スポンサーリンク


 

実験結果の報告:検索流入の多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?

以前行っていた実験結果の報告を行います。

実験内容:検索流入が多い記事の中で内容が薄い物を修正して掲載順位は上がるのか?

詳しくはこちらの記事「実験します!検索流入が多い過去記事を修正して掲載順位は上がるのか?」を参照して下さい。

最近になって興味深いデータがとれました。
(下画像参照)

20170518190154985.jpg

まず①を見てみるとアクセスがあった日には掲載順位がほぼ横ばいでその数日後にガクッと下がっています。この現象が気に入らなかったので過去記事を修正してみました。②は修正した記事がアクセスされていましたがその日に掲載順位が下がっています。過去記事の修正は意味が無いのかと思いきや、③で面白い結果が得られました。

②と③の周辺を拡大します。
(下画像参照)

20170518190221357.jpg

③のところでアクセスがあった日に掲載順位が伸びています。

ちなみに読まれた記事はこちらの記事「使ってはいないが高価な物だったからなかなか手放せない物・・・貸してみては?」です。

実を言うとこの記事は①でアクセスがあったときと同じ記事です。①ではアクセスがあったときに掲載順位が大して伸びていないのにも関わらず③では伸びています。たったこれだけのデータは何とも言えませんがやっぱり検索流入が多い記事で内容が薄いものであれば修正した方がSEO的に良い様な気がしてきました。



どの様に修正したのか簡単に言うと

修正前:使ってはいないけど高価な物だったから手放せない物があるのなら貸してみては?
  ↓
修正後:追記に仲介サイトを紹介


この記事の元は非常に内容が薄いものでした。ただ単に情報に対して感想を述べただけの記事でした。自分としては割とどうでもいい様な部類の記事ではありましたがなぜかゲリラ的に検索流入が多くなってしまいました。おそらく何かのテレビ番組の影響だと思われます。ちなみに①の時も②の時もわずか1~2時間程の間だけです。

②の時のデータです。
※①は省略します
(下画像参照)

20170518194347299.jpg

こんな感じでゲリラ的ではありますが検索流入が少ない当ブログにとっては貴重な記事でもあるので修正しました。
検索者の立場になった場合はおそらく「仲介サイトにはどんな種類のものがあるのか?」という事を求めていたと思ったので載せてみました。

結果として仲介サイトにはそれなりにクリックされていました。
(下画像参照)

20170518184105799.jpg

割と高確率でクリックされていたので検索者のニーズは修正前と比べると大分満たせたと思います。修正前よりも滞在時間は伸びた筈です。


この先掲載順位はいろいろと変動があるとは思いますが、今回のデータから検索流入の多い過去記事は修正しても損はないなと思いました。

引き続き過去記事の修正は時間があるときに修正していく様にします。特に②の様にアクセスがあってもすぐに下がる場合は記事を特定してすぐに修正をした方が良いと思いました。


時間があるときに検索流入が多い過去記事を修正してみてはいかがでしょうか?


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

URLパラメータを使用して無駄なインデックスをどれだけ減らせるか実験します!

今回はかなり思い切った実験を行います。

実験内容:「Google search console」のURLパラメータを使用して無駄なインデックスはどれだけ減らせるか?


話はこちらの記事「SEOに強いブログはどれ?読者さんのデータを集めたい!」に遡りますがとにかくFC2ブログは類似ページが多く「Google search console」にも無駄なインデックスが多いんです。

私としてはとにかくこの無駄なインデックスを1日でも早く消したいと思っています。その対策法としてHTML編集で
<head>~</head>の間に以下の物を挿入しました。
(FC2ブログ用)



<!--not_index_area--><!--not_permanent_area--><!--not_category_area-->
<title><!--date_area--><%now_year>年<%now_month>月の記事 -
<!--/date_area--><!--search_area-->「<%sub_title>」を含む記事の検索結果 -
<!--/search_area--><!--tag_area-->「<%sub_title>」のタグを含む記事 -
<!--/tag_area--><!--titlelist_area-->全記事リスト -
<!--/titlelist_area--><!--edit_area-->コメントNo.<%eno>の編集ページ -
<!--/edit_area--><%blog_name><!--not_titlelist_area--><!--not_edit_area-->
<!--not_date_area--><!--not_search_area--><!--not_tag_area-->の投稿順リスト -
<%current_page_num>ページ目<!--/not_tag_area--><!--/not_search_area-->
<!--/not_date_area--><!--/not_edit_area--><!--/not_titlelist_area--></title>
<meta name=\"description\" content=\"<%introduction>\" />
<link rel=\"canonical\" href=\"<%url>\" />
<meta name=\"robots\" content=\"noindex, follow\" />
<!--/not_category_area--><!--/not_permanent_area--><!--/not_index_area-->



下画像参照

20170517181116966.jpg


これはどういう事かと言うとトップページ、個別ページ、カテゴリページ以外はインデックスしない様にとGoogleクローラーに伝える手段です。こちらの記事「メタデータ(descriptions)・タイトルタグの重複対策」を参考にさせてもらいました。

ただこれを行ったからといってインデックス数はまだ減っていません。ここで目に付いたのが「Google search console」のURLパラメータという部分です。いろいろと調べたのですがこれを設定する事によって指定した物をクロールしない様に出来るみたいです。

(下画像参照)

20170517185927816.jpg

※設定の仕方についてはリスクがある事なのでこの場では説明しません。

赤い四角い枠で囲んだ部分は全部無駄なページ(類似ページ)のURLに付くアルファベットです。1つ例を挙げると1番上のアルファベットは画像が汚くて分かりづらいのですが「rno」と書いてあります。正規のURLが「http://blog-kuroneko.com/blog-entry-○○.html」に対して類似ページ「http://blog-kuroneko.com/?rno=○○」の様なページが存在するという事です。この様な類似ページがクロールされインデックスされる場合がかなりあります。

これをクロールしないに設定する事によって今後インデックスが減るのか見ていきたいと思っています。情報があまり無い為この設定を行う事によってインデックスが減るかどうかも正直分かっていません。

上のHTML編集で行った事と意味合いが同じ様な気もしますがどれだけ効果があるのか調べても分かりませんでした。またこの様に設定する事がSEO的に良い事なのか悪い事なのかも分かりません。ただ1つ言える事は画像載っているアルファベットが付いたURLは全てクロールもインデックスもしてもらいたくない(正規URLと類似ページなので)ページです。

今回の実験に関してはあまりにも情報が少ない為結果がどうなるのかさっぱり想像がつきません。予定通りにインデックスが減ってくれるのか?時間がかかるのか?もしかしたらURLパラメータの使い方が間違っていないか?等と実験としてはとてもリスクがある試みだと思っています。

ただどうせ元々検索流入が少ない(この原因を究明中)のであたって砕けろみたいな感覚でもあります。最悪の場合は設定を戻す事も出来ますしとりあえず様子を見てみます。


実験内容:「Google search console」のURLパラメータを使用して無駄なインデックスはどれだけ減らせるか?


動きがありましたら記事にしますのでよろしくお願いします!


追記


この後いろいろと調べたらURLパラメータの使い方が間違っていたみたいです。詳しくはこちらの記事「「Google search console」のURLパラメータの使い方が分かった気がするので説明します!」を参照して下さい!



アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

実験結果の報告:パンくずリストとフィードの送信でクローラーの巡回頻度上がるのか?

以前行っていた実験結果の報告をします。

実験内容:「パンくずリスト」の設置と「フィード」の送信で「Googleクローラー」の巡回頻度は上がるのか?

詳しくは以下の記事を参照して下さい。

「パンくずリスト」をブログに設置したら「Googleクローラー」の巡回頻度が上がるか実験します!

「Google search console」でフィード(RSS/Atom)は送信してますか?重要みたい!


では結果報告をします。

実験前のデータ
(下画像参照)

20170516182001519.jpg

内容を補足すると、画像には高い山がありますがこれは過去記事を「Fetch as Google」でまとめて送信したからです。この高い山は意図的にクロールを促した物なので実験の比較対象にはしません。赤い四角い枠で囲んだ部分はクロールが安定したのでこの部分を比較対象とします。

実験後のデータ
(下画像参照)

20170516182044334.jpg

1番上の画像の赤い四角い枠の部分を実験前とし右にいったところにまた山があります。それまでの間はパンくずリストは設置していましたがMicrodata形式のパンくずリストではなかったので比較対象外とします。吹き出しで指している山の部分はようやくMicrodata形式のパンくずリストを設置出来たので過去記事を「Fetch as Google」でまとめて送信しました。この山より右側の赤い四角い枠の部分を比較対象とします。

2つの枠を比べてみるとパッと見変化がありません。


実験結果:グラフの見た目で分かる程クロールは増えない


この様に結論付けさせて頂きましたがあくまでも当ブログ(FC2ブログ)に限った結果だと思って下さい。実を言うとこの実験は個人的には失敗したな、と思っています。何故かと言うとFC2ブログは他のブログと比べると圧倒的に無駄なインデックス数が多いからです。詳しくはこちらの記事「SEOに強いブログはどれ?読者さんのデータを集めたい!」を参照して下さい。

無駄なインデックスが多いという事は他のブログよりも無駄なクロールも多いと思われます。その状態で少しばかりクロール頻度が増えようがおそらく気付かないと思います。なのでこの実験結果はあまり気にしないで下さい。

それよりももっと重要な事があります。特にフィードの送信はやっておいて損は無いです。何故かと言うと、記事を更新すれば割と早く検索エンジンに反映される様になります。というのも今までは記事を更新した場合は必ず「Fetch as Google」を使用していましたが、ある日送信するのを忘れていて物は試しで検索エンジンで確認してみたら見事に反映されていました。

体感では毎回確認している訳ではありませんが記事を更新してから大体1時間位の間にはインデックスされています。
この事からフィードを送信する事によって新しめの記事に関してはクローラーの巡回頻度が上がっているのは間違いなさそうです。

なので「Google search console」にフィード送信をまだされていない方はやっておいた方がいいと思います。詳しくはこちらの記事「「Google search console」でフィード(RSS/Atom)の送信の仕方を詳しく説明します!」を参照して下さい。
※WordPressも対応


また話はガラッと変わりますが読者さんが新たにブログのデータを送って下さったので公開します。
ご協力ありがとうございます。

ブログのデータに関しては以下の記事を参照して下さい

WordPressはSEOに強い?無駄なインデックス、HTMLの改善が少ない!

livedoorブログはブログサービスの中ではSEOに強いほう?


ブログデータ
(下画像参照)

20170516200708469.jpg

下の2行が新しいデータです。bloggerとFC2ブログが加わりました。


グラフ化すると
(下画像参照)

20170516200743779.jpg

こうして見るとbloggerはWordPress並みに良いptですね。これだけのデータでは何とも言えませんがライブドアブログより上になりました。bloggerと言えばGoogleが提供しているブログサービスです。なのでSEOに弱くなる様な構造でブログを作る筈がありません。このbloggerのデータを見てやっぱりこのptが高い方がSEOの強いのではないか?とより思う様になりました。


無駄なインデックスを減らす事がSEO対策?


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

「はてブ」の掲載制御ロジックがユルくなっていませんか?「はてブ」が復活?

最近はてなサイトから記事が消されなくなっていませんか?

実を言うとここ最近アクセス解析を見るとはてなサイト系からアクセスがまた増えてきたので気になって過去記事のタイトルをはてなサイト内で検索をかけて確認してみました。そしたらなんと4月29日以降は1度も記事が消されていませんでした。

おそらくゴールデンウィークもしくは5月以降にはてな運営はアルゴリズムを変更したと思われます。以前はかなりの高確率で記事が消されていたのでどう考えてもアルゴリズムを変更した様な気がします。


ただし以下の特徴があります。

・新着エントリーされるまでかなり時間がかかる

・人気エントリーされない

この事は今に始まった事ではありません。はてな運営が言う「掲載制御ロジック」という物があるからです。詳しくはこちらの記事「「はてブ」が付いた記事がエントリーもされず検索にもかからなくなったら運営に問い合わせて損は無し!」を参照して下さい。

私が思うには掲載制御ロジックを少しユルくした様な気がします。どういう事かと言うと人気エントリーに関しては制御しているが記事を消す事に関してはユルくした様な気がします。記事が消されない為新着エントリーにも以前よりは掲載されやすくなった気がします。仮にエントリーされなかったとしても検索にかかる様になった事はかなり大きいと思います。また人気エントリーまでされなかったとしても新着エントリーでもそれなりにアクセスを得ることも可能という事が分かりました。

ここ最近はてブで新着エントリーされて当ブログで1日当たりユニークアクセスが初の600超えを達成する事が出来ました。
(下画像参照)

20170515180403512.jpg


リンク元の内訳を見ると
(下画像参照)

20170515180446729.jpg

赤いアンダーライン:Facebook 約250件

青いアンダーライン:Googleアプリ(おすすめ記事) 約60件


主に読まれたのはこちらの記事「WordPressはSEOに強い?無駄なインデックス、HTMLの改善が少ない!」です。


どういう流れでこの様なアクセスに至ったのかと言うと

はてブ新着エントリー→SEO関連の記事だった為どなたかがリンク→Facebook経由でアクセス

SEO関連の記事はリンクされやすい様です。詳しくはこちらの記事「SEO関連の記事を書くことがSEO対策かも?でもやっぱり起爆剤は「はてブ」!」を参照して下さい。


はてブ新着エントリー→それなりのアクセスの勢い→Googleアプリのおすすめ記事からアクセス

はてブエントリーでそれなりのアクセスの勢いがあるとGoogleアプリのおすすめ記事に掲載される場合があります。詳しくはこちらの記事「「Google系サイト」からの謎のアクセスが解明された?質問者がまとめてみた!」を参照して下さい。


この翌日にFC2ランキングの日記で28位になりました。過去最高記録です。
(下画像参照)

20170515180526921.jpg


何が言いたいのかと言うと、まず記事が消されなくなった時点でその後もずっとはてなサイト内の検索がかかる様になっているのでそこでもアクセスを拾える様になります。また掲載制御ロジックの為人気エントリーまでされなくて新着エントリー止まりだったとしても書く記事の内容によってはどなたかがリンクして他の外部サイトに繋がったりしてSNS経由等からそれなりにアクセスを得ることが可能という事です。そして更にGoogleアプリのおすすめ記事に掲載される可能性もあるという事です。

少し前まで(記事が消されまくってた頃)は「はてブ」にあまり期待はしていなかったですが今ぐらいに掲載制御ロジックがユルければ「はてブ」は結構使えるという事です。ただ「はてブ」でバズを起こした事がある方なら分かると思いますが翌日になればバタッとアクセスの勢いが無くなってしまいます。

ここで重要な事はこのバズでいかにリピーターさんを獲得出来るか?だと思います。その為にはなるべく同じジャンルに絞って定期的にバズを起こせば読者さんが「このブログ前も読んだな、面白いからまた読もう」となるかもしれません。今のところ「SEO関連」の記事はリンクされやすい事は分かっています。この他にもまだまだリンクされやすいジャンルはあると思います。


自分が得意とするジャンルとリンクされやすいジャンルが合致すれば「はてブ」を利用してリピーターさんを獲得出来るかも?


アクセスアップ・ブログ豆知識の目次はこちら


目次や最新記事はこちら(ホームへ)


 スポンサーリンク


 
にほんブログ村 小遣いブログへ  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加  

※当サイトはリンクフリーです!

関連記事

プロフィール

黒猫

Author:黒猫
調べ事が大好きです(^^)

こちらはホーム用の「はてブ」です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いしますm(_ _)m

人気アプリランキング


スマホ・タブレットの方へ!

お勧めアプリを紹介!
全て無料!

(iOS・Android対応)
↓ランキング画面へ

「非ゲームアプリ10選」


「 ゲームアプリ10選」


「女性向けアプリ10選」


広告1

広告2

いらっしゃいませ!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QR