スポンサーリンク




  

 スマホ・タブレットの方へお勧めアプリを紹介!
 (全て無料!)
 ↓ランキング画面へ(iOS・Android対応)

 「非ゲームアプリ10選」

 「 ゲームアプリ10選」

 「女性向けアプリ10選」

※この画面のずっと下へスクロールすると新着アプリ等もアリ!

目次

※このページは目次です!



1.ブログアクセスの増やし方やブログ豆知識

ブログアクセスアップに繋がる情報やブログの豆知識やアフィリエイト情報等を紹介しています。
現在進行形なので当サイトを初めての方は古い記事から読んで頂けるとより分かりやすくなります!
※一覧ページへ飛びます!

2.企業・ビジネス

個人的に気になった企業・ビジネスの情報などに対して思った事を述べています。



3.政治・経済

政治・経済が「もっとこう変わればよいのに」などと思った事を述べています。



4.IT・テクノロジー

個人的に興味深いと思ったIT(インターネット)をやテクノロジー(技術)の情報を挙げ感想などを述べています。



5.生活

生活という幅広いくくりですが個人的に気になった情報を挙げて感想などを述べています。



6.エンタメ

エンタメ系のユルめの内容です。



7.その他

カテゴリ分けに困った記事の一覧です。



8.営業のやり方

体験談から得た営業のノウハウを書いてます。



9.超古代文明関連

超古代文明に関する事を書いてます。


新着記事はこのページの下からになります!

 スポンサーリンク





にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中9日目

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

アフィリエイト初心者が求める最強の広告は自動更新でレスポンシブ!

アフィリエイト広告にはいろいろなタイプがありますよね?ただどの広告にも気に入らない部分があると思いませんか?今回はアフィリエイト初心者の目線で「こういう広告があればいいのに」というのを述べます。


まず私が思っている理想のアフィリエイトとは?
「愛読者が増えれば勝手に収益は上がる」

この理論は正直間違っているかもしれません。ただ私としては常にこの考えを基本にブログを続けていこうと思っています。

具体的に言うと

・主役はあくまでも記事

・読者さんに情報や笑いを与えたり共感してもらったりして毎日読みたくなるブログを目指す

・読んでもらったついでの中でたまたま見かけた広告に興味がある物があったら見てもらう(クリックしてもらう、アプリをインストールしてもらう、商品を買ってもらう等)


もちろん自分が良いと思った物は記事として紹介する事も今後あると思います。ただ基本は上に挙げた考えでブログを運営していこうと思っています。


その為に私が理想とする広告はどんな物かと言うと

1.自動更新される広告

まず記事を書く事に専念したいので固定広告でサービス期間が短い物は論外です。出来れば記事の内容に対してマッチングする物が良いと思っています。またリピーターが多いブログを目指しているので日替わりする様な物が良いと思っています。


2.レスポンシブ(画面サイズによって大きさが最適化されるもの)

あらゆる端末に対して見栄えを良くしたい。


3.記事の邪魔にならない広告

主役はあくまでも記事なので記事が読みづらくなる物は論外です。


またポリシーとして

・商品紹介以外の普通の記事では記事の途中に広告を貼らない

・誤クリック(タップ)を誘う様な広告の貼り方はしない


これらが理想ですが私がいま実際に使っている広告を独断と偏見で評価します。
(下画像参照)
※10インチタブレットでの画面です


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可



①:Google AdSenseのレスポンシブ

この広告を上部に1カ所だけ貼る分には1と2と3を全て満たしているので完璧です。画像を2つ挙げたのは横長と縦長に対応してるのを分かってもらう為です。


②:FC2アフィリエイトのランダム版

これは1と3は満たしているが2を満たしていないのが残念です。スマホだと画面からはみ出してしまいます。




③:Google AdSenseのレスポンシブ(長方形にカスタマイズ版)

これは記事下に置くのには良いと思っていますが欲を言うと縦の長さをもう少し小さくしたいと思っています。あとこれはAdSense広告全体に言える事ですが同画面にAdSenseの広告を複数貼っている場合は被らない様にしてもらいたいと思っています。ここさえ何とかなればAdSenseは最強の広告だと思います。


④:Amazonアソシエイト(あまなつ版)

この広告はこちらサイト「あまなつamazonツール&ショップ」で取得出来ます。アソシエイトIDを入力する事によって自分用に使う事が出来ます。

この広告の特徴は1と3は満たしているが残念ながら2は満たしていません。もう少し表示がキレイになってレスポンシブだったら最強でした。



⑤:GAMEFEET(ネットワーク型広告リスト)

この広告はPCからは表示されない仕様になっています。これは1と2は満たしているが3が満たしていません。この広告は縦に長すぎるんです。長すぎて画面の1番下にしか設置出来ません。特定の高さでスクロール式だったらもっと目立つ場所に設置したかったのに残念です。


私が思ったのはこんなところです。総合評価だとやっぱりGoogle AdSenseが個人的には最強だと思っています。被りだけは何とかしてもらいたいです。

どのアフィリエイトでも言える事ですがもう少し使い勝手をよくしてもらいたいと思っています。

また上に挙げた不満点の中でもしかしたらただ単に私が無知なだけで何とかなるケース、あるいは他のアフィリエイト会社の広告にはもっと良い物があるといった様な情報があればコメントしていただけると幸いです!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク





にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中9日目

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

「ブログランキングサイト」は全体的にカテゴリーを減らすべきだと思う!格差があり過ぎる!

「ブログランキングサイト」は全体的にもっとカテゴリーを減らすべきだと思います。以前書いた記事「にほんブログ村のカテゴリーを強制移動されてしまった(>_<)通報されたらアウト!」でも触れましたが選ぶカテゴリーによって差があり過ぎるのです。

特に「にほんブログ村」では私の場合は出禁まで食らっているカテゴリーまであるのでブログ村からのアクセスはほとんど諦めていましたが気分転換で3月20日に「小遣いブログ⊃懸賞・プレゼント」と「小遣いブログ⊃マイレージ」に移ったらすぐにアクセスが伸びました。

OUTポイントの伸びに注目して下さい!
(下画像参照)


クリック(タップ)で拡大可
PCの場合は画像画面で「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押すと更に拡大可


ここまで違うとかなりモチベーションに影響してくると思いませんか?

ちなみに変更前のカテゴリーは「哲学・思想ブログ⊃スピリチュアル・精神世界」と「主婦ブログ⊃40代主婦」にいました(^_^;
この2つのカテゴリーにいても1日当たり5件程しかアクセスがありませんでした。なぜこの様な場違いなところを選んだかと言うとアウトポイントが比較的伸びそうだと思ったからです。「にほんブログ村」の中でOUTポイントが伸びそうなカテゴリーはごく一部です。詳しくはこちらの記事「にほんブログ村(ランキングサイト)でカテゴリーを変えてからのアクセス(OUTポイント)の変化・・・」を参照して下さい。

ただ他の人がOUTポイントがあるからといって必ずしも自分のブログが読まれる訳ではありません。このカテゴリーにいて身をもって知りました。当然の事ながら自分が書く記事とカテゴリー内にいる人(読者)と相性はあります。ただ一つ言える事は自分のブログの内容と合致するカテゴリーにいてもそこが読者過疎地であればまず読まれません。ここが1番の問題だと思います。

つまり「読みグセのある人」が集まるカテゴリーはごく一部であって、その限られたカテゴリーの中で自分のブログと相性が良いところを探さないとまずOUTポイントは伸びないという事です。上でも言いましたが私の場合は1つのカテゴリーで出禁を食らっているので非常に苦しい思いをしてました。

普通に考えれば「OUTポイント>INポイント」にならなければ割に合いません。でも実際にはその逆が大半です。原因はカテゴリーを細かく分けすぎているからだと思います。ブログの全盛期はもう終わっていると思うのでこのカテゴリーの種類は多すぎると思います。結果的に読者過疎地のカテゴリーばかりになってしまっています。

私はまだブログを始めて半年程なのでよく分かる事なのですがアクセスが伸びない事ほどモチベーションが下がる事はありません。特に「ブログランキングサイト」は初心者の立場だとかなり期待するものです。検索エンジンからのアクセスが当然の少ないので依存度が高くなる筈です。

期待に胸を膨らませていろいろなブロガーと交流してINポイントを稼いでせっかく上位に入ってもOUTポイントが伸びないとなると割に合いません。ここで多くのブロガーはやめてしまっているのではないでしょうか?


ブロガーが減っている中で全体的に「ブログランキングサイト」のあり方を変えるべきだと思います!


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク





にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中9日目

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

ブラック企業とは何なのかをまとめてみた!行き着くところは・・・ここだと思う!

こちら参照:「ゲーム発売日なんで有休取ります」 モンスター新人、許せる?




ちょっと興味深い記事を見つけました!

上の記事ではモンスター新人について書かれた内容ですがその中で気になった部分を挙げます。

ブラック新人の例

・「ゲームの発売日だから」と新入社員が有給休暇を取得していた


これには当然の事ながら賛否両論があると思いますが私としての意見は「何がダメなの?」と言いたいです。
最初に言っておきますが私は有給休暇をバンバン消化してたタイプではありません。どちらかと言うと社畜タイプです。

そもそも有給休暇って労働者に与えられた権利ですよね?その権利を主張して何が悪いかと思います。それなら逆にどういう理由なら許されるのか聞きたいぐらいです。そもそも有給休暇を消化するにあたって理由を聞く必要はないと思います。

まず休みに対して考えると会社にとって1番迷惑がかかる休み方は当日になって突然休む事だと思います。これは休まないという前提でシフトなどが組まれているので当然だと思います。休む理由としては体調不良や家族関係など様々ですが「仕方がない」と許されるケースが割とある様に思えます。

では「ゲームの発売日だから有給休暇をとる」という行為に対してはどうでしょうか?事前に休む事を伝えていれば何も問題がないと思います。前者が許されて後者が許さないという理由が分かりません。むしろ前者の方が理由はどうであれ会社に迷惑をかけていると思います。

サービス業以外のほとんどの会社は定休日があってプライベートで行いたい事を定休日に合わせる事がほとんどだと思います。例えば買い物だとか旅行だとか。ただ自分が行いたい事が必ずしも定休日と重ならないケースもあります。そこに権利とされている有給休暇を充てて何が悪いのでしょうか?それなら最初から有給休暇という制度そのものを廃止してしまえばいいと思います。無いものには誰も求めませんし、休むにあたって「あーだ、こーだ」と言われたくありませんから。

話は変わりますが会社の定時に関してももの申したい部分があります。「遅刻にはうるさいけど定時後のサービス残業にはうるさくない、むしろ定時後に速攻で帰るとうるさい」これも筋が通ってないと思います。時間を守るという事を重視するなら両方とも厳しくするべきです。

こうやって見ると有給休暇にしろ定時にしろ「会社にとって都合が良い事ばかり」が善とされている風習が根強く残っている気がします。有給休暇を消化するにあたって善悪がある事がそもそもおかしいと思います。善悪を言うなら「その前に筋を通せ!」と言いたいところです。

企業と労働者が揉める原因は制度があるからだと思います。求人情報などでも有給休暇、昇給制度有り等と書かれているところはたくさんありますが実際にこれがしっかりと行われてれているところはあまりありません。これはある意味「釣り」だと思います。そろそろ「建前的な制度」を謳うのをヤメにしたらどうかと思います。トラブルの原因になってる様にしか思えません。また国もここには厳しくメスを入れるべきだと思います。この甘さがブラック企業を生み出している様に思います。


ブラック企業とは何なのかを簡単にまとめると


・会社にとって都合が良い事ばかりを押し付ける

・個人の主張を認めない

・筋を通さない


行く着くところはここだと思います!


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク





にほんブログ村 小遣いブログへ  

  

「はてブ」封印中9日目

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

いい物あるかな?

FX初心者必見!

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR