スポンサーリンク


 

ブログに簡単な見出しと枠を初めて入れてみた!やり方も説明します!

前々からずっと気になっていた事なんですがいろいろなブロガーさんの記事を読んでいると改めて思う事があります。

「私のブログは地味だと(^_^;」


ブログを開設してから8ヶ月というところですが今さらながらそろそろ当ブログも少しずつ飾っていこうと思います。
練習がてらその表示の仕方も説明していきます。

まず基本となるのが見出しだと思います。
  ↓
これです


この見出しは結構使っている人が多いですね!

個人的には青系の色が好きなので変えてみます。
  ↓
今後はこの色でいきます




やり方を説明します。

<div style="border-left:10px solid #0000cd; border-bottom:2px solid #0000cd; padding-left:10px; font-weight:bold;"><font size="4">見出し</font></div>


枠の色がこの色でよければこれをコピペして見出しというところを消して文字を入力するだけです。色を変えたければ#0000cdの部分を「原色大辞典」から好きな色を探して#~という部分を変えるだけです。

例として「原色大辞典」からgreenを選びます。
(下画像参照)

20170521143213858.jpg

#008000となっているのでこれに変えます。「見出し」を「green」と書いてみます。


<div style="border-left:10px solid #008000; border-bottom:2px solid #008000; padding-left:10px; font-weight:bold;"><font size="4">green</font></div>


↑をコピペすると↓

green


こんな感じになりますので自分が好きな色を決めてそれをコピペしてあとは見出しの部分を変えていくだけです。


もう一つ簡単なのを紹介します!
  
見出し

↑の見出しは↓

<div style="margin:8px 0; padding: 3px 8px;background:#0000cd; color:#ffffff;">見出し</div>



これは2種類の色を使っていますが枠の色と中の文字の色も上で説明したやり方で色を変える事ができます。



それとこの記事で何度も登場してる↓の枠の入れ方も説明します!

これです


↑の色でよければ↓

<p style="background-color:#f5f5f5;border:1px dotted #808080;padding:5px;">ここに文章を入力</p>


↑をそのままコピペすると↓

ここに文章を入力



あとは「ここに文章を入力」という部分を消して書きたい事を書きます。また色を変える事も出来ます。



上手く伝わったかな?


最後に


今回の見出しはあくまでも「なんちゃって見出し」です。本来の見出しはh3などのタグを置いてSEO的にも有利にしたり、またCSS編集を行う方法もあるそうです。ただこれを行うのはそれなりの知識がいる様です。(そもそもFC2ブログでこれが出来るのかまだ不明です)

とりあえず記事内に見出しと枠を入れるだけでもパッと見だいぶ華やかになると思います。まずは形からという事で簡単に出来る事から始めてみました。今後は少しずついろいろな物を入れていこうと思っています。


見出しや枠をまだ使った事が無い方はデビューしてみてはいかがでしょうか?


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

「Google search console」のURLパラメータの使い方が分かった気がするので説明します!

「Google search console」をいろいろと調べていたらとても重要な事に気づきました。前から行っていた実験「URLパラメーターを使用して無駄なインデックスをどれだけ減らせるか実験します!」ではURLパラメータをクロールしないに設定すれば無駄なインデックスは減らせるのかと思っていましたが、この使い方が間違っているのでは?と思い始めました。

search consoleヘルプの「メタタグを使用して検索インデックス登録をブロックする」の部分を一部引用します。


メタタグを認識するにはページをクロールする必要があるため、わずかな確率ですが Googlebot が noindex メタタグを見落とす可能性もあります。検索結果にページが引き続き表示される場合は、タグを追加した後でサイトがクロールされていない可能性があります。Fetch as Google ツールを使用すれば、Google にページの再クロールをリクエストすることができます。また、robots.txt ファイルがこの URL を Google ウェブクローラからブロックしているため、タグを認識できない、という理由も考えられます。Google からのページのブロックを解除するには、robots.txt ファイルを編集する必要があります。robots.txt の編集やテストは robots.txt テスターツールを使用して行うことができます。

と言っています。

私の場合すでにnoindexメタタグは使用しています。noindexはインデックスを消すためのクローラーに伝える手段です。noindexメタタグはそのページがクロールされてからインデックスを消す様です。なのでURLパラメータでクロールを止めてしまうと本来クロールさえされれば消える筈のページが残るという事になります。完全にURLパラメータの使い方が間違っていた様です。

これに関係しているのか分かりませんがもう1つ気になる事があります。私の場合は独自ドメインを取得したのでURLは変更しています。「Google search console」でURLの変更を行いました。詳しくはこちらの記事「ブログのURLを変更(独自ドメイン)した場合に「Google search console」で行うべき事!」を参照して下さい。

URLを変更してからかれこれ4ヶ月程経っていますが旧URLの何ページかがまだ検索エンジン上に残ってしまっています。
(下画像参照)

20170520193551808.jpg

一応補足するとインデックスに登録されたページの総数65となっていますが必ずしも検索エンジン上に残っている数とは一致しない様です。

なぜ消えないか考えたのですがもしかしたらURLパラメータが関係しているのでは?と思う様になりました。URLパラメータは何もいじらないと「Googlebotが決定」となっています。つまりクロールするもしないもGooglebot任せになっている訳です。

もしGooglebotがクロールしない様に決めていたらクロールされないので何もしなければずっと残ってしまう可能性も出てきます。旧URLは新URLにリダイレクトしているのすでに存在しないURLです。クロールさえしてくれれば消えるかもしれないと思ったので設定を変えました。
(下画像参照)

20170520193705950.jpg

ちなみに旧URLの場合は「Fetch as Google」で送信してもURLが存在しないため「リダイレクトされました!」とエラーの様になります。手動で出来ないのなら自然クロールに任せるしかありません。これで旧URLが検索エンジン上に消えればいいんですが。


つまりまとめるとページを検索エンジン上から消すためにはクロールをさせる事が必要の様です。


今後行って行きたい事

①無駄なインデックスを減らす

②無駄なクロールをさせない


これを同時に行っていきたいと思っています。普通に考えてれば①ではnoindexの指示さえしておけば無駄なインデックスは減っていくと思うのですが私の考えではURLパラメータを使用した方が②の無駄なクロールが減るので本来クロールして欲しいページに集中してクロールしてくれる様な気がします。あくまでも素人的な感覚ですが。

この様にしていきたいのですがまずは①の無駄なインデックスを消す事に集中していきます。

という訳なので実験で行っていたURLパラメータの設定で真逆の事をします。


実験内容の主旨は変わりません。

実験内容:「Google search console」のURLパラメータを使用して無駄なインデックスはどれだけ減らせるか?


URLパラメータ設定の変更

「クロールしない」→「すべてのURL」


まずはひたすらクロールさせてnoindexメタタグで無駄なインデックスを減らしていきます。


動きがありましたら報告します!



アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

にほんブログ村のアンケートを利用して要望を送る?送らない?

にほんブログ村の村長さんからメールがきたので少しドキッとしました。

またカテゴリーを強制移動されたのかと思ったらアンケートの案内でした。
(下画像参照)

20170519194205984.jpg

下の方ではメールで直接意見や要望を送れるそうです。ただ送ったところでどこまで要望が反映されるか少し疑問です。


私は過去に2度要望掲示板に

・カテゴリーを減らして欲しい

・参加カテゴリーの自由度を上げてもらいたい

と書き込みました。

詳しくはこちらの記事「にほんブログ村からまた強制移動させられたから「要望掲示板」で悪あがきをしてみた!」を参照して下さい。

この後村長さんから回答をもらいました。
(下画像参照)

20170519195519658.jpg

簡単にまとめると

・カテゴリーは検討する

・強制移動はする


結局のところ「何も変えませんよ」と言っている様にしか思えませんでした。まあたった1人の意見なんてこんなもんだとは思いますが。

ただ1つ面白いというか興味深い点があります。この要望を送ってからカテゴリーの強制移動移動は何回もされていますが出禁にならず何度も戻っています。


ここで考えられる事は

・運営が出禁にするカテゴリーは1人当たり2つまでと決めている

すでに「その他生活」と「ライフスタイル」には出禁にされています。もしかしたら運営が1人当たりに出禁にするカテゴリーは2カ所までと決めている可能性があります。現実的に何カ所も出禁をくらったら行くところが無くなってしまいます。


・また出禁にすると面倒くさい奴だと思われている

3度目の強制移動のとき私はさすがにブチ切れモードで要望掲示板に書き込みました(^-^;現に村長さんからの回答は1週間程かかりました。私の思い込みかもしれませんが熱が冷めるのを待っていた様な気がします。ただ2度に渡って要望掲示板に書き込んだのでこれで更にもう1カ所出禁にするとまたブチ切れるから面倒と判断してとどめているかもしれません。


おそらくこのどちらかと思います。


なんだかんだ言ってもにほんブログ村はブログランキングサイトの中では1番読まれるサイトだと思います。ただ過去に何度も話していますがにほんブログは所属カテゴリーによってOUTポイントの格差が激しすぎるのと所属カテゴリーに対して書く記事の自由度がなさ過ぎるのが問題だと思います。

早い話カテゴリーを今の半分以下まで減らしても全く問題が無いと思います。例えば「はてなサイト」の様に、世の中、政治と経済、暮らし、学び、テクノロジー、おもしろ、エンタメ、アニメとゲーム、他にもありますが省略します。ぶっちゃけこのくらいで十分な気がします。しかもサブカテゴリーもいらない気がします。

私はこの様に思っています。ただ要望を送っても過去の回答から結局何もしてくれない、と諦めている部分もあります。

ただ今回のアンケートを利用してもし読者さんの中で「にほんブログ村はもっと減らすべきだ」と思っている方がいるのであれば一緒に要望を送りませんか?

私の場合は賛同者がいなければ送りませんがもし1人でも賛同者がいましたら要望として「カテゴリーを減らして下さい」と送ります。


送るか送らないかは読者さんからのコメント次第!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

実験結果の報告:検索流入の多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?

以前行っていた実験結果の報告を行います。

実験内容:検索流入が多い記事の中で内容が薄い物を修正して掲載順位は上がるのか?

詳しくはこちらの記事「実験します!検索流入が多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?」を参照して下さい。

最近になって興味深いデータがとれました。
(下画像参照)

20170518190154985.jpg

まず①を見てみるとアクセスがあった日には掲載順位がほぼ横ばいでその数日後にガクッと下がっています。この現象が気に入らなかったので過去記事を修正してみました。②は修正した記事がアクセスされていましたがその日に掲載順位が下がっています。過去記事の修正は意味が無いのかと思いきや、③で面白い結果が得られました。

②と③の周辺を拡大します。
(下画像参照)

20170518190221357.jpg

③のところでアクセスがあった日に掲載順位が伸びています。

ちなみに読まれた記事はこちらの記事「使ってはいないが高価な物だったからなかなか手放せない物・・・貸してみては?」です。

実を言うとこの記事は①でアクセスがあったときと同じ記事です。①ではアクセスがあったときに掲載順位が大して伸びていないのにも関わらず③では伸びています。たったこれだけのデータは何とも言えませんがやっぱり検索流入が多い記事で内容が薄いものであれば修正した方がSEO的に良い様な気がしてきました。



どの様に修正したのか簡単に言うと

修正前:使ってはいないけど高価な物だったから手放せない物があるのなら貸してみては?
  ↓
修正後:追記に仲介サイトを紹介


この記事の元は非常に内容が薄いものでした。ただ単に情報に対して感想を述べただけの記事でした。自分としては割とどうでもいい様な部類の記事ではありましたがなぜかゲリラ的に検索流入が多くなってしまいました。おそらく何かのテレビ番組の影響だと思われます。ちなみに①の時も②の時もわずか1~2時間程の間だけです。

②の時のデータです。
※①は省略します
(下画像参照)

20170518194347299.jpg

こんな感じでゲリラ的ではありますが検索流入が少ない当ブログにとっては貴重な記事でもあるので修正しました。
検索者の立場になった場合はおそらく「仲介サイトにはどんな種類のものがあるのか?」という事を求めていたと思ったので載せてみました。

結果として仲介サイトにはそれなりにクリックされていました。
(下画像参照)

20170518184105799.jpg

割と高確率でクリックされていたので検索者のニーズは修正前と比べると大分満たせたと思います。修正前よりも滞在時間は伸びた筈です。


この先掲載順位はいろいろと変動があるとは思いますが、今回のデータから検索流入の多い過去記事は修正しても損はないなと思いました。

引き続き過去記事の修正は時間があるときに修正していく様にします。特に②の様にアクセスがあってもすぐに下がる場合は記事を特定してすぐに修正をした方が良いと思いました。


時間があるときに検索流入が多い過去記事を修正してみてはいかがでしょうか?


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR