スポンサーリンク


 

伝説のロックバンド「BOOWY」の魅力について語ります!




今回は伝説のロックバンド「BOOWY」について語らせていただきます!

BOOWYは日本の音楽全体に大きな影響力を与えました。実際にBOOWYに憧れてミュージシャンになった人は数え切れない程います。

私もBOOWYが好きなのでその魅力を語ります。ちなみに私はBOOWYのリアルタイム勢ではありません。BOOWYを聴く様になったのは残念ながら解散後です。ただ解散後でもまだまだ人気は根強く残っていました。

BOOWYの魅力はなんと言ってもライブにあると思います。

ハッキリ言ってCD版だけではここまで人気は出なかったと思います。とにかくライブ版だとギターのアレンジといい力強い歌声といいCD版とは比べものにならないくらいの迫力がありました。

聞き比べた方が手っ取り早いですね!

「NO NEW YORK」の比較

CD版




ライブ版



いかがでしたか?同じ曲とは思えない程ライブ版の良いと思いませんか?

ファンの熱気も凄いですよね!また動画を観て分かったと思いますが男性のファンが多かったと思います。BOOWYの凄さはここだと思います。男性だけのバンドでヴォーカルがイケメンだと普通なら女性ばかりのファンになりがちなのに男性からも支持されています。男性目線でもカッコイイんです。

ここで多くの人が憧れて長期に渡るバンドブームを引き起こしました。私もその中の1人ですが(^_^;おそらくバンドのコピーはBOOWYがもっともされていると思います。また上に挙げた「NO NEW YORK」はBOOWYコピーの基本でこの曲が1番コピーされていると思います。

そして人気絶頂時に解散という訳です。今となってはYou Tubeで「BOOWY」で検索すればいくらでも観る事が出来ますが当時はとにかくベールに包まれていました。特に解散後に知った立場だとわずか数本のライブビデオでしかBOOWYを観る事はできませんでした。代わりに未公開のライブのテープが出回っていてそれを聞いて想像する事しかできませんでした。解散後も根強い人気があったのは露出が少なくベールに包まれていたからかもしれませんね。

実際に解散ライブの「LAST GIGS」や武道館ライブの「GIGS」もCDはあっても映像化されたのはそのずっと先でした。やっぱりライブの音だけを聞いているとどうしても映像を観たくなるものです。想像だけのモヤモヤ感があったからこそ長く聴いていたかもしれませんね。



BOOWYが何故伝説化されたのかまとめると


・活動期間が短めで人気絶頂時に解散した

・男女共に支持されていた

・バンドコピーで長く演奏され続けていた

・露出が少なくベールに包まれていた


だいたいこんな感じだと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

1990年代の曲は古く感じないんだけど・・・古くても色あせない曲と言えばあの曲!

古さを感じさせない! 大学生が思う、時間が経っても色あせない名ヒットソング9選


とても引っかかる記事を見つけました!

上の記事は大学生が思う色あせない名ヒットソング9選です。
引用すると

KinKi Kidsの「硝子の少年」

SMAPの「世界に一つだけの花」

ZARDの「負けないで」

サザンオールスターズの「真夏の果実」

スピッツの「チェリー」

ドリカムの「未来予想図II」

太田裕美の「木綿のハンカチーフ」

イルカの「なごり雪」

ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」


こういう結果でした。

これに関しては年代によって様々な感じ方があると思いますが個人的な感覚で言うと下の3つは古いイメージはありますがその他は割と最近なイメージがあります。もちろん新しくはない曲ですがハッキリ言って音楽そのものが90年代を最後に止まっている感じがしませんか?

私の感覚で言うと70年代は確か古いと思います。80年代から新しくなり90年代を最後に音楽そのものがほとんど終わった様な感じがします。なので90年代の曲は古い感じがしませんね。また若い世代も下手に新しい曲よりも80~90年代の音楽の方が親などの影響で結構知っている様です。詳しくはこちらの記事「音楽はもう使い回しの時代?いまの新曲は数年後に残っているの?」を参照して下さい。

本当に独断と偏見で申し訳ないのですが「古さを感じさせない! 時間が経っても色あせない曲」と言って真っ先に思いついたのは「ゴダイゴ(GODIEGO)」の曲全般ですね。活躍してたのは70~80年代ですが音楽そのものは他のものと比べると一歩先にいってた様な気がします。ゴダイゴでメジャーな曲と言えば「モンキーマジック」や「ガンダーラ」や「ビューティフルネーム」や「銀河鉄道999」ですがこの中で若い世代でも聞いた事があるのは「銀河鉄道999」だと思います。EXILEがカバーしてましたね。

やっぱりオリジナルの方がいいと思うので動画のリンクを貼ります。
※都合によりリンクになります
※アップテンポ気味です

「銀河鉄道999」


ゴダイゴの曲はメジャーな曲よりもマイナーな曲の方が好きなものが多かったです。最も衝撃を受けた曲を紹介します。

「平和組曲」という曲です。おそらく出だしのメロディーは聞いた事があると思いますがエドワード・エルガーの威風堂々を一部カバーしています。

この曲は長くて起承転結みたいなものがあります、なんというかメドレーの様に途中で曲の雰囲気がガラッと変わるところが好きです。あと演奏がカッコよすぎます!




この曲が私の中で「古くても色あせない曲」でした!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

ブログって「シミュレーションゲーム」みたいな感覚ですよね?

最初に言っておきます。本当にどうでもいいユルユルな記事です!

最近ブログをやっていて思う事があります。ブログって「シミュレーションゲーム」に似てませんか?


シミュレーションゲームとは

現実の事象・体験を仮想的に行うコンピュータゲームのジャンル


例えば

シムシティ   :自分が市長になる。街に施設や住宅、インフラを整備して人口を増やしていく。収入は住民の税収等。

ウイニングポスト:自分が競馬の馬主になる。馬を買ったり牧場などの施設を充実させて強い馬を育てレースに買って名声を上げる。収入はレースの賞金等。

学校を作ろう  :自分が校長になる。校舎を増設したり施設を整えたり、部活強くしたり学力を上げたりして名声を上げて学校を大きくしていく。収入は授業料等。



シミュレーションゲームはいろいろありますが私は上に挙げた様な「作る・育てる系」が大好きでした。なぜ好きだったかと言うと自分の考えでアクションを起こし結果が反映されるから。また成長していく過程も好きでした。社会に出ればオーナーにでもならない限り自分の考えであれこれ出来る事ってそれ程ないですからね。

ただブログって割とそれに近い事が出来ると思いませんか?記事を書いて面白ければ人が寄ってくる。またそれで収益を得る事も可能。どの広告を貼るか自分で決めれて何を書くかも自由。ある意味経営者の様なものですよね?しかもお金もそれ程かからない。もちろんアクセスを集める、収益を上げる事は簡単な事ではないですけどもの凄くポテンシャル(可能性)を秘めていると思います。

またゲームとは違って読む人はリアルの人で稼げるのもリアルマネー。ただやっている内容はゲームとそれ程変わらない様な感覚。仕事の様に使命感がなく気軽に行える。このユルユル感が好きです。やっぱり楽しいと思う事でなければモチベは湧いてきません。

今ではゲームに夢中になっていた以上にブログ夢中です!

本当にどうでもいい記事でした(^_^;


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

痛みの中でもこの痛みは「イヤだ」ってのない?例えば足の小指をぶつけるやつとか・・・

日常生活を送る中で体の一部がどこかにぶつかった、どこかにはさんだ等で痛い経験をする事はありますよね?
その痛みの中でも独特でイヤな痛みがあると思いませんか?




私が今まで味わった痛みの中でこの痛みは「イヤだ」というものを挙げます。
振り返ると小学生の頃はそういう痛みが多かった気がします。


・寒い日に鉄棒にぶら下がり手を離して降りるとき足の甲の部分にジーンとくるやつ

割と高い鉄棒から降りるときによくこれがありましたね。足の甲にある血管が破裂するのではないか?という感覚に襲われました。


・体育館ですべり込んだときに地肌が床に触れキューッと音がなり「アチーッ」ってなるやつ

下手すると服(主にズボン)に穴が空きそこから火傷の様になりますね。特に気に入ってた服に穴が空いたときにはダブルショックでした。


・他人の頭と自分の歯がぶつかるとき

これはもちろん逆のパターンも経験した事ありますがどちらもメチャクチャ痛いです。この事故が起こったときは2人とも倒れ込み何とも言えない空気になりますね。


・机と机の間にふとももを挟まれたとき

よく掃除のときにこの事故は起こりました。机は「引きずるな」と言われながらも誰も守りません。勢いよくほんの少しだけ挟まれるパターンが1番痛かったです。


・雪合戦で至近距離から雪が耳に直撃したとき

これもかなり独特な痛みです。しばらく耳の感覚がおかしくなりまた熱くなります。


まだまだあると思いますが思い出せる範囲だとこんな感じですね!
大人になるとこの辺の痛みはほとんど経験しなくなりますね。というか2度と経験したくない痛みでもあります(^_^;


日常生活では


・家などで裸足で歩いているときに小指がドアなどの角などにぶつかるやつ

この小指だけというのがポイントですね。思わず涙目になってしまいます。


・堅い物に肘の内側がぶつかりジーンとくるやつ

あの電気が走った様な痛みがイヤですね。



私の中で最も「許せない痛み」は足の小指をぶつけるやつですね。自分に対して腹が立ちます(^_^;

以上割とあるあるでイヤな痛みを挙げました(^^)


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR