

やっぱり出世=責任は増える=昇給のバランスはとても大事だと思います。
私は中小企業でしか働いた事がないのですがこのバランスが非常に曖昧なところが多かったです。

サラリーマンを辞めるという部分はとても気の毒だと思います。
ただライナスさんはコメントでこうやってお話してると、とても頭が切れる様に思います。
なのでライナスさんならきっと何かできると思うので頑張って下さい!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは^^

自分も実は、自衛官だった頃は出世欲があったんですけどねぇ・・・
なので、防大までは行けませんでしたが、『一般陸曹候補学生』というので『三等陸曹』にはなりました。
でもそこで出世欲が無くなったのは・・・自分がその器では無かったと悟った時です(当時は『発達障害』なんて概念が、無かったんだから仕方が無い・・・)
動作が鈍いので何やっても上手く行かず、裏目にばっか出て、上からはバカにされ、下からは見下されて、自衛官を退職してしまいました・・・
なので、自分が出世欲が無い理由は4番!

④自分が出世する器じゃないと悟った時。

・・・です^^;

ベレッタ艦長@ヴェネツィアさんへ

こんばんは(^^)

すいません、④は思いつかなかったです(^_^;
でも仕事は自分にとって向き不向きはあると思います!
不向きだと思ったら違う事をする選択肢もあるので。

ベレッタ艦長@ヴェネツィアさんもブログをやっている以上野心はあると思います。
その野心をもつ事でいいと思いますよ(^^)


「出世欲」大事ですね!

えいしんです。

人間、「欲求」があるうちは、頑張れるのではないかと思います。
勿論、「出世欲」大事ですね!
人間、欲が無くなると、「自分を磨かなくなる」のでは、と思います。
それでは、寂しいですよね。

それでは、お疲れさまでした。


えいしんさんへ

深いですね。
その通りだと思います。「欲求」が目標となりそれに対して勉強したり練習したりするものだと思います。
何かに夢中になる事が何だかんだ言っても1番楽しい事だと思います!
非公開コメント

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR