スポンサーリンク




  

 スマホ・タブレットの方へお勧めアプリを紹介!
 (全て無料!)
 ↓ランキング画面へ(iOS・Android対応)

 「非ゲームアプリ10選」

 「 ゲームアプリ10選」

 「女性向けアプリ10選」

※この画面のずっと下へスクロールすると新着アプリ等もアリ!

SEO対策の実験を行います!個別記事タイトルをh1タグに変更してみます!

SEO対策としてこれから実験を行います!

実験内容:記事タイトルをh1タグに変更したらアクセスが増えるのか?


いきなり訳が分からない事言ってすいません(^_^;これから簡単に説明します。
専門的な話をしても仕方がないので分かりやすく言うと

まずタグとは検索エンジンが注目する言葉(タイトルや文章など)のしるしだと思って下さい。

タグにはh1、h2、h3などと種類があり、検索エンジンが注目する優先順位も変わってきます。
優先順位は(h1>h2>h3・・・)となりh1を最も注目しh2とh3と数字が上がるに連れて注目度が下がってきます。

タグはブログのテンプレート内にあらかじめ組み込まれています。
私が使っているテンプレートでは以下の様に割り当てられています。

h1タグ:ブログタイトル

h2タグ:記事タイトル

h3以降は省略します。

ちなみに無料ブログのテンプレートはほとんどこの構造だそうです。ここで記事タイトルの検索について考えてみます。例えば昨日書いた記事「「FC2」を名乗ったところからSMS(ショートメール)が届いたら要注意!」があるとします。これはh2タグです。検索エンジン上に載る場合はもちろんこの記事タイトルで掲載されますが隠れた要素としてh1タグつまりブログタイトル「ここが知りたいブログアクセスの増やし方」があります。

この状態だと検索エンジン目線では記事タイトルよりブログタイトルを優先的に見てる事になります。このままでは検索順位が不利ではないか?という事です。この事が本当かどうかいろいろ調べましたが答えが見つかっていません。それなら実験をしてみて結果が答えだという事です。

とりあえずHTML編集で以下の様に変えました。

通常時:h1タグがブログタイトル

個別記事ページを開いたときのみ:h1が記事タイトル


検索エンジンからは個別記事タイトルから検索される方が圧倒的に多いので個別記事ページをこの様にしました。
(下画像参照)

変更前



クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可


変更後



補足すると変更後はh1タグもh2タグも記事タイトルという事です。

これで今後検索エンジンからアクセスが増えるかどうかを見てみます。変更後のサイトマップを今日送信しましたが時間に余裕があるときは「Fetch as Google」でも個別記事を送信していきます。

結果報告はおそらく1ヵ月程かかると思いますのでよろしくお願いします!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中7日目

※当サイトはリンクフリーです!

読者さんからの意見や行動によってブログ(サイト)の弱点が分かる!改良した事をまとめてみた!

最近つくづくと感じた事があります。私のブログはまだまだ改良中ですが改良するにあたって読者さんからの反応は凄く大事だと思いました。

読者さんの反応とは


①直接的な意見

過去に「字が小さくて読みづらい」 「広告が載ってない」 「スマホで読みやすい様にして欲しい」等と指摘された事があります。サイト作りの難しさはあらゆる端末から読まれている事だと思います。自分の端末(10インチタブレット)では表示等に問題がなくても端末が変われば読みづらかったりする事は少なくありません。

この様な指摘は自分では分からない事が多い為直接言ってもらうととても助かります。また言ってくれるのはしっかり読んでくれているからであってサイト改良のモチベ維持にもなります。


②サイト内の動き

いわゆる直帰率の事です。これはサイトの質が問われているのがよく分かります。良いサイトとは新規で入った人をいかに回遊させるか?いかにリピーターにさせるか?だと思います。リピーターさんは直帰しても問題無いと思いますが新規で訪れる読者さんが直帰するという事は「それまでのサイト」だったという事です。私のブログ(サイト)はここが非常に弱かったのです。


これらの意見や行動を重く受けとめて最近サイトを改良しました。

改良内容

①テンプレートをレスポンシブ対応(PCとスマホ兼用)の物にした
字の大きさ等も改良

②新しい目次ページ「ブログアクセスの増やし方やブログ豆知識の目次」を作った

③カテゴリーページを改良:上部にページ内の記事一覧の目次とページ送りボタンを加えた
下画像参照


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可


実物はこちら参照「気になった記事

④記事のページ内に「関連記事」欄を追加(ページ内の記事の下参照)


こんな感じで手を加えました。
正直言ってまだまだ気に入らないところがたくさんありますが若干は効果がありました。

下画像参照

変更前



変更後




ページ/セッション
1.59→1.95

平均セッション時間
2:23→3:46

直帰率
81.51%→74.21%

これらのデータは根本的にアクセス数が違う(変更前は「はてブ」アクセスが多い)のであてにならない部分はあるかもしれないですが実際に過去記事へのアクセスが増えた事は間違いありません。なので出来る限り読者さんが快適に読める様にしたり、他の記事へ誘導する事はSEO対策として重要だと思います。もし直帰率が高い様であればサイト内に何かしらの手を加えた方がいいと思いますので参考にして下さい。


ちなみに上で挙げた様なカスタマイズは似た様な事はほとんどのブログで出来ると思います。カスタマイズに関してもし質問があればコメントを下さい!(FC2ブログでなければおそらく答えられないと思いますが)


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中7日目

※当サイトはリンクフリーです!

「Google AdSense」が気になる方へ!無料ブログを利用してる方に伝えたい事!

今回はブログでアフィリエイトで少しでも稼ぎたいと思っている方に対しての記事です!
無料ブログを利用していて「Google AdSense」が少し気になっている方に伝えたい事があります。




「Google AdSense」を数日間利用してみて率直な感想を述べます!

一言で言うと・・・「めっちゃ楽(^^)」

何が楽かと言うと他のアフィリエイトと比較してみます。



一般的なアフィリエイトの面倒な事のあるある


①個々の提携先への申請→待たされる、落とされる

②広告の大きさを考えるのが面倒(PCとスマホの見え方のバランス等)

③貼っている広告がサービス終了となった場合や成果が得られない広告の貼り替え作業

④HTML編集で広告を埋め込んだ場合同じ広告が表示される


まだまだあると思いますがこんな感じだと思います。


上の内容をAdSenseと比較すると


①個々の提携先への申請はなし(AdSenseの審査のみ)

②レスポンシブという大きさが最適化される便利な広告がある(多少のカスタマイズも可能)

③広告は自動更新してくれる

④HTML編集で広告を埋め込んでもランダムでいろいろな広告が掲載される(※被ることもある)


つまり貼る位置を決めるだけであとは勝手にGoogleが上手くやってくれる訳です。もちろん上に挙げた事はアフィリエイトを極めるなら絶対に避けて通れない道だと思いますがその前に第一に優先しなければいけない事はサイトを育てる事だと思います。つまりAdSenseを利用すればそこそこ報酬を得ながらサイトの育成に専念出来るという事です。

また他のアフィリエイトのクリック課金型広告と比較した場合でもAdSense広告の方が間違いなくクリックされやすいと思います。何故ならばAdSenseをやってる人が見たくなるから。これはAdSenseをやってみて初めて気づいた事です。どういう事かと言うと自分のブログ(サイト)にAdSense広告で面白そうな物があった場合、開くとどの様な内容が書かれているのか見たくなるものです。

ただペナルティを恐れて見たくても見れないんです。そうなるとその見たいと思った広告を他のサイトで見かけた場合ついつい見てしまうんです。これはおそらく私だけでないと思います。

気になるのは報酬ですよね?AdSenseを始めて報酬は5日で約500円、1日当たりのユニークアクセスは120件程度です。何が言いたいかと言うと無料ブログでアフィリエイトをやっていてなかなか稼げない、なかなかアクセスが伸びなくて悩んでいるのなら有料プランで「独自ドメイン」を取得してもおそらく元はとれるという事です。ちなみに今はAdSenseの審査で「独自ドメイン」が必須です。またAdSenseの審査に通ったサイトは少なくとも品質が悪いサイトではないのでその後のモチベ維持にもつながると思います。

これらは私が有料プランから「独自ドメイン」を取得して「Google AdSense」を利用してみて率直に思った事です。
参考にしてみて下さい!

決めるのはあなた次第!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中7日目

※当サイトはリンクフリーです!

「はてブ」が付いた記事がエントリーもされず検索にもかからなくなったら運営に問い合わせて損は無し!

3月5日に「はてな」の運営に「はてブ」が付いた記事が「はてなサイト」から消される事について問い合わせを行い本日3月6日に回答をもらいました。
「はてなサイト」から記事が消される事に関して以下の記事を参照して下さい。

「はてブ」の謎に迫る!どういう行為が不正とされて記事が消されるのか?

私が問い合わせた内容と運営からの回答を簡単に整理します。


問い合わせ内容

・最近ブクマを付けてもらってもエントリーされない検索もかからなくなる

・消された5記事のURLを添付

・また消されると思ったから今は「はてブアイコン」を設置してない

・今後も「はてブ」を利用したいから何とかしてもらいたい


運営からの回答

・以前はブクマされると必ず新着エントリー(条件を満たしたとき)や検索結果に掲載されていたが今は独自のアルゴリズムに基づき掲載するかどうかを決めている

・添付されたURLに付いては調査はするけど回答はしない

・回答しない理由は掲載制御のロジックを推測し逆用される可能性があるから


とこんな感じです。



やっぱり掲載条件を厳しくしている事は認めていますね。私がなぜ問い合わせたかというとあるブロガーさんが私と同じ様に記事を消されて問い合わせたらまた掲載される様になったと聞いたからです。私のブログに関しては今後どうなるのかは分かりませんがもしよく消される様になったのなら問い合わせを行って損はないと思います。

掲載制御のロジックが「相互ポチ」対策という事は間違いないなさそうですね。


運営がチェックしそうな事として

・エントリー常連者をマーク
  
・同じ人が連日(短時間)に付けてないかチェック
  
・付ける人と付けられる人のつながりをチェック

大体この辺の事を掲載制御のロジックとして組み込んでいると思います。


という事なので以前書いた記事「「はてなサイト」から記事が連日で消されているのでしばらく「はてブ」を封印して試してみます!」では1週間程「はてブ」を封印すると言いましたが待っていても仕方ないので明日からまた「はてブアイコン」を設置します。

今後エントリーされるかどうかは割り切って運任せにします!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク



にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中7日目

※当サイトはリンクフリーです!

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

いい物あるかな?

FX初心者必見!

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR